2005年09月29日

【旅】東京ステーションホテル 3

明日から北海道に「北斗星」で旅立つ。
 ついでと言っては何だが
その前に来年から取り壊して建て直しに入る
(当初設計図に基づき外装を活かして再建するとのこと)
東京ステーションホテルに宿泊した。
東京駅遠景

東京駅の丸の内口に広がる赤煉瓦造りの駅舎、東京駅。
東京駅近景

この建物の南半分が大正4年11月に開業した東京ステーションホテルである。
東京stホテル入口


関東大震災にも耐え
東京大空襲で焼け残った2階までと高塔階部分(本来4階)を繋ぎ合わせて
補修してそのままゴマカシゴマカシで使用してきたが
重要文化財指定に伴って当初設計図に基づき
そして現在残存する外装材を活かして再建するとのこと。
市民運動のページ、あるいは金谷ホテルのページに詳しい)

焼け跡レンガ

フロント脇のエレベーター側壁に焼け残りの煉瓦が展示使用されている。

皇居側のツイン室内に入ると広々としている。
ツイン室内

宮ノ下の富士屋ホテルと同じ感じのクラシックなホテルの内装に
ユニットバスなど現代ビジネスの使い勝手を持ち込んだ感じである。
シャンデリア






高い天井に吊られたシャンデリアが豪華だ。

夕食はホテル2階の南端に有るレストラン「フランス料理 ばら」。

翌日もフレンチなので
(寝台特急「北斗星」の「グランシャリオ」は予約済)
通常のフルコースを頼まずに
名物といわれるビーフシチューを中心としたビーフシチューディナー。
ミニコースのメインがシチューだ。5500円。

ビール、そして白ワインとした。
(肉料理でも中途半端な赤よりはそれなりの白が上だと経験上思ってる)

まずチーズ盛り合わせとエスカルゴを頼んで酒の肴に。
久々に旨いエスカルゴ。ガーリックバターの味加減が良い。

ライス(orパン)。
チーズとエスカルゴにそれぞれフランスパン、ライ麦パンが添えられていて美味かったのとビーフシチューへの予感からライスに。

前菜は、サーモンとホタテのクレープ包み。
スープは、コーンポタージュ(orコンソメのセレクト)。
サラダは、トマト・レタス・白アスパラの白アスパラソース。

いずれもそれなりに美味いがオーソドックス。
昔ながらの味というところか。
クレープ包みは纏まりがイマイチだったが、
サラダのホワイトアスパラソースは上品な纏まりを見せていた。

ビーフシチュー

ビーフシチューは小型のシチューパンで出てくる。
シナモンバターでグラッセしたニンジンと
マッシュしてから他の具材と同サイズに固めたポテト、
そして主役の角切りビーフはトロトロで
ソースはデミグラスではなくて丁寧に作ったブラウンソースの感覚。
さすが
「創業以来88年間、ソースの味と牛肉の調理を追求したシチュー。
ソースはスジ肉や香味野菜を煮込んで冷やすを繰り返し、2週間かけて完成させる」
などと自慢するだけのことはある。
文句なく旨かった。
 でも味が濃い分ビーフストロガノフみたいにライスに掛けて食いたい感じなんだけどね。

デザートは、パインとココナッツのムース、カシス添え。カスタードソース。
これも上出来だった。
でもって珈琲。
結構立派なコースであった。

ワインのサーブが気が利かなくて
グラスが空になっても気付かず呼んでからようやく注ぎに来る。
「忙しいのなら自分でやるからテーブルに置いといて」
って言っても言うこと聞かずにまた同じことをやる。
 できないのなら無理しなきゃ良いのに、って思う。
現代人は緊張感足りないから
フロアで働く若いのに気が利かないのが多いのはここだけじゃない。
 でもね、料理屋の評価ってフロアが悪いと酷評されるよ、一般に。

まぁそれは店のせいじゃないと置くとして、
マイナスは、少々塩がキツイかなぁ、ぐらいで
トータルではかなり美味しい古典的フレンチだと思う。
フランス料理「バラ」の窓より


古びた窓から山手線の発着が見える。
これでこそ「ステーションホテル」というムード。
改築でこの感覚が失われないように祈りたい。



東京ステーションホテル物語

東京ステーションホテル物語




部屋に帰って阪神タイガースの優勝を見届けた。


ruminn_master at 2005年09月29日 14:30 【旅】東京ステーションホテルコメント(2)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加
旅(関東・甲信) | 食べ物と料理のハナシ

2005年09月27日

【酒】サントリーの抽選の景品 4

夏に貰った半ダースほどが最後の2本となった。2種類。

---------------------------------------------
SUNTORY BREWERY WORLD SELECT BEER
特別限定醸造(生)
天然水100%仕込 生ビール 非熱処理
NOT FOR SALE (非売品)

サントリー ビール・発泡酒 天然水100%仕込記念
(2005年、全てのビール・発泡酒を天然水100%で仕込むことを宣言しました。)
キャンペーン プレミアム
---------------------------------------------


だそうである。

「天然水の特別醸造ビールが当たる!」キャンペーン

当たりビール<赤色のラベル>
大麦麦芽はうまみとキレのバランスが最適な「仏・シャンパーニュ地方産大麦麦芽」を100%使用。ホップは、華やかな香りの「チェコ・ザーツ産ファインアロマホップ」を100%使用しました。これを赤城山水系の天然水100%で仕込み、華やかな香りと軽やかな味わいが特長の生ビールに仕上げました。
==========================
<緑色のラベル>
大麦麦芽は「仏・シャンパーニュ地方産」に、しっかりとしたコクを持つ「カナダ産」をブレンド。ホップは「チェコ・ザーツ地方産」に、上質な苦味を持つ「独・ハラタウ地方産」をブレンド。ブレンドした厳選素材を赤城山水系の天然水100%で仕込み、芳醇なうまみとしっかりとしたコクが特長の生ビールに仕上げました。
---------------------------------------------

個人的には赤い方が好き。
香りは華やかでボディがシッカリしてる。
後口に少々甘みが残るのが難点か。

緑の方はサッパリしてる。スイスイ飲める感じ。
個人的には少々頼りない。
ただ舌の上で転がすと旨味が口中に広がる深さがある。
後口もスッキリ切れていながら下の奥の方に旨味が残る。

商品にするなら緑の方が売れるだろうなぁ。
もう少しボディが欲しいけど。

こうしてみると市販のビールってのは試行錯誤の繰り返しで色んなビールを造った上でバランスを取ってるんだろうなぁ、凄いなぁ、とか感心します。

サントリーは『冴』をリバイバルして欲しいんだけどなぁ。
未だにアレが強く印象に残ってるんだけど。

ruminn_master at 2005年09月27日 23:48 【酒】サントリーの抽選の景品コメント(0)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加
お酒のハナシ 

【電】BlogとMixiに使えるフリーソフト(抄) 4

あまりにも導入ガイドが長くて読む気を削ぐと我ながら思うので(笑)極簡単にダイジェスト。
実際に僕が使って問題が生じず超便利なのでオススメするだけです。
(バグの責任はソフトの作者にあるんですけど(笑))

全てはコミュニケーションの活性化と各自の「メンドクサイ」の解決案として。

電脳生活で「読み書き」では圧倒的に読む作業が多いので「読む」→「書く」でオススメします。

1.読む
 (1) Blog・・・特定のソフトは不要。好きなブラウザで。
 (2) Mixi・・・積極的にアチコチ見ない場合→mixiCat
       ・・・面白そうなのコミュや日記を見て回る場合→CMN
    →CMNの導入は以下のリンクからダウンロードして作業して下さい。
     ・本体
     ・メッセージ
     ・日記
     ・スレッド取得
     ・カキコミ取得
     ・Livedoor-Blog

★コミュニティID(=掲示板自体)とスレッドID(=個々の話題)の混乱に注意!

2.書く
 (1) Blog・・・直接書き込む場合→簡単ウェブログ投稿アシストのみ
       ・・・下書きや装飾をする場合→それ以外に次の2つが便利
     ・そら日記:下書き用の日記帳
     ・Azusa Editor:装飾とプレビューの便利なエディター

 (2) Mixi・・・前述mixiCat

以上です。加油!


ruminn_master at 2005年09月27日 18:30 【電】BlogとMixiに使えるフリーソフト(抄)コメント(0)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加
マシン・ツール・ソフト 

2005年09月26日

【電】Mixiコミュの一斉巡回ツール 4

友人に呼んで貰って一昨日にMixiに登録した。
 Mixiも巨大化してまぁ面白い展開も有りそうだなとか
考え始めてたところだったので素直になって参加した。

 参加するとイッチョカミ&オッチョコチョイなので
初日からバカほどコミュニティに登録したりして収拾がつかなくなった。
(たぶん関心事全てに参加したら100で利かない気がする)
けっこう操作性の悪いシステムに嫌気がさして何かフリーソフトが無いかと探した。
(ちなみにWinのハナシです。念のため)

 昔、掲示板を自動巡回するのにINCMを使っていたがTcupの仕様変更に伴って使えるサイトが減り、PerlなどのCGIを自分で改造したりしなきゃイケナイ。
 一応、PerlやVBぐらいは弄れるのでアレコレやってみたけど、どうにも素直に言うこと聞かない。エロサイトの宣伝カキコミなどへのガードが堅くなった煽りを受けた格好だ。

 それで使わないまま放置していたのだが仕組みはBBSでもMixiでも同じことだから対応しているPlug-in(掲示板ごとにその読み込み方を指定する小さなPerlプログラム)を探したが、どこかにあるのかも知れないけれど見つからなかった。

 これだけMixi人口が増えているのだから専用のフリーソフトぐらい有るはずだ、と思い直して探して、最初に探し当てたのがミクチェ
 要は「足あと」や「お気に入り」や「コメント」を一覧表示し新着やら承認待ちを通知する機能のソフト。軽くていいのでしばらく使ったがどうにも物足りない。

 写真の価値の高いMixi。タブブラウザ型のソフトを探した。
最初に出会ったのが「mixiブラウザ(仮)VC++」。
ネット上での評判もいいし開発中とは言えサポートもしっかりしてそう。
 でもウチの環境と相性悪いのか
---------------------------------------------
mixiブラウザ(仮) : 巡回に失敗しました
OK
System.TypeInitializationException: 'mixibrowse.Http.HttpRequestCenter' のタイプ初期化子が例外をスローしました。 ---> System.Net.CookieException: Cookie の一部 'Value'='1466453_516c9735ec401a3c17dcab10a277b1a1_1; BF_STAMP=cfc807247597cf68a9758966a336d403'
---------------------------------------------
って妙なエラーが出るし、NET Frameworkを使ってるせいもあって起動が遅い。
 エラーは調べれば対応できる気がしたがどうも俺と相性悪いみたい(笑)。

1.そこで辿り着いたのが「MixiCat」。
このソフトの作者ねこみみ氏は以前から使ってるアイデアプロセッサ「思考支援ツール IdeaFragment2」の作者でも有ったのでアッサリ目の操作感にも馴染みがあった。

これは単純に便利です!だれにでもオススメいたします。

要はトップページの「最新情報」と「足あと」をタブ形式のリストで表示する機能を基本として自分の管理ページやコミュ一覧をそれぞれブラウザ画面で別タブで見れる訳で非常に快適に思えた。

でもMixiのコミュニティ自体がかなり古い形式のBBSなので、その不便さはブラウザで表示する限り如何ともし難い。

2.それでさらに探し続けてようやく解決策を見つけることが出来た。
インターネット掲示板自動巡回ツールのCMNだ。

もともとはニフティのフォーラムを巡回するもののようだが
その機能拡張で通常の掲示板はもとより(これについては先行するINCMのPlug-inをそのまま利用できるという優れもの)、ブログもMixiも相手に出来る。

 これは参加してるフォーラムとか関心有る日記を読むことについては非常に便利になるソフトだ。テキストでコミュニティが幾つあっても一気に全てのスレッド一覧を読み込んでしまう。気になるスレッドはそれをまた別に設定しておけば同時に全てのコメントが読み込まれることになる。スレッドの一覧だけなら50のフォーラムを新しく読み込むのでも5分と掛からない。

設定に成功して見事に読み込めた時には感動します(笑)。

 ただ少々の難点もある。

 一つ目は設定が少々分かりにくし面倒だ。もっとも試行錯誤の結果をここに記すので一度やってしまえば慣れるだろうし使用するのは極めて簡単だ。

 二つ目は、現在はβ版ということで無料だが将来は制限的に無料版を残して有料版に移行するということ。現在のバージョンは2005年11月30日までしか使用できず、その後のバージョンアップについてどのようになるのか未定であること。
 この二つ目が少々不安で、慣れてしまったから有料版を買う羽目にならないとも限らない。でもまぁそれはそれだし、極端に非常識な値段でもなかろうと期待して依存することにした(別名「思うツボ」?(笑))。

1.CMN本体のダウンロード。そしてインストール。単純に起動して初期設定。

2.インストール先フォルダ(デフォルトではC:\Program Files\CMN)>を開いて見るとExtensionsフォルダが作られているからそれを開いておく。

3.機能拡張エクステンションのダウンロードをしてMixiに対応させる作業(LivedoorBlogやココログへの対応も同じ)。

mixi日記(コメント付)あるいはmixi日記
 少々機能は違うがこれらが一気に日記を読み込むツール。

mixiメッセージでメッセージが読み込める。

mixiコミュニティトピック(スレッドチェッカー)
ここに
 a.登録コミュニティ一覧を取得しコミュIDを表示するcmn_mixi_my_community_list.cps
 b.各コミュのスレッド一覧を取得しスレIDを表示するcmn_mixi_community_new_thread.cps
 c.新規発言/コメントがあったスレを表示するcmn_mixi_community_new_comment.cps
の3つのエクステンション(Plug-in)が含まれている。

 このaが取得したコミュIDが、bの設定で必要となり、bがスレIDを表示する。
またcのエクステンションはトップページにあるリストと同じでその中で興味を引くモノが有ればそのスレッドを読み込むためにその表示されたスレIDが必要となる。

 d.mixiコミュニティトピックこれは上記bcで取得されたスレIDによってスレッドを特定してカキコミを読み込むモノ。

 MixiがコミュIDとスレIDを別々にせずにツリー形式などで管理していればここまでややこしくならなかったはずで、腹立たしいが、これでようやく目的のコミュニティの発言内容に辿り着きます。

4.ダウンロードしたエクステンションを解凍して前述Extensionsフォルダにコピーする。

 (ここで今まで開いていたフォルダやブラウザは閉じてよい。必要と思えば同時に解凍されたReadMe.txtの類を読んでおく)

5.CMNのヘルプに有るとおり、巡回用フォルダの作成→プロパティの設定と進む。

 メッセージや日記のエクステンションについてはここで特にややこしいことはない。
以下、一番難物のコミュニティの読み込み手順に付いてハナシは進む。

6.まず前述「a.登録コミュニティ一覧を取得しコミュIDを表示する」作業。
 最初にこれから始めないと混乱する。
それなりのタイトルの巡回用フォルダを作成、
エクステンションにcmn_mixi_my_community_list.cpsを選択。
下段に指示が出るようにID欄に適当に記入。
そして「選択フォルダを巡回」を選んで参加コミュニティ一覧を取得する。

7.次に「b.各コミュのスレッド一覧を取得しスレIDを表示する」作業。

それなりのタイトルの巡回用フォルダを作成、
エクステンションにcmn_mixi_community_new_thread.cps を選択。

ここからは参加してるコミュニティ(というかスレッドを取得したいコミュニティ)の数だけ作業が繰り返されることになる。ここが一番の手間なので頑張って。

 さっきの6で取得されたそれぞれのコミュニティデータの最下段にそのコミュIDが表示されているからコピーするか記憶するか(まとめてメモするか印刷する手もあるけど)。
 ↓
 掲示板タブに掲示板を追加していく。編集ボタンで開く画面で「巡回」指定してコミュIDを入れてやるだけである。

全部指定し終わったら「選択フォルダを巡回」を選んで各コミュニティのスレッド一覧を取得する。
(このあたりで既に結構感動できます(笑))

8.気に入ったスレッドについて「d. mixiコミュニティトピックでカキコミを読み込む」作業。
それなりのタイトルの巡回用フォルダを作成、
エクステンションにmixi_bbs.cpsを選択。

取得したいスレの数だけ先ほどのコミュ登録と同じように「掲示板」タブにスレッドを追加していく。
その折に7で取得したスレ画面に表示されるIDと種別が必要になるが、いっそ「このスレッドをオンラインで読む」でブラウザで表示させてアドレスをコピーする方が簡単だと思う。
 そのときには「すべてを表示」させてアドレス末尾の「 &page=all 」までコピーするのを忘れないことだ。

そして
IDが○○なら
URLが
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=○○&page=all
あるいは
http://mixi.jp/view_event.pl?id=○○&page=all
となって個別スレの指定が終わる。

全部指定し終わったら「選択フォルダを巡回」を選んで各スレッドのカキコミを取得する。

これでようやく目的達成である。


あとは必要な時に「巡回」ボタンを押すだけだからかなり楽になる。

まぁカキコミ機能は未対応だからその場合はブラウザを開くか前述MixiCatの出番となるでしょう。

設定にしても、書くと作業手順も細かいけどやってみると同じことの繰り返しなのでIDが2種類有ることに混乱しなければそう難しくはない。

---------------------------------------------

 SNS(ソーシャルネットワークサービス)は先に2つほど入っていたのだが、あまり使っていなかった。
 忙しい(というか忙しくしているべきである)というのも有るが、なんとなくイメージ的に閉鎖的な気がして、嫌っていたというのが正直な感想。

カラオケボックスとスナックでカラオケ歌うのとの違い。
 スナックでカラオケを歌う、
つまり知らない人の前で「上手くもない」歌を歌うことは
恥ずかしいとかカッコがどうのと言う以前に気を遣う。
誰か常連さんの邪魔してるんじゃないか、とか
場の雰囲気を壊さないか、とかね。

でも人間生きてりゃ気遣いぐらい自然にできて当然だろう、
とか思うし
場の空気を読むのもそれはそれで楽しい、と俺は思う。

人格の都市化は孤独を産み、人により強く「ウチ・ソト」を意識させ
少人数だけで固まろうとし、排他性が強くなる、、ってハナシも有る。

大阪人と京都人の違いとかで言われるハナシと似ている。
京都人からすると大阪人の接し方は「なんや、なれなれしい」
となる。大阪人からすると「なんや、ええかっこしぃが」
となる。京都は古き都。大阪は日本最大の田舎。
 今はそんな違いも無くなってる時代の気がするけど。

仲間内だけじゃないと楽しめない、ってのは少し病気だ。
でも時代の病だって気もするし、
今さら目くじら立てるのも逆に大人げなく
かえってこっちが病気扱いされる(笑)。

 潰しの利く人間が少なくなった気がする。
何年も日常的に早稲田の大学生に接していてそう感じるのだが思い過ごしだろうか。


ruminn_master at 2005年09月26日 23:15 【電】Mixiコミュの一斉巡回ツールコメント(4)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加
マシン・ツール・ソフト | 思索・雑感・主張

2005年09月25日

【考】愛知万博最終日に思うこと 2

愛知万博もとうとう最終日。
バタバタと見に行ったあの日も早一ヶ月も前なんだなぁ、なんて思う。
最終日16時発表の総入場者数は22,005,777人。
最終日
今日の10時までだが、まぁ2200万人ほど。
70年の大阪万博が史上最多の6422万人だからその3分の1程度だけど
昨今の名古屋ブームの象徴というか情報操作の引き金みたいな愛知万博、
お祭り騒ぎの夏も終わった訳である。

今日は万博最終日のニュースを見ながら
ちょっと万博の胡散臭さ、
自分なりに会場でも感じた不思議な屈折について考えていた。

その前にまずは楽しかった。
いや楽しんだんだから後に揚げる批判サイトを語る資格も多少怪しい。
それは先に白状しておきます。

たった6時間しか居なかったけど自分なりに結構楽しめた。
相変わらずヒキが強い方で運が味方してくれた面もあるけれど
ネット上のHP、掲示板、Blogの情報にかなり助けられた。
会期も終わってリンクの意味も薄いけど・・・

公式HPと合わせて各種情報・イメージ収集に
0から愛知万博(愛・地球博)-交通手段や観覧予約情報
愛知万博特集 - All About
Enjoy愛知万博(愛・地球博口コミ情報)
ダンドリのイメージにるぽ!愛・地球博[愛知万博体験レポート]
見通しに『斬(ざん)』:愛知万博(愛・地球博)レポート
事前予約(キャンセル採り)の状況把握に
D.D.のたわごと:愛知万博・事前予約必勝法?!
企業パビリオンに諦めをつけるのに
暇リーマン通信: 愛知万博(愛・地球博)報告:トヨタ・日立観覧成功!!
パビリオンを選ぶのに
可もナシズム、不可もナシズム:愛知万博レビュー (最終版)

ここで改めて感謝したい。
今考えても充実した6時間だった。

男の子としてロボットだのハイテクだのが大好きだから
万博は全部回りたい、特に先端技術は、、、、なんて方だが
今回はその辺りを全部捨てて万博の意味合いとか考えて絞った成果だと思う。

根本的に愛知万博は瀬戸会場となった山を自然破壊して
そこで自然との共存と地球温暖化防止を訴えるという
悪い冗談みたいな計画だった訳で
それをまぁ環境保護団体だとか色んな切り口の反対運動が頑張った事情もあり
愛知万博を問う
愛知万博の失敗を静かに見守るサイト・天下り官僚を追放しよう!
NAZ・愛知万博(1998年1月〜3月)
ばんぱっくん資料庫
など他検索愛知万博 環境破壊
被害を少なくして長久手に本会場、瀬戸に小さく、となったらしいが
根本的に矛盾してることは否めない訳である。
(理屈はいろいろ有るだろうけど個人的にはどうも末広真樹子の行動が引っ掛かってた)

農業は自然破壊の始まりだし建築はもちろん自然を人間の都合に合わせる行為。
人間の文化は多かれ少なかれ自然との緊張を孕む。

万博のテーマは何度やっても(タテマエはともかく)
「人類の進歩と調和」バンザイでしか無いと思う。
スローガンのウェイトはもちろん「進歩」(出展企業の私益的技術の)だ。

人間が便利を捨てるとも思えないけれど少なくとも「バンザイ」してる場合じゃなさそうだ。

イベントとして矛盾だらけでも人が環境との関わりを考える契機になるのなら
それがせめてもの免罪符だ。観客としてもね。

地球温暖化で氷河や永久凍土が永久凍土が急速に溶けてるからこそ
マンモスやアイスマンが発掘されてる訳で
今回の万博は言ってることとやってることの矛盾がかなり根深く
まるでクラインの壺みたいなイベントだった気がする。

モノを考える契機としては面白かったし、
万博の「世界の国からこんにちは」という側面が楽しかったことは否定しない。

そう、ワニのサンドイッチもチェコの生ビールも美味だった。
それは正直に告白しておきたい。ここの基本はグルメBlogだしね。

---------------------------------------------
1.日本万国博覧会
(1) 会 期 : 昭和45年(1970年)3月15日〜9月13日(183日間)
(2) 場 所 : 大阪千里丘陵(約350ha)
(3) テーマ  : 人類の進歩と調和
(4) 参加国  : 77カ国(日本を含む) 4国際機関
(5) 総入場者数 : 6,422万人

2.沖縄国際海洋博覧会
(1) 会 期 : 昭和50年(1975年)7月20日
 〜昭和51年(1976年)1月18日(183日間)
(2) 場 所 : 沖縄(約100ha)
(3) テーマ  : 海−その望ましい未来
(4) 参加国  : 36カ国(日本を含む) 3国際機関
(5) 総入場者数 : 349万人

3.国際科学技術博覧会
(1) 会 期 : 昭和60年(1985年)3月17日〜9月16日(184日間)
(2) 場 所 : 筑波研究学園都市(約100ha)
(3) テーマ  : 人間・住居・環境と科学技術
(4) 参加国  : 48カ国(日本を含む) 37国際機関
(5) 総入場者数 : 2,033万人

4.国際花と緑の博覧会
(1) 会 期 : 平成2年(1990年)4月1日〜9月30日(183日間)
(2) 場 所 : 大阪鶴見緑地(約105ha)
(3) テーマ  : 花と緑と生活の係わりを捉え 21世紀へ向けて潤いのある社会の創造を目指す
(4) 参加国  : 83カ国(日本を含む) 37国際機関、18園芸関係等の国際団体
(5) 総入場者数 : 2,312万人

5.2005年日本国際博覧会
(1) 会 期 : 平成17年(2005年)3月25日〜9月25日(185日間)
(2) 場 所 : 愛知県瀬戸市南東部、豊田市、長久手町(約173ha)
(3) テーマ  : 自然の叡智
(4) 参加国  : ???
(5) 総入場者数 : ???
外務省外交政策のページより)



「万博」発明発見50の物語


国際博覧会を考える―メガ・イベントの政策学


虚飾の愛知万博―土建国家「最後の祭典」アンオフィシャルガイド


暴走を続ける公共事業


市民参加型社会とは―愛知万博計画過程と公共圏の再創造


ruminn_master at 2005年09月25日 22:00 【考】愛知万博最終日に思うことコメント(0)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加
思索・雑感・主張 | 知的好奇心
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん