2005年11月19日

【食】白トリュフの旬を味わう 5

ここ数年、イタリアンというとアルポルト
片岡シェフの人柄もあるし、何より「美味い」。

世評としては賛否勿論あるのだろうけど、個人的にはいつも満足して帰ってる。

今回もかなり飲んだので記憶は怪しいが


前菜(3種盛り合わせ)
 ナスのバルサミコ味の、鯵の南蛮漬みたいなの、アグー豚のカナッペ
2皿目
 毛蟹とアボガドのセルクル仕立て
3皿目
 ニンジンのピューレにコンソメゼリー、ウニ乗せ
4皿目
 手長海老のロースト
・・・
・魚料理か何か、まだ何か出たはずだけど・・・
・・・
・・・
・肉料理も何か、、何か有ったぞ・・・
・・・
パスタその1(トマトソース)
パスタその2(クリームソース)+白トリュフTopping
・・・
・まだ何か有ったぞ・・・
・・・
デザートはティラミス、で、珈琲。


海老の火加減が絶品だし、コンソメゼリーは比べようもなく美味。
毎年のようにこの旬の11月には食べるけど
白トリュフは今年のが一番強烈で美味しかった。
熟成したチーズのような味と香り。
それを活かす絶妙のクリームソース。

かなり満足できた。

4人で行って「おまかせ」コース。
一人当たり1万8千円程度の組み立てだったようだ。
シャンパン、白ワイン、赤ワイン(×2)、ビール(×4)
お土産に塩とバルサミコ買って帰って15万少々。
「料理の値段をワインが超えない」が自分のルールで
それは伝わってるので赤ワインで1万8千円レベル。

御馳走だったぁ。
---

リストランテ「アルポルト」片岡護の南イタリア食べ歩きレシピ―ローマからシチリアを旅して
片岡護のお手軽極うまイタリア丼
イタリア料理の基本
イタリア料理の基本〈2〉
「アルポルト」片岡護のパスタ・スペシャリテ60
和の素材でイタリアン
シェフとマンマでイタリア料理―レストランの味わい、家庭料理の温かさ
片岡護のイタリアンデザート ドルチェ
「アルポルト」片岡護のアンティパスト・スペシャリテ
片岡護のデイリー・パスタ―リストランテ・アルポルトへようこそ
アーリオオーリオのつくり方―明日も食べたいパスタ読本
「アルポルト」片岡護の家庭で簡単!本格イタリアン―身近な食材で作る!シェフ秘伝の「コツ」伝授!
パスタ歳時記―独創の90品に秘められた料理のこころ
もっと気軽にイタリア料理をめしあがれ
新 達人シェフの5色の野菜料理


ruminn_master at 2005年11月19日 23:50 【食】白トリュフの旬を味わうコメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加


食べ物と料理のハナシ | 洋食・フレンチ・イタリアンあれこれ

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
記事検索
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん