2005年08月26日

【知】生き〆・野〆

自分で書いてて、ふと「生き〆(締め)」か「生け〆」か「活け〆」かとか悩んだのでネット検索した。

結論から言うと
「生き締め」と「生け締め」と「活け締め」は「どれも有る」。
「〆」は使わずに「締め」。
「活け」とは関西の流通で使われる区分であり、「締め」とは別の話。

 この話題、もともと知らないハナシでも無かったが話題としては
マンガ『美味しんぼ』40巻、第6話「野締めと活き締め」である。
(「夜刊ロロモ」より)
 ここでは「活き締め」と表記している。

漁業関係サイトが多いかと思ったら釣りサイトが多かった。

Fishing Paradise ONOMURA's HP より
 魚の締め方分類
 ここに結論的に整理されている。「活け締め」派。

「かど」の研究室/Kado's Lab より
 魚介類の鮮度維持についての研究
 ここは生物学の先生の研究発表の中で色々専門的に解説されてる。「生き締め」派。

もう少し読みやすいところでいうと

asahi.com
: マイタウン福岡・北九州[中山尭の「一筆啓上」]  より
 「夜釣り」
これは釣りマニア記者の感想文という感じだが、「生き締め」派。

魚釣り御殿より
 釣り豆知識ー鮮度の保ち方ー
 これは釣りマニアさんがテクニックを解説してる。「生き締め」派。

備後日記(趣味は生活) より
 「活け魚をいただこう!」
 これも釣りマニアさんの料理法も含めた解説付き。「活き締め」派。

神奈川県西湘地区行政センター農政部水産課
 小田原市漁業協同組合青年部活け締め研修
 活け締めマニュアル
 こっちは漁師さん組合の講習会の記録。「活け締め」派。

 テクニックは漠然としか知らなかったので面白い検索行でした。


2005年08月25日

【楽】生アヤパンinお台場映画王(冒険王2005) 5

534fd77a.JPGずいぶん前からフジッコである。
 女子アナはテレビ局によってタイプが露骨に異なるように思うが、何故か昔からフジテレビを選んで見ている。
 まぁ阪神ファンだから読売系(日テレ)見るのは利敵行為だし(笑)、「人」が好きなので人格の出るバラエティが好きだしね。

 他人様には「美人が好みじゃないんだね」と言われる(笑)。
(そんなことないよね。河野景子(貴乃花の嫁さん)なんて強烈な美形だ。)

 でもまぁクセの有る方が好きだね。クセがあって華があるようなの。
 今のフジは内田・高島・中野という強烈な3つの武器があると思う。
 人の日常に入り込む「テレビ」の役割として人を惹き付けるパワー。

 その中でも「めざましテレビ」の”オヤジ転がし”の妙技に惚れて(笑)アヤパンが最近気に入ってる。内田は謎に色っぽすぎる。中野は可愛すぎる。
 「すぎる」のは凄いことだけど、テレビの向こうに眺めてるだけなんだから我が身が悔し「すぎる」(笑)。
 あとね、中野みたいな美形が「マジメな顔」で深刻なニュースとか読まれると怖いんよ。怒ってるみたい。アヤパンだと深刻な顔すると哀しそうに見える。その方が救われる気がするんだよね。

 アヤパンはアイドル系のルックスで元不良(ゴメンネ。未成年から茶髪やピアスだと俺の年代はそう呼ぶのだ)なのに結構仕切りが上手くて「プロの司会」って感触もあり(まぁバラエティ中心のフジテレビならではでもあるけど)、それなりに安心して眺めていられる感じ。

 遅まきに気になってるモンだから↓こんなのも今頃になって買ったりした。



ラヴシーン 2002


 そんなのだから「お台場映画王」、
本当のところラブストーリーもん(苦手)以外は全部見たいところだったけど
(「ヤマト」や「ガンダム」もマニアックなのやってたしね。「妖星ゴラス」とかも興味あった)旅行中だったりして結局今日だけ。一本だけ。

〜アヤパンが選ぶこの一本「羊たちの沈黙」〜

 映画自体の評は実験的に作った別Blogに飛ばしてます。
今のところ、こっちのBlogの関心事は「人」とか「経験」とかリアルだと思っているから。

 生アヤパンに会いたいから映画を見た、
そういう元気(生産的とは言えないけど(笑))が楽しいんだから。

 世間は台風11号の接近で騒いでる今日、昼の2時からの上映でトーク合わせて5時まで。映画自体は2時間弱。最後に亀山千広Pと大多亮Pと高島彩のトークショー。
 テーマは「何で高島は『羊たちの沈黙』を選んだのか」かな?
もともと映画好きなのでその手のハナシも一杯出てきて楽しめたです。
 前から3列目だったから景色としてアヤパン眺めてるのもいいもんだった。
テレビで見るより細っそりとして華奢な感じだしオーラも出てる。
(喋ってることは結構やっぱりオヤジキャラなんだけど)
 まだまだ高島の天下だって気がするね、フジのエース。

 映画出てついでに「お台場冒険王」へ。

 お台場になってからフジテレビ来るの初めてだ。
新宿にあった頃には「とある専門分野」で出演したりしてたのだけど。
 デカイですねぇ。

 腹も減ったしってんで「めざましランド」の出店で「めざ旬レシピ」(木曜の「めざましテレビ」で5分ぐらいで作ってるフリして見せてる奴)を発見。
 雨降ってるし突風だしであんまり人は居ない。

ゴーヤのナシゴレン(7月21日放送)

「そんなん見たこと無いぞ」のシシカバブみたいなの。

 ナシゴレンはインドネシアのピリ辛甘口の炒飯だけど、目玉焼きが普通に乗った上に炒めたゴーヤスライスが数片。
 うーんバイトが作ってるんだろうから味に文句言っても空しいが、サンバル(唐辛子)と砂糖のバランスが甘いのは子供向けとしても、目玉焼きがカチカチなのはやる気がないんだな、きっと。

 シシカバブは固め方が雑なのか食べてる端から崩れて来て、台風の風に押されながら独りでビール片手に食うにはピッタリでした。。。
(アホだね(笑))

 そのあと球体展望室やら内部の公開フロアを見て帰宅。
無事嵐が激しくなる前に戻れました。


2005年08月24日

【雑感】 Blogなるもの 3

ずっと「Blogなんて」とか思ってた。

「戦士たる者、自分の日常を曝すことなど有るまじき」とか。
(一応「武術家」のつもりなので)

それに自分でタグを打ち込んだりCGIを組んだりして
独自の掲示板やHPを作ってきた身としては
「誰でも簡単に自分のHPが作れる」機能など無用と思っていた。

似たようなものはCGI掲示板の変形として作れるし。

 でもトラックバック、つまり積極的に半強制的にリンクを張る機能はどうにもならない。
 でもってネット上ではかなりこのトラックバックでの繋がりが強固に形成されつつあるし、自分のブログがないと何かと不便だと気づいた。

 後日書くけれど愛知万博の情報収集をしていて大半の情報がブログの形で提供されていた。自分勝手に考えれば御礼のコメントをそこに残せば済むだろう(もっと勝手ならROMで済ませてればいいし。ネットなんてそんなものだ)。

 でも「インターネットは無償の文化」(What you see is What you get)とのポリシーを素晴らしいと思う自分としては自分もそれなりに情報提供すべきだと気づく。

 日本のサイトのほとんどが宣伝広告か家族写真であった頃に比べればブログだらけで「単なる感想」まで検索に掛かってくる煩雑なネット状況とて「前進」だ。

 別に大した「情報」など持っていないが、ブログの山での情報とは客観より主観、個々人の感想の蓄積、比較対象が可能なリンク(トラックバック)なのだと思う。
正しい情報、客観的なデータで足りない部分を補う主観的に多用な形相。
 ならば料理や酒に関しては発言できる程度の経験は有るつもりだし、
それでも良かろうと思った次第。

 とにもかくにも作ってみないことにはよく判らない面もあるだろう。

---------------------------------------------

 そう思って作り出したら結構面倒だね。
思い通りの構成・デザインなんてことを考えるからだろうけど。
Livedoorって夜遅くなるとサーバーの反応ワルイし。

 ひとまずのページを作るのにかれこれ12時間ぐらい掛かりました。
 

ruminn_master at 2005年08月24日 03:56 【雑感】 Blogなるものコメント(0)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加
思索・雑感・主張 

2005年08月23日

【ごあいさつ】

トップに書いてたけど読みにくいので。。。

---------------------------------------------
内容らしきもののメインは、、、
旅先での美味い食いモンのこと、そして近場での食べ歩き、飲み歩き。
そうなると思います。
そして本や映画や音楽やらの雑感とか(もしかするとこっちが多いかも)。

 実は・・・
このタイトルは友人が主宰していた日本酒の会
『水鳥会』
(メルマガ『水鳥新聞』は一時、業界で圧倒的読者数を誇りました)
のHPコンテンツとして
コアなメンバーの一人であった僕が数年前に提供した原稿に付けたものでした。

 その後諸事情により未発表になっていたので
でもって思うところありブログを作ることにしました。
そこでこの際、手を拡げて「日本酒以外」も含めた「道中」記録とします。

 もし先々「水鳥会」のコンテンツとして立つことがありましたら
「日本酒関係の道中」はそちらにまとめて移行するかも知れません。

 長文駄文ですがお付き合い下さいませ。
よろしく。

ruminn_master at 2005年08月23日 00:00 【ごあいさつ】コメント(0)トラックバック(1)   このエントリーをはてなブックマークに追加
告知 

2005年08月22日

【旅】ちょっとだけ愛知万博 4

中部地方に行くとなって「せっかくだから」と愛知万博に行くことにした。
(もともと末広まきこ騒動でかなりイベントイメージが悪かったので考えていなかったのだ)

でも行く気になったのが1週間ほど前。あまりにも何も知らない。
しかも帰りの新幹線は決まってる。
会場に居れる時間は最大8時間。
前日の酒が残ってる可能性が高く、現実は多分6時間。

「出来るだけのこと」は何だろうと考える。

0.まずは
公式HPを探索。
「観覧予約システム」を確認。
人気パビリオンの事前予約は1ヶ月前の朝10時の勝負。
やはり数日前じゃ×ばかり。
何か無いか?
ヤフオク?予約付きチケットを売っているけれど受け渡ししている時間も無い。
さらにダイブ。
D.D.のたわごと:愛知万博・事前予約必勝法?!
ここでキャンセル拾いという方針を見つける。
D.D.のたわごと:愛知万博・事前予約必勝法!-3 重要事項おさらいとキャンセル拾い
かなり厳しいけど可能な選択。
情報収集に色んなHP、ブログのお世話になった。

結局、3日前の朝の11時20分に長久手愛知館の「地球タイヘン大講演会」午後イチが拾えた。
まぁテーマには合致してるし何もないよりマシかと。
2日前にグローバルハウスのブルーが出たが2時間ルールでダメだった。
前日は旅先なのでそれで予約は全部となった
(実は携帯でチャレンジしたけど当然ムダだった)。

企業パビリオンはネット上の賛否両論を読み込んでるウチに興味が無くなった(想像が付いた)ので予定から除外。
外国パビリオンのめぼしいのと「愛・地球博」のテーマに沿ってる感じのをいくつかと考えていた。
基本方針は「30分以上は並ばない」。

1.案の定、軽い二日酔いの当日。
名古屋からのエキスポシャトル、リニモで会場入りしたのが11時過ぎ。
当日予約機も既に打ち止めの状態。
北ゲートから企業パビリオン(ゾーンA)の長蛇の列を横目に右からグローバルループ。
そして時計回りに歩いて景色を眺めてブラブラ、そしてマンモスの方へ降りる。
最低限冷凍マンモスこれは見て帰ろうと思っていたので状況判断をするためだった。

そしたらナイスタイミングで整理券配布開始。しかもほとんど列に並んでない。
3時半の「グローバルハウスのオレンジ」をGetできた。
「ブルー」よりも「オレンジ」を見たかった(月の石とかね)ので極めてラッキー。

これで来た目的の半分はほぼ安心となったのでノンビリ観光気分である。

昼どきになって小腹も空いてきた。

同行者に
「アジア料理・アフリカ料理・ヨーロッパ料理何が食いたい?」
と訪ねたらヨーロッパを選んだのでアジアゾーン(コモン6)をパスしてループに戻り
反時計回りに歩いて西ゲート方向へ。
愛知館の集合場所を確認するため日本ゾーンを横切る。
長久手日本館には長蛇の列(たしか2時間待ちだった)。

2.西ゲートエリアを越えてヨーロッパエリア(コモン3)に向かう。

踊るサテュロス
 ここに実はもう一つの目当てが有った。
イタリア館の「踊るサテュロス像」である。本物に勝るものは無い。
ハイビジョンの美しい映像とてバーチャルに過ぎない。
本物・実物との空気の交流は貴重だと思う。

実際のところ海底からのサルベージ品ゆえにアチコチ欠けているので
大雑把な美しさには欠けると思えた。
「踊る」躍動感は部分部分のディティールに有る。神は細部に宿る。
照明が工夫されていて影絵が踊る展示だったけど至近距離で眼福だったと思う。


パビリオンの中の他の展示も歴史と芸術の国ってイメージを裏切らず良いセンス。
内部にはイタリアン・レストランも有るが
ここ数年アルポルトに通うようになって
そこで結構ワガママ言って食わせて貰ってるので興味が持てなかった。
むしろ内部に併設された本場のカフェ、歴史的カフェの方に興味が惹かれた。
そこでエスプレッソやらラテやらで軽食類を腹に入れる。

そもそも食事には他に目当てがあった。会場の突き当たり、
コモン3からさらに進んだコモン4にあるチェコ館の生ビールレストランである。
ここに日本中で万博会場でしか飲めない生ビールが有ると聞いていたからだ。
そしてチェコ料理は取り立てて食った記憶がない。
(実際、東京にいると世界中の料理が食えそうな感じであるからかえって貴重に思えた)

しかし

1時半に長久手愛知館に戻ることを考えると
先に進む時間が中途半端だし、マズイものは食いたくない。
ゲート付近の土産物売り場界隈には
学食並の「なんでもレストラン」みたいなのが見えたがゴメンである。

そこで長蛇に絡まれたドイツ・フランス館を避けて他のコモン3を見て回った。
アフリカゾーン(コモン5)は来月に東京上野のエジプト展を見る予定だったのでパス。
コモン3は南欧あたりが中心のようで文化も様々。大道芸も出ていた。
これでこそ「万国」博覧会って気がした。
ボスニア・ヘルツェゴビナ館。
壁に大きなポスターが貼ってあるだけで高校の文化祭みたいだった。
でもあの内戦の国がここまで出展するようにまで回復してるだけ立派に思えた。
民族の「意地」ってそういうことなんじゃないかな。

いろんな事を考える機会になる。貴重な時間。

3.予約時間も近くなったので少し戻る感じで日本ゾーンに降りる。
「中部千年共生村」で時間を潰し「長久手愛知県館」へ。
ここで初めて長蛇の列を横目に「予約してある快感」を知る。

ライブパフォーマンス「地球タイヘン大講演会」はまぁそこそこ。
子供にも判る仕込まれた笑いは観客の方で童心を呼び覚まさないと楽しめない。
5300年ぶりにヨーロッパの氷河の中から姿を現したという「アイスマン」は
姿がどうのではなく事実と科学の問題だ。元来が理屈っぽいハナシ。
だとすると地球温暖化を訴えるメッセージ性はさほど強烈ではなかったように思う。
むしろさっき大道芸人を見ていたせいで
布をロープ代わりにした吊輪競技のようなパフォーマーに見とれてしまった。

僕が高校時代に考えていたことだけど
結局「人間も動物である」「動物を裏切らない生き方を」なんてことじゃないかと
今さらながらに思えた。最近の流行で言えば「身体性の回復」かな?

4.ショーを見終わってチェコ館の方(コモン4)へ進む。

 ロシア館にマンモスの全身骨格標本が有るというハナシだったから
「あわよくば」と思ったけどやっぱり2時間待ち近かった。
でもって素直にチェコ館。といってもレストランはパビリオンと行列が別。
レストラン「チェスカーホスポダ」の方に並ぶ。30分近く待たされた。

だけど
評判の「ビール醸造家好みのビーフシチュー」(1800円)と「農家のお皿」(2500円)、
そして地ビール(というか今はクラフト・ビールって言う方がマニアックか)の生。
それなりに美味かった。
「農家のお皿」は、鴨ロースト、ローストビーフ、豚肉のスモーク、
それに3種類の蒸しパン、ちょっと変わったザワークラウトが2色。
店名はチェコの居酒屋って意味らしいからたしかに食事と言うよりビールの肴だけど
パン食地域の素朴な食事はこんな感じだろうね、本来。

料理の香辛料の感じに何か覚えがあるな、と思ったら
新宿にあるトルコ料理の『ボスボラス・ハサン』だ。
少しなるほど少し不思議な感じだった。

生ビール。
チェコ館の「クルショヴィツェ Krusovice 樽生」(黒、白とも900円)。
1581年創業のプラハ近くのビール。この醸造所の樽生が2種類、黒ビールCerne Pivoと通常のピルスナータイプの2種類。
同行者2人、共にピルスナーを1杯ずつ飲んで、黒ビールは1杯だけ貰って味見した。
うん。並んだだけの値打ちはあったような気がした。

整理券の時間が近づいた。ロシア館その他コモン4を諦める。
(春に上々颱風のライブで来たみんなはライブ会場周辺のこの辺りだけ見てきたようだけど)

もともとの計算通り、キッコロ・ゴンドラで一気に会場上空を横切りスタート地点に戻る。
いかにも森の中を切り開いたって景色だ。

5.ゴンドラは企業ゾーンBに到着。
 相変わらずの行列を横目にグローバルハウスへ。
 グローバルハウス・オレンジはハイビジョンで日本の自然の美しさを見せる前座ショー、
マンモスの化石から月の石やメーヴェまで地球と人類の歴史を見せる博物館エリア、
そしてその後の冷凍マンモスというコースだ。子供の頃から博物館、科学館好きである。
画像で見せられるより不完全でも実物の方がいい。現実に動くものがいい。
かなり万国「博覧会」に来たって気がした。

冷凍マンモスは、一般的には「よく原型のままで残ってたねぇ」という感心のされ方みたい。
でもよく考えると逆だよね。
残ってたことではなくて永久凍土が溶けて出てきたことがテーマの博覧会のハズだ。

あちこちで何か時々不思議な気分にさせられる博覧会だ。

6.もうひとつ狙ってたのが残ってた。ワニのサンドイッチである。
アンデス共同館で人気だという。
残り時間をアメリカエリア(コモン2)に充てることにした。

ワニのサンドイッチは「想定の範囲内」の味、
よく言われる鶏の笹身ではあったけど歯ごたえはもう少しシッカリしてたね。
「美味い」ところまではいかないけど。
展示も結構気持ちよかった。

そうこうしている内に帰りの時間となった。
結局もうひとつのアジアエリア(コモン1)も見ることは出来なかったから
アジア・アフリカ諸国をひとつも見れなかった。少しだけ心残りだった。

近くでやっていたならば通しパス買って一日そんな辺りでノンビリしていたかったです。

沖縄海洋博は中学1年の夏休みだったけど、
独り旅で20日間沖縄にいて
(当時まだ酒を好きで飲んだりはしなかったから(笑))
慰霊碑や染め物工房を見学した以外は
毎日のように会場に通って全部のパビリオンを2回見たんだよね。
あんなにゆっくり流れる時間はもう取り返せないんだよね。

気忙しい大人になって
6時間しか無い身でできることとしては、
かなり上手くいったと自己満足して帰ってきました。


愛・地球博公式ガイドブック―2005年日本国際博覧会


Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile