2005年09月12日

【考】大きな選挙だったなぁ 1

とくに何主義とか何党支持ってこともない。
「正直者が馬鹿を見る」とかが嫌いだから頭の中は左だと思うけど
人間的な魅力は右の人の方が有るかなぁ、とか感じて生きてきた。

ただ常々、支持政党と投票行動は別であるべきだと思ってきた。
「頑張って欲しい」ということと「今、政治がどう動くか」は別だと思う。

たとえ少数派野党支持であっても
小選挙区制では「勝たせたくない」候補を利する行動は採るべきではない。
このマスコミの発達した時代、選挙区ごとの事情など説得力を持たない。

今回、少数派野党と大野党であるはずの民主党は違いが際だたなかった。
それでは単に従前の支持者を頼みにするばかりで
特定の支持候補を持たない大衆票にとって選択肢を絞れない。
のみならず二大政党制の一翼を担う政党と認識できない。
 今回の選挙戦を見てれば自民党が勝つのは当然だろう。

「政権交代のタイミングは今じゃないだろう」
「今政権交代したとして古い体質が変わるのだろうか。
 自民が負ければ古い体質はより結束して次の機会に蘇ろうとするだろう」
「それならいっそこの際古い体質の病根を絶った方が」

 そんなセンスで今回の自民党支持ってこともあるだろう。
 でも勝ち過ぎだよなぁ。3分の2もあればかなり何でもできる。

 そのクセ古い体質の代表みたいな候補が地方では相変わらず強くて
たぶん「古い体質の病根」を絶つまではいかないだろう。

 でもなぁ日本各地を旅行してて思うけど、
橋や道路が地元に欲しいと考えた人々が
「俺の税金はそのために使ってくれ」って訳にもいかず
国税で集めた金を地元に戻してくれるのが国会議員となれば
田舎じゃ「政策で投票行動を決める」って単純な図式も難しそうだ。

 ホリエモンには勝って欲しかったなぁ。
争点の「判りやすさ」がその壁を越えられるかどうかの試金石だったと思うから。


ruminn_master at 2005年09月12日 16:37 【考】大きな選挙だったなぁコメント(0)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加
思索・雑感・主張 

2005年09月10日

【食】絶品和牛ロースの焼肉屋さん 4

とあるグルメ本で旨そうな焼肉屋を見つけたので予約して行った。


からみ隊―噂の店は旨いか怖いか 辛口ミシュラン探検隊

 その中で取材拒否並みの頑固オヤジのやってそうな焼肉屋が有った。
「座布団」というレアな肉が気になった。
江戸川区篠崎の焼肉屋で「ジャンボ」という名前だ。

 店主の親父さんに「この本で見て」って見せたら
「また勝手に載せやがって!」みたいなノリで笑顔で怒ってた(笑)。

でもネットで検索すると結構アチコチで載ってる。
http://www.edogawaku-town.com/review/ed013524/post
http://www.asku.com/RV/010R/?_item_id=6044541&area_id=13
東京グルメにも有るのだから今さら嫌がっても無駄だね(笑)。

まぁあまり「これ以上有名になる」と困るのは当然だ。
マスコミに取り上げられたばかりに客が殺到してダメになる店はホントに多い。
マスコミは後追い取材も多いから多重的に告知され
一時的に無闇矢鱈に味のワカラン連中までイナゴの如く押し寄せる。
親父さんも
「一見さんばっかりで混雑したら・・」
「いつも来てくれる人を断らなきゃイケナイ」
「いい肉はそんなに量が有る訳じゃ無いから」
と言ってた。

「ザブトンが食いたい」で予約して、あとは「お任せ」。

1.黒タン(塩)
2-a.三角カルビ(以下タレ)
2-b.ウデの外側の・・・(名前忘れた)
2-c.イチボ
2-d.ミスジ
3.ザブトン
4-a.トモサンカク
4-b.シンシン


これに別にチシャとテグタン、生ビール10杯ぐらいか。
2人合わせて2万チョット。コストパフォーマンスは十分納得。
旨かった〜。

 僕も初めて聴く部位名の肉も多いので
何処の肉か判らない人向けのHPを探すと肉の通販ページなどに色々有るね。
牛肉の部位のお勉強
牛肉の部位説明

 頑固オヤジだから食べる分以上を鉄板に乗せたら怒られるだろうなぁ、
と思っていたら、気の短いウチの母親が余分に乗せた途端、
すかさず注意が入る(笑)。

 ロース・カルビの類は、しゃぶしゃぶ並の薄さで甘めのタレを纏って出てくる。
そして一言「3秒で食べて下さい」。

 3秒というと「焼く」というより「炙る」感じだ。
薄切り肉だから、たしかに焼きすぎては油が落ちてしまうし固くなる。
芯まで「暖まる」時間が3秒である。

 生でも食べられるレベルの肉だし、生肉も好きなので問題ないが
この日は全てがそのタイプだったのでよく焼いた肉も食べたくなったのはたしか。
でも旨かった。ロース肉を食べる店としては最高に思った。
 下手な店でこんなの食べたら1桁余分な勘定を取られる。

 タレが甘いのとレアで食べてて油が胃にもたれるので結構ヘビーだ。
次回は大根おろしとポン酢で食いたい。
 また行こっと。

【美】古代エジプト展 2

炎天下の土曜午後であったけど、上野の東京都美術館まで行ってきた。

NHKが主催に名を連ねる「ルーブル美術館所蔵、古代エジプト展」である。
(展覧会が終われば消えるのかな?過去の図録とかも売ってるけど。展覧会は10月2日まで)

 そういえば大昔、小学生の頃にNHKの番組「未来への遺産」というのを見て、古代遺跡関係の本を読んだり、展示会を見に行ったりが始まったように思う。



未来への遺産 1 失われた時への旅


未来への遺産 2 天は語らず大地をして語らしむ


未来への遺産 3 天は語らず廃墟をして語らしむ


未来への遺産 4 天は語らず人をして語らしむ


未来への遺産 5 誰がどんな情念で-巨石との関係


未来への遺産 6 誰がどんな情念で-密度を求めて


未来への遺産 7 誰がどんな情念で-この沈黙の遺跡


未来への遺産 8 はるかなる伝言-石の言葉・砂の物語


もっと出てるみたいだけど番組タイトルに記憶がないから見逃したのかも知れない。
たしか旅行記の本が3冊、写真集が5冊あってそれを親に買って貰った。

 細かいことはもっと専門的な人なり本なりHPに任せるとして
こういう歴史的展示物にしろ、美術品にしろ
ホンモノに接する
というのは凄く大事なことだと思う。

昔、僕の武術の先生が言ったこと。
「俺は音楽はワカラン。美術も知らん。けどホンモノかどうかは判る。魂で判る」

 そんな鋭いセンスは僕に未だ備わってないけれど、
できるだけホンモノに触れる機会を増やして生きていれば、
見る目が出来たり聴く耳が出来たりするように思う。

 そしてまた何かの本を読み、何か機会を得た折に
思索が深まったりセンスが磨かれたりするのではなかろうか。

 数年前この手のハナシで気に入ったテレビ番組があった。
元になっている本も読んだ。トンデモ科学本かもしれないけど面白かった。
蜃気楼文明―ピラミッド、ナスカ、ストーンヘンジの謎を解く


 古代エジプト人が何を感じ何を考えていたのか真実は判らないまでも
太陽暦の起源を考えれば、太陽と河川を畏れ敬いつつ生きていた人々に思い至るし、死を怖れる故のような死後の世界を飾り立てる文明は中国だってどこだって同じ。

 でも多少センスが違っても現代人からの目から見ても美しいものを作る人々が居たのだなぁ、と思う。

 いろんなことを考えるキッカケになるのでこういう展示会は好きだ。
混んで無いときに行くべきだけどね。本当は。

ruminn_master at 2005年09月10日 16:00 【美】古代エジプト展コメント(0)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加
知的好奇心 | 美術・芸術の鑑賞

【食】カレーフェスティバル(新宿タカシマヤ) 2

昼食に今評判のイベント、カレーフェスティバルに行ってきた。
新宿タカシマヤで9月12日までの一週間足らずのイベントだから再訪は無理である。

 盛り沢山の内容なので一回行っただけで説明しきれるものでもないし、もちろん全部食べれてない。

 ただイベントの善し悪しを抜きにして出店しているのが名店揃いとのことだったから少しは期待して行った。

 イートインスペースが3つ。つまり行列も3つ。
一つが札幌スープカレー「南家」(北海道札幌市豊平区)。
一つが元祖カレーラーメン「味の大王総本店」(北海道苫小牧市字植苗)。
もう一つが総合スペースで横濱カレーミュージアムからのと東京名店会の両方が注文できるところ。これにした。

 横濱のからは日替わりメニューで出てた「石鍋裕の欧風カレー」(1200円)。
東京の方は有名5店舗共同での「名店会カレーコンボ」(1500円)。
これはライスとチャパティと福神漬に小皿カレーが5皿。
1.チキンカレー:カリーライス専門店「エチオピア」(千代田区神田小川町)
2.ビーフカレー:欧風カレー「ガヴィアル」(千代田区内神田)
3.カシミールカレー:インド・パキスタン料理「デリー」(中央区銀座)
4.ポークカレー:欧風&印度カレー「トプカ」(千代田区神田須田町)
5.コーロカレー:欧風カレーの店「本郷プティフ」(文京区本郷)

2と4は甘くて嫌い。
5は美味しいスープだけど「カレーライス」向きじゃない感じ。
 でもここまではライスで食べた。
1はノーマル。3がスパイシー。これはチャパティで。

 でもって石鍋さんの欧風カレーも甘すぎた。
もともとクイーンアリスの石鍋シェフ、レシピが女性向けなのか?
でも女性の方が最近では辛いのを普通に食べてたりしてるし
カレーが甘くなくてもデザートが甘けりゃ文句は無かろうに、と思った。

 ともかく「美味しい」って感覚は持てなかったイベントだった。
(大食らいに珍しくライスを残してしまった)
考えてみれば4軒ぐらいは昔本店に行った記憶もある。
そこでそのときに何を食ったかは覚えてないけど
そんなに悪い印象はなかったけどなぁ。
 今回のはイベント故の悲しさなのかもしれないね。

 あわせて頼んだシークワッサー・ラッシーが一番の救いだった。
(これは爽やかで生クリームと砂糖で作られた妙な甘みを中和してくれた)

 でもね、石鍋さんのは名誉鉄人の有名料金だから置いとくとして、
5店舗を一気に「利き酒」ならぬ「利きカレー」できるのは良かったかも。
そんでもって1皿1500円だからひとつ300円。
 「試しに食ってみて」不味くても、好みに合わなくても、
腹の立たないのは300円が限度だと思う。
僕は少なくとも300円なら諦めがつく、許せる。
500円だと少し腹立たしい。750円だったら二度と行かない。
1000円だったら「行くな」って言いふらしてやる、ってな気分。

 もう少しタイプの違うお店も混ぜておいて欲しかったかな。




【美】京の伝統工芸品展

昼食前の時間潰しにちょっとした工芸品展を見る。

新宿にクラブツーリズム(近畿日本ツーリストから分離した旅行会社)の設けた
世界遺産ギャラリーがある。

要はツアーの宣伝ブースなのだけど、アレコレと展示会などもやる。

いつもバスツアーなど利用することもあって案内が来たので行った。
(バスツアーって旅行の下見には便利で安いのだ)

古いいいモノと現代の工芸作家の展示販売ってところで、
美術品レベルの素晴らしいのも有るし、
飾箪笥宝石函「京百景」
売ってるモノでも
ちょっと「いいな」と思うとやっぱり周囲と1桁違う価格が付いてる。

映画『二人日和』の宣伝も兼ねているようでその小道具や衣装も展示していた。

JR東海のキャンペーンCM「そうだ京都、行こう」は強く印象に残るCMだが
その本が出ていたのでそれだけ買って帰ってきた。
そうだ京都、行こう。


ruminn_master at 2005年09月10日 11:00 【美】京の伝統工芸品展コメント(0)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加
知的好奇心 | 美術・芸術の鑑賞
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile