2005年08月21日

【食】多治見で和食「和」(なごみ) 5

e5264b51.jpg実はこのblogはこの店のことを宣伝したくて思い立った。

リンク先のグルメサイトに書くことはどちらかというと客観的な目が大事。

誉め過ぎるとかえって反感を買うものだと思う。

でも友人の店となれば、もう少しチカラが入る。

で、どうしようかな〜と考えてる内に、昔の道中道楽を思い出し、blog作成となった次第。


岐阜県多治見市音羽町4-94

旬彩 「和(なごみ)」

Yahoo!Map
LivedoorMap
?0572−24−5055
水曜定休、午後5時半〜11時半
-----------------------
 せっかく東京から開店祝いに駆けつけるのだからと贅沢に腕を奮って貰って「おいしいもの」を「おまかせ」で作ってもらった。
 それでも東京で同じものを食べたとしたら5割は高くなるし、地元の食材は地元でしか「いい状態」で食べられないから貴重で幸せな時間だった。
 最後は上機嫌に酔っぱらい「これ以上入らない」っていう満腹状態。
 小食の同行者も大食漢の私も、二人とも大満足して宿に帰りました。


1.地物のキュウリの付きだし

2.美濃大豆の湯葉刺
  湯葉は大好きでよく食べますが、これには濃厚な旨味がありましたね。

3.ミル貝とキュウリの酢の物
  下手な店に行くと酢が角張っていてどうにも閉口するのですが
 ここはさすがに優しい酢加減でした。

4.ボタン鱧と早松茸のお吸い物
  鱧の骨切りは職人芸で見事にボタンが咲いて居ました。
  早松茸の旨味のシッカリしたいいものでしたね。
  連れは吸い地の塩気がもう少し強い方がと感じたようですが
 僕は鱧や松茸の邪魔をしないで引き立てるギリギリの加減かなと。

5.メイチダイのお造り
  この「メイチダイ」なるものを意識して食ったのは初めてでした。
 枝豆とだだちゃ豆の違いといいますか
 ミルクのような旨味を奥底に隠し持ってるような鯛です。
  腹身と背身と共に供してくれてその微妙な味の違いも楽しめました。

6.地物天然鮎の塩焼き
  地元の鮎のいいのを求めて3カ所ほどに頼んでいたそうで
 さすがに野性的な苦みと香りが旨味に包まれており、
 抜群の塩加減・焼加減と相俟って頭から尻尾まで余すところ無く
 堪能させて頂きました。

7.酒肴盛り合わせ
・a.鮎のなれ鮨
   これにはビックリするやら感心するやらでしたね。
   鮒のなれ鮨は美味いとはいえ少々覚悟が必要な手強さですが
  この鮎のなれ鮨は肴の淡泊さとのバランスがよく
  上等のチーズのような仕上がりでした。また食べたいな。

・b.銀杏の天麩羅

・c.鴨のスモーク

・d.鯵の昆布〆寿司
   昆布〆の鯵で朧昆布を乗せた箱寿司だと思いましたが
  味がまろやかで御飯と具のバランスが良く美味かったです。

(8〜数品・・・酔っ払って記憶が。。。白マイタケとか旨いのが有ったゾ)

E.〆(連れと私と各々)
・a.シラスと高菜のチャーハン

・b.稲庭饂飩


1.ビール(麒麟ハートランド、と恵比寿)

2.日本酒
・a.<香川>丸尾本店「悦 凱陣 興」 純米吟醸無濾過生原酒(八反錦・9号)

・b.<岐阜>三千盛(詳細は「お任せ」したので特に聞かなかった〜既に酔ってたし〜)


 最後は上機嫌に酔っぱらいまして、料理には少し失礼でしたが地元のお客さんと随分と仲良く盛り上がることが出来まして楽しい時間でした。
---------------------------------------------
 上記は特に用意して貰った贅沢なコースですから、
そうでなければ、例えば御近所さんなら晩酌に立ち寄って
そうだなぁ、、、3000円も有れば
美味いものを食って軽く酔っぱらって帰れると思います。

 ここの店主とは東京早稲田の「松下」で彼が修行していた時代に
顔馴染みになったのですが、その彼が同じく料理人の奥さんを貰い
岐阜は多治見に店を出したと聞き、訪れる機会を伺っていたところ
何とか算段が付きまして8月21日(日)に訪れたのです。

 先月にオープンしたばかりで現在のメニューは幅広く
個人的には
「もっと腕のふるえるコース料理に絞れればなぁ」とか
「居酒屋レベルの料理じゃウデが勿体ない」とか思いますけど
当人達はいたってマジメで明るい性格、
どのようなお客さんに来て貰えるか、といった鷹揚なスタンスで
(もちろん大変なんでしょうけど)
若い冒険を楽しんでるようにも思えました。

 もしこのBlogが地元の方の眼に触れましたら、
「和」を宜しく育てて下さいますようお願い致します。


 僕は遠方ですが先々楽しみで中部圏に行く楽しみが増えました。

P.S.そうそう、
 同席した地元の方と今年阪神が勝つか中日が勝つかで盛り上がり、
勝負が付いたら再会しよう、「勝った方が・・・」と賭けました(笑)。
 そういう訳でプロ野球のシーズンが終わった頃にまた多治見まで伺う予定です。
(もちろん私的には阪神が勝つと思ってるんですけどね(笑))


2005年08月20日

【音】8月20日(土)のLive 4

上々颱風official website
上々颱風が富山県南砺市で開催される「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド2005」に出演!

■公演日時:2005年8月20日(土) 開場17:30 開演18:30
■出演:アビブ・コワテ&バマダ(マリ)、上々颱風
■会場:円形劇場ヘリオス(富山県南砺市)

---------------------------------------------
 このライブに行くことは夏以前に決めていた。
だいたい「変なイベント」のときの方が面白いのが上々颱風。
(イレギュラー・バウンドを期待する悪趣味ゆえかも知れないが)
 その気になった後で来週の酒田の情報が入る。

 酒田に行かない訳にもいかない(心情というか立場というか)し、
一度決めたことを変えるのは嫌いな性分。

 まぁ夏には18キップもあるし。。。

 でも高山線が一部不通だから18キップじゃどうにも動きにくい。

 で、行きはバスにした。で、帰りは別の楽しみと組み合わせることに。

 夜行バス。東京池袋を前夜に出て、富山に5時に着く。
昔より車両が良くなったとはいえ寝苦しいことに変わりはない。

 富山に到着するなり電車を乗り継いで日帰り温泉に飛び込んだ。
東洋健康ランド富山店かなり古い感じの施設だけどフロントのお姉さんが親切で
向かいのコンビニで前売り券買ってくれば安く済むよ、と教えてくれた。
感謝感謝大感謝でノンビリ。
10時まで露天風呂は入れなかったけれど
古代檜の風呂、2種のサウナ、2種の薬湯に電気風呂
(関東にはあまり無いが関西人にとっては銭湯の必需施設だという気がする)
かなりいいお風呂だった。でもって昼まで仮眠。

 昼からライブ会場のある福野へ。

 福野に降りると湿度は低いもののカンカン照りの猛暑。
ライブ会場に着くと過去のスキヤキ(既に15年ほどやってる)では
入れてくれた室内(つまり日陰で冷房付)に観客は置いてくれない。
スタッフだけ。あのね、、、

客の命も健康もどうでもいいのかぃ!

でもって

炎天下で休む日陰も無くてカレーもビールも食えるかぃ!

(野外のミニステージ前の客席にはテントがあるけど既に大混雑してた)
どうせ「そんなにたくさんお客も居ないだろうし」って読みなんだろうけど。

こんなんじゃその周辺で店開きしてるフリーマーケットを覗いて回る元気も失せる。
(結構面白そうなモン一杯売ってたけどね、売れなかったら主催者が悪いのよ)

かなり憤慨してたところで、
ようやくやってきた仲間の車で会場から離れてとりあえず宿にチェックイン。
安田温泉旅館
その後まともに食い損なってた昼飯を。
(さっきの怒りは空腹のセイもあったかもしれないね)

 そうこうしてる内に会場に戻る時には今度は土砂降り。
今度はさすがに室内で雨宿りさせてくれたけどさ。

 その後も降ったり照ったりとキ○ガイ天気。キツネの嫁入り。

 ライブはね、いつも楽しんでるから文句無いです。
長いこと見てるからね、いろいろあってもそれはそれ。
いつでも何かが面白い。

 ライブ後は宿で宴会。夜中まで。
飲んでて「帰らなくていい」ってのは何よりの幸せ。
ジィチャン・バァチャンの宿だったので結構こっちも気を遣いましたけど
かなり自由にさせてくれたので有り難かったです。
飲んだ後にも温泉に入れたし。
(身体の弱い人はマネしないようにね(笑))




2005年08月15日

【食】新橋と有楽町のレトロ風居酒屋 2

「レトロ」な居酒屋がブームになってしばらく経つ。
個人的には胡散臭いブームだと思っているので近寄らない。
京都に「京風」ラーメンが無い如く、レトロ風はレトロではない。

認められるのは「元々昭和のまんま」
つまりホンモノか
せめて「値段もレトロ」である店だけだ。
阿佐ヶ谷の満塁ホームラン堂はいい。
ホンモノに近づける「やる気」が見える。

さて「レトロ」な居酒屋。
仲間内で「行きたい」の候補店が出た。新橋・有楽町・五反田。
今回ハナシの最初から「テレビで見た」というので疑心暗鬼だったが
まぁ行ってみなきゃ判らないこともある。当たりが出るかも知れない。
それこそ「ホームランバー」である。
ので
6人ほどで夜の新橋集合。

・1軒目 お好み焼きチェーン「ぼちぼち
俳優の伊原剛志が平成4年に作ったんだね。
そんでもって業務拡張を前提にバックが付いて今に至ると。

山芋をたっぷり乗せてフワフワのお好み焼きがウリ。
でもって店内には駄菓子やら昔の看板、映画のポスター。
大阪の下町の味というコンセプトらしい。

業界人経営ならマスコミがホメ倒しても無理ないけど
グルメサイトでもかなり好意的なのが納得いかない。。。

まずくはないけど割高だと思ったなぁ。
女の子人気は判る。
マスコミが煽ったブームに弱いのも習性だし
なるほど男前の俳優の店ってだけで何ポイントかUPだろうし
女の子というか今の若いのというか「フワフワ」大好きである。
お好み焼きや鉄板焼きの枠を広げる意欲的な創作メニューや
サイドメニューも充実してて目新しい居酒屋としての使い勝手は良い。
一つ一つが少量なのも女の子ウケはかえって良さそうだ。
(勘定を払うのが男という時代でも無いだろうけど)

でもね、、、お好み焼き屋、なんでしょ?、、、ならば高い。
そもそも大阪に「下町」という概念は無い。
(対抗概念の「山の手」に高級住宅街が有るような地形では無いからだ)

生野・西成という辺りをイメージしている感じだが
西成出身の身として言わせて貰えば
近所のお好み焼きは500円しないもんだ。
昭和50年代。
高校の近所で毎日のように食ってた「ミックスモダン大」は360円だ。
1000円するのはミナミとかに出て有名店で食うときのハナシ。
たしかに当時ミナミの「千房」では「ミックス」が1000円した。
それは高校生のデートコースのレベル。貧乏人の贅沢。
価格設定が根本的に間違ってる気がする。

あと壁のポスター。
ウルトラマンでも新しいのと古いのがゴッチャゴチャ。
万人受けを狙ってのコトだろうがレトロですら無くなってる。
コンセプトが既に見失われてる気がする。

中途半端な「レトロ」とか「ヘルシー」とかで無駄な金を払わされるのは気分が悪い。
単純に「変わったお好み焼き屋」として訪れていれば良かったのかもね。

・2軒目 まんぷく食堂

有楽町のガード下である。
もともと数件の安い居酒屋のあった場所だと記憶していたが
行ってみると全部を統一してポスターやら内装やらで「レトロ」にしていた。

ここでも結構な値段になった。。。
アチコチのブログで拾われてるのを眺めると
頼み方によってはもう少し安く済むね。

先のお好み焼き屋が不満足で早々に出てきた分、
「刺身盛り合わせ」みたいな
「レトロ居酒屋」で注文すべきで無いようなモノ
(僕はそう思うのだけど)
などアレコレ頼んでしまったからか。

でもチューハイとかホッピーとか薄かった。。。薄すぎる!!

個人的にはお店のネコが可愛かったので
ガード下で飲む気分としてはヨシ!かなぁ。
大雨の終戦記念日の夜。

この店はもう少し注文するメニューを考えて再度挑戦したい気がしています。

2005年07月31日

【酒】富士屋ホテル(宮ノ下)のバーにて 5

da7c2f82.jpg同ホテルの和食処「菊花亭」で散々に日本酒を飲んだ後。 仕上げに寄ったホテルのバー。調度や雰囲気も素晴らしかったけど流石いい酒がありました。  写ってるのはバランタインの原酒と、、、なんだっけ? どちらも個性的で抜群に美味かったですけど。

2005年07月19日

【映】ようやくスターウォーズ 4

試験が終わってまず最初にやりたかったこと。
スターウォーズの最後の1ピースが1週間ほど前から上映していた。
思えば最初のときは中学生か。名画館も合わせて9回見てる。
朝から新宿の映画館に向かった。

映画館で映画を見るというのはテレビで見るのとは異なって
大画面の迫力や音響云々以上に現実世界から切り離してくれるのが大きい。
その時間は全てを忘れて没頭できるのが有り難い。

最近は入れ替え制だの指定席だのが増えた。
「何でもかんでもデートコース」
という東京の文化の特色だと思うけど
全ての文化を前戯に消費してしまう即物的な時代の悪いところだ。
人間三欲「食欲・性欲・睡眠欲」、
突き詰めれば生物の存在意義は自己の拡大再生産、
「生き残ること」だから本質には正直だけど
欲望を昇華させることなく単純なままで是認して
それに全ての文化を奉仕させてしまう。
世にアーティストと名乗る人々は空しくないのかと思うが
時代に敏感な人々だから気にならないのかもね。

俺は古臭いので
欲望は是認しつつも主体的に活用したり
昇華させたりなんて複雑な精神活動の中で
他者の生み出す「文化」を消費する方が楽しく感じる。
食べることにしろ
能書きのない「美味い不味い」は動物的過ぎて面白味に欠ける。
大脳皮質の発達は人間の特質なのだから。

映画好きなら
好きな映画は繰り返し見たいし
面白くなければ途中で出てきたい。
だから映画好きは一人で見ることが多いと思うが
そういう人間にとって入れ替え制は
「ロクな映画館じゃない」ってことになる。

音響設備などの整ったところは回転率を上げるためも有って
入れ替え制が多いのだけど、ネットで探して新宿で自由な映画館を見つけた。

まぁスターウォーズ、マニアックな話題にはなっていても
実のところ、最初から数えるとあまりにも長い年月なので
「今の若者」の動員力に欠ける面が有る。
それにこの最終作は「暗いハナシ」なので
デートコース向きでも無かろう。

案の定、朝イチとは言え公開一週間後にしてはガラガラだった。

おかげでノンビリ良い席で見れたけど。



Story
ジョージ・ルーカス監督が壮大なスケールで描く一大叙事詩「スターウォーズ」サーガを締め括る最終章。アナキン・スカイウォーカーがフォースの暗黒面に転落し、ダースベイダーに生まれ変わる過程と銀河共和国の終焉...(詳細こちら


作り込まれてて楽しめたが、どうにも暗いハナシ。
これ単体で見る限りはバッドエンドだし、描き方が複雑だ。
物語の語り手としては明らかに欲望に正直な暗黒面に肩入れしている。
人間の本質、愛や欲望に素直な主人公は「悪い奴」では無い。
しかし愛と欲望ゆえにこの上なく「悪いこと」をする。
逆にジェダイとして描かれてる理性や知性は
描かれ方としては人間の本性に反する不合理性を持ち
また価値観を守るとの美名の下に非論理的でさえあって
しかも薄情なので「いいこと」をするが「いい奴」ではない。
しかし
最後に暗黒面に流された主人公は愛と欲望も含めて全てを失い
彼が捨てたジェダイの側にその「求めていたモノ」は有ったという
皮肉な結末で終わる。ジェダイ側の一抹の希望と共に。

そうしてみると説教臭い俺が言うのも何だけど(笑)
愛と欲望に忠実な物質文明の権化ともいうべき現代人には説教臭い。
アメリカ人は自己批判的なのを「深い」と感じる向きがあるから
ハリウッド映画としてはありがちではあるけど。

ジェダイのモデルは日本の武士だとのことだが
「武士道」なんてのは
平和な時代の支配階級の規律維持のため方便
あるいは欧米人から見た勘違いに過ぎないのであって
あまり深い思想性は無い気がする。それは宗教から借りてきてるようなもの。
 だからまぁこの映画の中でジェダイは寺院を本拠地にしていて
まるで中国の少林寺の坊主みたいな描かれ方をしてるのは
あながち的外れではないのかもしれない。
ガイジンから見たニッポンは意外に鋭い、という見本かも知れない。

なんてややこしいことも考えながらも
ライトセーバーのチャンバラとかを楽しみつつ3回見て
あとは「DVDが出たら6作品通して見よう!」で映画館を出た。

新宿なので東京麺通団で朝昼夜飯兼用で済ます。映画3本分飲まず食わずだったからね。
-----

Story
ジョージ・ルーカス監督、リーアム・ニーソン主演の、旧3部作から16年の時を経て製作された“スター・ウォーズ”サーガの第1話で、後に続く物語の序章的作品。希望に満ちたアナキンが、若きジェダイ=オビ・ワンと出...(詳細こちら

Story
大ヒットSFアクションシリーズの最新作。前作『〜1』から10年後を舞台に、19歳になったアナキンがアミダラに再会し、2人は恋に落ちるが…。シリーズ初、ロマンスも描きながらこれまで謎に包まれていた「クローン戦争...(詳細こちら



で、今回の1ピースが入って


Story
ジェダイの騎士が滅亡して久しい時代、銀河系は帝国による圧政下にあった。そんな中、小さな反乱軍が、帝国が誇る最終兵器=要塞デス・スターの極秘設計図を盗み出し、必死に抵抗する。銀河皇帝が最も信頼をおくダー...(詳細こちら

Story
反乱軍にとって暗黒の時代が訪れた。氷の惑星ホスに構えた基地が壊滅的な攻撃を受けて以降、帝国の容赦ない追撃により、反乱軍は今や散り散りの状態となっていた。ルーク・スカイウォーカーは伝説のジェダイ・マスタ...(詳細こちら

Story
壮大なる“スター・ウォーズ・サーガ”の最終章の幕開けである。ルーク・スカイウォーカーとレイア姫は、銀河系一の大悪党ジャバ・ザ・ハットの宮殿に潜入し、ハン・ソロを救出するため惑星タトゥイーンへと向かう。...(詳細こちら



最初に制作・公開された3部作の方が明るい感じがする。
まぁハッピーエンドに向かっていくのだから当然だけど
ハン・ソロ(ハリソンフォード)が大きいだろうね。

最初は9部作だって言ってたのに6部になったけど
まぁこれ以上引っ張ってもなぁ、ってところなので上出来じゃないかな。
スターウォーズ・サーガ。俺は好きな作品です。


ruminn_master at 2005年07月19日 22:56 【映】ようやくスターウォーズコメント(0)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加
映画のハナシ 
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile