2005年08月15日

【食】新橋と有楽町のレトロ風居酒屋 2

「レトロ」な居酒屋がブームになってしばらく経つ。
個人的には胡散臭いブームだと思っているので近寄らない。
京都に「京風」ラーメンが無い如く、レトロ風はレトロではない。

認められるのは「元々昭和のまんま」
つまりホンモノか
せめて「値段もレトロ」である店だけだ。
阿佐ヶ谷の満塁ホームラン堂はいい。
ホンモノに近づける「やる気」が見える。

さて「レトロ」な居酒屋。
仲間内で「行きたい」の候補店が出た。新橋・有楽町・五反田。
今回ハナシの最初から「テレビで見た」というので疑心暗鬼だったが
まぁ行ってみなきゃ判らないこともある。当たりが出るかも知れない。
それこそ「ホームランバー」である。
ので
6人ほどで夜の新橋集合。

・1軒目 お好み焼きチェーン「ぼちぼち
俳優の伊原剛志が平成4年に作ったんだね。
そんでもって業務拡張を前提にバックが付いて今に至ると。

山芋をたっぷり乗せてフワフワのお好み焼きがウリ。
でもって店内には駄菓子やら昔の看板、映画のポスター。
大阪の下町の味というコンセプトらしい。

業界人経営ならマスコミがホメ倒しても無理ないけど
グルメサイトでもかなり好意的なのが納得いかない。。。

まずくはないけど割高だと思ったなぁ。
女の子人気は判る。
マスコミが煽ったブームに弱いのも習性だし
なるほど男前の俳優の店ってだけで何ポイントかUPだろうし
女の子というか今の若いのというか「フワフワ」大好きである。
お好み焼きや鉄板焼きの枠を広げる意欲的な創作メニューや
サイドメニューも充実してて目新しい居酒屋としての使い勝手は良い。
一つ一つが少量なのも女の子ウケはかえって良さそうだ。
(勘定を払うのが男という時代でも無いだろうけど)

でもね、、、お好み焼き屋、なんでしょ?、、、ならば高い。
そもそも大阪に「下町」という概念は無い。
(対抗概念の「山の手」に高級住宅街が有るような地形では無いからだ)

生野・西成という辺りをイメージしている感じだが
西成出身の身として言わせて貰えば
近所のお好み焼きは500円しないもんだ。
昭和50年代。
高校の近所で毎日のように食ってた「ミックスモダン大」は360円だ。
1000円するのはミナミとかに出て有名店で食うときのハナシ。
たしかに当時ミナミの「千房」では「ミックス」が1000円した。
それは高校生のデートコースのレベル。貧乏人の贅沢。
価格設定が根本的に間違ってる気がする。

あと壁のポスター。
ウルトラマンでも新しいのと古いのがゴッチャゴチャ。
万人受けを狙ってのコトだろうがレトロですら無くなってる。
コンセプトが既に見失われてる気がする。

中途半端な「レトロ」とか「ヘルシー」とかで無駄な金を払わされるのは気分が悪い。
単純に「変わったお好み焼き屋」として訪れていれば良かったのかもね。

・2軒目 まんぷく食堂

有楽町のガード下である。
もともと数件の安い居酒屋のあった場所だと記憶していたが
行ってみると全部を統一してポスターやら内装やらで「レトロ」にしていた。

ここでも結構な値段になった。。。
アチコチのブログで拾われてるのを眺めると
頼み方によってはもう少し安く済むね。

先のお好み焼き屋が不満足で早々に出てきた分、
「刺身盛り合わせ」みたいな
「レトロ居酒屋」で注文すべきで無いようなモノ
(僕はそう思うのだけど)
などアレコレ頼んでしまったからか。

でもチューハイとかホッピーとか薄かった。。。薄すぎる!!

個人的にはお店のネコが可愛かったので
ガード下で飲む気分としてはヨシ!かなぁ。
大雨の終戦記念日の夜。

この店はもう少し注文するメニューを考えて再度挑戦したい気がしています。


ruminn_master at 2005年08月15日 23:15 【食】新橋と有楽町のレトロ風居酒屋コメント(0)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加
銀座・新橋〜東京界隈 | 食べ歩き(東京都内)

2005年07月31日

【酒】富士屋ホテル(宮ノ下)のバーにて 5

da7c2f82.jpg同ホテルの和食処「菊花亭」で散々に日本酒を飲んだ後。 仕上げに寄ったホテルのバー。調度や雰囲気も素晴らしかったけど流石いい酒がありました。  写ってるのはバランタインの原酒と、、、なんだっけ? どちらも個性的で抜群に美味かったですけど。

ruminn_master at 2005年07月31日 23:00 【酒】富士屋ホテル(宮ノ下)のバーにてコメント(0)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加
お酒のハナシ | 旅(関東・甲信)

2005年07月19日

【映】ようやくスターウォーズ 4

試験が終わってまず最初にやりたかったこと。
スターウォーズの最後の1ピースが1週間ほど前から上映していた。
思えば最初のときは中学生か。名画館も合わせて9回見てる。
朝から新宿の映画館に向かった。

映画館で映画を見るというのはテレビで見るのとは異なって
大画面の迫力や音響云々以上に現実世界から切り離してくれるのが大きい。
その時間は全てを忘れて没頭できるのが有り難い。

最近は入れ替え制だの指定席だのが増えた。
「何でもかんでもデートコース」
という東京の文化の特色だと思うけど
全ての文化を前戯に消費してしまう即物的な時代の悪いところだ。
人間三欲「食欲・性欲・睡眠欲」、
突き詰めれば生物の存在意義は自己の拡大再生産、
「生き残ること」だから本質には正直だけど
欲望を昇華させることなく単純なままで是認して
それに全ての文化を奉仕させてしまう。
世にアーティストと名乗る人々は空しくないのかと思うが
時代に敏感な人々だから気にならないのかもね。

俺は古臭いので
欲望は是認しつつも主体的に活用したり
昇華させたりなんて複雑な精神活動の中で
他者の生み出す「文化」を消費する方が楽しく感じる。
食べることにしろ
能書きのない「美味い不味い」は動物的過ぎて面白味に欠ける。
大脳皮質の発達は人間の特質なのだから。

映画好きなら
好きな映画は繰り返し見たいし
面白くなければ途中で出てきたい。
だから映画好きは一人で見ることが多いと思うが
そういう人間にとって入れ替え制は
「ロクな映画館じゃない」ってことになる。

音響設備などの整ったところは回転率を上げるためも有って
入れ替え制が多いのだけど、ネットで探して新宿で自由な映画館を見つけた。

まぁスターウォーズ、マニアックな話題にはなっていても
実のところ、最初から数えるとあまりにも長い年月なので
「今の若者」の動員力に欠ける面が有る。
それにこの最終作は「暗いハナシ」なので
デートコース向きでも無かろう。

案の定、朝イチとは言え公開一週間後にしてはガラガラだった。

おかげでノンビリ良い席で見れたけど。



Story
ジョージ・ルーカス監督が壮大なスケールで描く一大叙事詩「スターウォーズ」サーガを締め括る最終章。アナキン・スカイウォーカーがフォースの暗黒面に転落し、ダースベイダーに生まれ変わる過程と銀河共和国の終焉...(詳細こちら


作り込まれてて楽しめたが、どうにも暗いハナシ。
これ単体で見る限りはバッドエンドだし、描き方が複雑だ。
物語の語り手としては明らかに欲望に正直な暗黒面に肩入れしている。
人間の本質、愛や欲望に素直な主人公は「悪い奴」では無い。
しかし愛と欲望ゆえにこの上なく「悪いこと」をする。
逆にジェダイとして描かれてる理性や知性は
描かれ方としては人間の本性に反する不合理性を持ち
また価値観を守るとの美名の下に非論理的でさえあって
しかも薄情なので「いいこと」をするが「いい奴」ではない。
しかし
最後に暗黒面に流された主人公は愛と欲望も含めて全てを失い
彼が捨てたジェダイの側にその「求めていたモノ」は有ったという
皮肉な結末で終わる。ジェダイ側の一抹の希望と共に。

そうしてみると説教臭い俺が言うのも何だけど(笑)
愛と欲望に忠実な物質文明の権化ともいうべき現代人には説教臭い。
アメリカ人は自己批判的なのを「深い」と感じる向きがあるから
ハリウッド映画としてはありがちではあるけど。

ジェダイのモデルは日本の武士だとのことだが
「武士道」なんてのは
平和な時代の支配階級の規律維持のため方便
あるいは欧米人から見た勘違いに過ぎないのであって
あまり深い思想性は無い気がする。それは宗教から借りてきてるようなもの。
 だからまぁこの映画の中でジェダイは寺院を本拠地にしていて
まるで中国の少林寺の坊主みたいな描かれ方をしてるのは
あながち的外れではないのかもしれない。
ガイジンから見たニッポンは意外に鋭い、という見本かも知れない。

なんてややこしいことも考えながらも
ライトセーバーのチャンバラとかを楽しみつつ3回見て
あとは「DVDが出たら6作品通して見よう!」で映画館を出た。

新宿なので東京麺通団で朝昼夜飯兼用で済ます。映画3本分飲まず食わずだったからね。
-----

Story
ジョージ・ルーカス監督、リーアム・ニーソン主演の、旧3部作から16年の時を経て製作された“スター・ウォーズ”サーガの第1話で、後に続く物語の序章的作品。希望に満ちたアナキンが、若きジェダイ=オビ・ワンと出...(詳細こちら

Story
大ヒットSFアクションシリーズの最新作。前作『〜1』から10年後を舞台に、19歳になったアナキンがアミダラに再会し、2人は恋に落ちるが…。シリーズ初、ロマンスも描きながらこれまで謎に包まれていた「クローン戦争...(詳細こちら



で、今回の1ピースが入って


Story
ジェダイの騎士が滅亡して久しい時代、銀河系は帝国による圧政下にあった。そんな中、小さな反乱軍が、帝国が誇る最終兵器=要塞デス・スターの極秘設計図を盗み出し、必死に抵抗する。銀河皇帝が最も信頼をおくダー...(詳細こちら

Story
反乱軍にとって暗黒の時代が訪れた。氷の惑星ホスに構えた基地が壊滅的な攻撃を受けて以降、帝国の容赦ない追撃により、反乱軍は今や散り散りの状態となっていた。ルーク・スカイウォーカーは伝説のジェダイ・マスタ...(詳細こちら

Story
壮大なる“スター・ウォーズ・サーガ”の最終章の幕開けである。ルーク・スカイウォーカーとレイア姫は、銀河系一の大悪党ジャバ・ザ・ハットの宮殿に潜入し、ハン・ソロを救出するため惑星タトゥイーンへと向かう。...(詳細こちら



最初に制作・公開された3部作の方が明るい感じがする。
まぁハッピーエンドに向かっていくのだから当然だけど
ハン・ソロ(ハリソンフォード)が大きいだろうね。

最初は9部作だって言ってたのに6部になったけど
まぁこれ以上引っ張ってもなぁ、ってところなので上出来じゃないかな。
スターウォーズ・サーガ。俺は好きな作品です。


ruminn_master at 2005年07月19日 22:56 【映】ようやくスターウォーズコメント(0)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加
映画のハナシ 

2005年01月03日

【旅】冬景色の中尊寺・最上川・山寺・上杉神社 鳴子温泉・湯野浜温泉と羽黒山初詣 4

(パンフが出て来たので後日に旅の記録。2009/2/2)

クラブツーリズム。2泊3日。正月旅行なので少々高めの1人5万チョイ。

サブタイトルには

往復新幹線グリーン車利用!2泊とも名湯7食付き!

とある。

【1日目】
・東京駅→(Maxやまびこ)→仙台駅
・中尊寺参拝・金堂見学
<宿>鳴子温泉 ねまりこの宿 ますや(和室)

【2日目】
・最上川舟下り
・羽黒山三神合祭殿参拝
<宿>湯野浜温泉 ホテル海山

【3日目】
・山寺 立石寺
・上杉神社
・福島駅→(Maxやまびこ)→東京駅

中尊寺は雪が残っていた程度だったが、羽黒山では結構吹雪いていた記憶。

この年はこの旅行から帰ってから年賀状を出したのだけど、その賀状の写真に羽黒山の烏の像(神社の狛犬みたいなもんか)を使った記憶がある。

宿、ますやは結構良かったけど海山は微妙に節約ムードで廊下の電気をトビトビに外してあったりしたのでこっちも微妙な空気になった。

たしか日没の夕焼けが美しくてみんなで窓から写真を撮ったりしたんだが、窓が汚れててね(笑)。開く窓は廊下にしか無かったのでそこまで走って撮りにいったのを覚えている。

結構行程がスムーズに進んで予定表の外ではあったけど湯殿山にも参詣出来たのが良かった。

ruminn_master at 2005年01月03日 07:36 【旅】冬景色の中尊寺・最上川・山寺・上杉神社 鳴子温泉・湯野浜温泉と羽黒山初詣コメント(0)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加
旅(東北〜羽越地方) | 雑な記録や想い出

2005年01月02日

【知】お江戸の一目上がりバスツアー 3

正月早々のはとバスツアーである。

「落語家が御案内〜江戸開府400年〜お江戸開運巡り・一目上がりコース」

 えてして住んでる処ってのは観光しない。
大阪にいる間に通天閣に登った記憶は子供の頃だけだ。
(ラジオ『ぬかるみの世界』通天閣大パニックの参加者だけど
 その時も入場料が勿体なくて登らなかった)
東京に来て未だに東京タワーには登ってない。
 ただ東京観光には、はとバスが便利だ。

一目上がりというのは縁起を担いで
江戸三大祭り→江戸四宿→五色不動→六地蔵→七福神と進もうというコースだ。
 といっても全部行ける訳もなく以下の★のみを回った。
(こういうのはバスの停留場所の有無とか昼食会場の都合があるのだろう)

江戸三大祭り
1.赤坂山王祭★
2.神田明神神田祭
3.富岡八幡宮本祭
江戸四宿
1.品川★
2.新宿
3.板橋
4.千住
五色不動
1.目黒不動(目黒区瀧泉寺)
2.目白不動(豊島区金乗院)
3.目青不動(世田谷区教学院)
4.目黄不動(台東区永久寺&江戸川区最勝寺)
5.目赤不動(文京区南谷寺)★
江戸六地蔵
1.品川寺(東海道口・品川区)
2.太宗寺(甲州街道口・新宿区)
3.真性寺(中山道口・豊島区)★
4.東禅寺(奥州街道口・台東区)
5.霊厳寺(水戸街道口・江東区)
6.永代寺(千葉街道口〜消滅〜)
<七福神〜その中の最古参と言われる谷中七福神〜>
1.弁財天(上野公園内・不忍池弁天堂)★
2.大黒天(上野公園内・護国院)
3.毘沙門天(谷中天王寺)
4.寿老人(谷中長安寺)
5.布袋様(西日暮里修性院)
6.恵比寿様(西日暮里青雲寺)
7.福禄寿(田端東覚寺)

ツアーじゃなくて自力で回る人も多いようで検索先も盛り沢山である。

 そもそも「一目上がり」は江戸落語のネタだ。
(出典:落語特選 下 (ちくま文庫))
古典落語ネタ帳
--------------------------------------------------------

「ご隠居さん、あそこの床の間に掛かっている掛物。ありゃ一体なんです?」
「あれは画は探幽、芭蕉翁の讃だ。雪折笹と言ってな、ほれ、上に『しなわるるだけは堪えよ雪の竹』と書いてあるだろ。竹を倒している雪は溶けてしまえば跡形もなくなってしまって、倒された竹は元の通りになる。してみれば、ものは堪忍が肝心だという意味が表されているんだ」
「へぇ、こいつは素晴らしいな。日光の日暮らしの門だ」
「なんだい、それは?」
「ほめたんで」
「だからお前はバカだと言われるんだよ。そんな誉め方があるかい。こういう場合は、いい讃だと言うもんだよ。そうすりゃ、お前も少しは見直されるよ」

 これを聞いた熊八、いいことを聞いたと、町内の易者の先生のところに行きます。

「ごめんよ。先生のところの掛軸を見に来たんですが……。そこの掛軸、なんて書いてあるんです」
「これか。これは『仁に遠きものは道に疎し、苦しまざる者は知に于し』と書いてある。遠仁者疎道、不苦者于知と書いて、棒読みすると『おにはそとふくはうち』となる滑稽なものだ」
「はぁ、こいつは結構な讃ですな」
「讃じゃない。これは連詩と言って、詩だな」
「四? 三じゃないんですか」
「詩だね」

「なんだい、隠居は三だというし、易者の先生は四だという。あ、先生、こんちは。先生の所の掛軸みせてもらえませんか」
「ほう。お前さんが掛軸を見るとは。これは『仏は法を売り、祖師は仏を売り、末世の僧は経を売る。汝五尺の身体を売って、一切衆生の煩悩を安んず』と書いてあって、一休禅師の悟だよ」
「五? 四じゃない? 失礼いたしやした」

「おいおい、今度は五だって。三だと言えば四、四だと言えば五。一つずつ上がっていきやがる。するってぇと一つずつあがっていけばいいんだな。おう、半公、お前のところの掛軸見せてくれ」
「いいけど、お前、掛軸なんて分かるのかい?」
「分かるのかいとはご挨拶だな。こう見えても、俺は掛軸の誉め方についちゃ日本一だよ。いいから見せろって。お、今度は絵だけだな。これなら得意だ。なんか変な人間が集まっているな。誰だい、このやたらと頭の長い奴は。福禄神? 子供の時に寝かし付け方が悪かったんだな。可哀想に。こっちのやたらと太っているのは? 布袋和尚っていうのかい。へぇ。こいつはいい六だ」
「なに言ってんだい。これは七福神だよ」


ruminn_master at 2005年01月02日 20:30 【知】お江戸の一目上がりバスツアーコメント(0)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加
旅(関東・甲信) | とりわけ落語
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん