2005年08月29日

【書】ライブドア・ブログの解説本 3

帰りの夜行ムーンライトで眠れなかったらどうしよう。
持参していた本は読みきっていたので、そう思って新潟の駅ビルの本屋へ。

ブログを始めたばかりでよく判らないのもあって
その手の本から何か読もうかと思っていた。

本屋でアレコレ手に取ったけどどれもイマイチ違う。

けっきょくメインがライブドアのブログだから
まずはそれを使いこなすのが理解の早道だし
その解説書が一番良いかと思って
特に小遣い稼ぎをしようと言う意識は無いのだけれど
最終的にホリエモンの本を選んだ。



ライブドアブログで稼ぐ!儲ける!―堀江流勝てるアフィリエイト完全攻略


そもそも金儲けしようと言う人は合理的に動くはずなので
非常に判りやすい内容だし、結局のところ著作権を気にせずに
書籍の表紙写真が堂々と使える訳だし、アフィリエイトも何かと便利だと思った。

ともかく時代がそう動いてる以上は馴染んでおくに越したことはないと思う。


【旅】酒田から村上行 3

ディーゼルなんて久々だった。

村上行

ロングシートの車両はクーラーが効いてる。

ボックスシートの車両は扇風機だ。

でもまぁ天気も良く風も心地よさそうなのでボックスシートにした。
足も伸ばせそうだし。

まぁまぁ快適な移動。あまり見慣れていない夏の日本海の景色。


村上で次の接続待ちで街に出たけれど何もない街だった。



少し離れるとジャスコだか何かあったけど
停車時間もそれほど長くないので
コンビニでパンと珈琲を買って昼飯代わり。
何と言っても朝飯をバカほど食べている。

駅前のコンビニにFOMAの充電器が売ってない(陳列棚すら無い)のが
「田舎に来てるんだなぁ」と思った。

酒田は都会であった。

【書】社会の裏窓〜そんなカラクリがあったのか! 3

(秘情報取材班編/青春出版社)文庫版552円+Tax
---------------------------------------------
 酒田からの帰りは青春18キップ各駅停車の旅である。
新潟23:35発のムーンライトえちごに接続するため酒田から新潟へ向かう。

 夜の7時半ぐらいの列車が10〜20分の乗り換えで
ちょうど「えちご」に接続していた。
 そのコースだと夜まで酒田で時間を潰さなければならない。
安い温泉も有った。だが朝飯をたっぷり食べて眠い。乗り過ごす危険が高い。
 だもんで昼の村上行きディーゼルで向かった。

 その折に暇つぶしに酒田駅のキオスクで買った本である。

 もともとキオスクに有る本など限られている。
その中で比較的興味を引いて、なおかつ眠い頭で読める本として買った。

 たしかに手頃で正解。
 まぁ雑学が増えたってだけである。



社会の裏窓―そんなカラクリがあったのか!


【食】酒田夢の倶楽と茶豆(庄内3号) 4

 山居倉庫前の酒田グリーンホテルを出て土産物を買いに行った。

 このシーズンに山形に行くとなると
どこに行っても「だだちゃだだちゃだだちゃ」である。
鶴岡だけにとどまらない流行モノで有るし、
鶴岡に隣接する酒田は茶豆の産地のようだ。

 鶴岡以外は「だだちゃ」と言わないとのことだけど
でもまぁJAの縄張り争いは消費者に関係無く、
結局は美味いものが「山形のだだちゃ豆」だと思う。
いずれそんなことになるんじゃなかろうか。

 さて

山居倉庫 酒田の観光名所、山居倉庫
(明治26年建設の米の保管倉庫)
エリアに平成16年春にオープンした観光物産館
「酒田 夢の倶楽(ゆめのくら)」
および隣接した別棟に生鮮農産物のお店「みどりの里 山居館」が有る。
(この中に、例年の取り寄せ先、地酒の木川屋さんも出店している)

 土産をアレコレ買った。

 木川屋さんでは地酒「山居倉庫」(鯉川)を買った。
こちらでは酒米が美山錦の酒が多いところ五百万石だったからだ。

 茶豆(庄内3号)も生産者の名前入りで幾つか出ていた。
ほとんどが試食可能であったので食べ比べて気に入ったのを複数買った。

※ この記事を書いているのは9月3日。
 帰ってから茹でて比べてみると、その日に出ていて買って帰った中で
 一番旨味が有って茹でたてから美味かったのは渋谷修二さんという方のだった。
 一番甘みが有って冷めてから引き立ったのが伊与田けい子さんという方のだった。

 夢の倶楽の中にジェラート屋さんが有り、
14種類からWで選んで330円だったか。
「だだちゃ豆」と「上喜元純米大吟醸」が有った。
酒と肴をまとめてジェラートなんて楽しいのでそれに。
「だだちゃ豆」は予想通りだったけど
「上喜元純米大吟醸」のジェラートは甘くどさが無く素晴らしい。

※その他観光情報は 社団法人 酒田観光物産協会


 朝食をバカほど食ったので昼食抜きにして酒田駅に歩いて向かった。

【食】酒田の「どんがら汁」と生牡蠣 3

酒田といえば「どんがら汁」、らしい
要は魚のアラの味噌汁である。
本来はタラらしいけど食べたのは違ったように思った。

酒田逆光港にある定食屋に朝から出掛けた。

昨日の寿司屋で食べ足り無かった訳では無いが
大して酒も残っていなかったし
早起きするだけで美味いものが食えるとなれば・・・起きた。朝の5時。
帰りの支度をして朝風呂に入り出掛ける準備。

ホテルから歩いても10〜20分程度の酒田港
(昔、上々颱風のライブの有った辺りより少し手前だね)
飛島行き定期船『ニューとびしま』の発着場に隣接する
海産物市場と食堂である。

朝の散歩にいいかと表に出たら
ちょうど出発するところの友人を見つけたので
その車で一緒に出掛けた。

(後に大雨となったのでこれはラッキー&感謝となった)



海鮮どんや・とびしま

朝7時の開店早々に飛び込み
ここで朝定食(525円)と限定ウニ丼(850円)を食べた。
焼き魚も捨てがたかったがシーズン限定のウニも・・・
どんがら汁は2杯となったけど、まぁ美味いのでヨシとする。
定食の焼き魚や小鉢も旨かったし
赤白のウニ(つまりバフン系とムラサキ系か)がタップリで大満足。

でも何か忘れてる。。。食いたかったモノを。。。
そうだ!生牡蠣だ!!!

階下の魚屋「さかた海鮮市場」が開くのが8時。
それを待ってそこで生牡蠣(1杯500円)の立ち食い。
新鮮で臭みが無くレモンだけで美味い!

朝から魚臭くなるほどに魚介類を満喫した。

しかし朝っぱらからよく入るね俺も(笑)。

Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile