2005年11月27日

【思】綺麗と上手いと強いの違い 3

e6abd4f7.jpg(ロシア杯で2位になった安藤美姫のフリーの演技=鈴木竜三撮影
on下記引用の記事より)

好きでやってるのが一番だね。

「『才能がある』ってのは楽しんで努力できる奴のことだ」
ってのはウチの師匠のセリフ。

努力と思うかどうかはともかくも、
技術の習得や向上ってのはどんなことでも楽じゃない。


よく昔から学生に武術を教える時に
「ウマイのとキレイのと強いのは別だけどな」
「でもって、強い奴とアブナイ奴も別な(笑)」
なんて言ってきた。

目指すモノが違えば結果も違うし、やるべきトレーニングも変わってくる。

武術だと
「技が掛かる」「技が極まる」ってこととか
その術技の理合い(合理性)に則った動作が出来れば「上手い」のだろうか。
見た目がキレイってのは
初心者に教えるのには便利だし演武会では喝采を浴びるだろう。
でも結局のところ
武術は幾ら言い繕ってみても「勝てばいい」って殺人技術が本質。
「強い」のが一番である。
ただ
「アブナイ」奴は捨て身で結構強いので舐めちゃイケナイ。
いくら武術だ何だと言ってみたところで
ヤクザ屋さんやキチガイ、単細胞といった「アブナイ」奴の方が普通は強い。
だから、それ以上に「強くなる」のは簡単なことではない。
武術は冷静な実力として積み上げるべきであって、
熱くなって「アブナイ」奴になれるなら、そうなって勝てるなら
武術なんてやらなくていい。純粋な暴力はかなり強いもんだ。
「バカやキチガイには武術教えるな」とはウチの師匠の弁。

武術は暴力と違ってプロとしての勝負事の世界だと思う。
「勝負事は熱くなった奴が負け、冷静な奴が勝つ」
よく言われることだよね。
 判ってるからって出来る訳じゃないけど(笑)。
・・・

なんてことを久々に考えたのは全然違う分野の記事から。
フィギュア・スケートのミキティ
この娘で気に入らないのは巨人ファンってとこだけだ(笑)。
頑張ってる奴は好き。
楽しそうにやってるしね。
---------------------------------------------
フィギュア・ロシア杯、安藤2位・恩田3位
 
 【サンクトペテルブルク(ロシア)=竹内誠一郎】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯第2日は26日、サンクトペテルブルクで女子のフリーが行われ、ショートプログラム(SP)で2位につけていた安藤美姫(愛知・中京大中京高)は、ほぼミスのない演技でフリーも2位となり、172・30点で最終順位2位とした。

 SP3位の恩田美栄(東海学園大職)は142・40点で3位。昨季の世界女王イリーナ・スルツカヤ(ロシア)が、198・06点で、第3戦中国杯に続く今季GP2連勝とした。

 ◆うまさより強さ増す◆

 大きなミスはなかったが、得点は伸びなかった。安藤は「スピードが足りない。それが気になり、振り付け、表現も足りなくなった」とし、自己採点は「73点」。17歳は驚くほど冷静に演技を自己分析した。

 4回転ジャンプは封印。リスクのある大技よりも、スピンなどの難度向上と滑り込みで確実に得点獲得を狙うという、コーチのキャロル・ヘイス・ジェンキンスの方針だった。

 コーチは、五輪金メダリスト、世界選手権5連覇のほかに肩書はもう一つ、女子で初のダブルアクセル(2回転半)成功者。当時は「先駆者を目指した訳でなく、ほかの選手がやらないことをやれば、金メダルと銀メダルを分けると考えた」。安藤はコーチを「やさしいけど勝負師」と呼ぶ。

 コーチの影響だろうし、五輪シーズンへの決意だろう。安藤は「うまい選手より強い選手になりたい」という。強い選手とは「とにかく自分に自信を持っている人」。その自信を持つために、ビデオで自分の演技を毎日研究するなどして練習を積んできた。

 大差をつけられたスルツカヤについて、「スピードの差。スピードがついて無欲で曲を聞いて滑れば、勝てる」。安藤はこの2か月でたくましく、強くなっていた。(竹内誠一郎)
(読売新聞) - 11月26日23時56分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051126-00000514-yom-spo
---------------------------------------------


「強さは自信」って等式は賛成ですな。
自信と自尊心で自尊心ばかりが強い奴はいずれ自己崩壊する。
世の中の不幸は
無駄なプライドが意地や見栄となって選択を誤らせることで
始まったり大きくなっていると思う。
信じる相手を間違える、こればかりは救いようがない。

ミキティはいいコーチを見つけた感じだね。

---------------------------------------------
美姫、SP自己ベストの2位!好発進に笑顔

2005年11月26日(土) 8時2分 サンケイスポーツ

 フィギュアスケートGPシリーズ第5戦・ロシア杯第1日(25日、ロシア・サンクトペテルブルク)来年2月のトリノ冬季五輪代表選考にポイントで大きな影響のあるグランプリ(GP)シリーズ第5戦、女子ショートプログラム(SP)で今季初戦となる全日本女王の安藤美姫(17)=中京大中京高=は自己ベストの60.76点をマークして2位、好発進した。02年ソルトレークシティー五輪代表の恩田美栄(22)=東海学園大職=は3位。世界女王イリーナ・スルツカヤ(26)=ロシア=が67.58点で1位だった。アイスダンス規定で都築奈加子、宮本賢二組(京都アクアリーナ)は最下位の11位と出遅れた。

 開幕から気合がほとばしる。世界の女子でただ1人、4回転ジャンプを跳べる安藤が、いきなり魅せた。

 自らデザインした水色のコスチューム。映画「戦場のメリークリスマス」の楽曲に乗って3種類のジャンプをミスなくこなし、2度のビールマンスピンを積極的に繰り出した。3回転−3回転の連続ジャンプを決めて高得点を叩き出し、今春の世界選手権の59.30点を上回るSP自己ベストに、笑顔が弾けた。

 「楽しく滑れた。自分で得点をつけるなら93点。すごくうれしい」。マイナス5点はステップでつまずきそうになったから。残る2点は最後のスピンでちょっとグラついたと、ハイレベルな内容を振り返った。

 トリノ五輪代表3枠を争うライバルたちが次々に今季GPに出場する中、GPシリーズ第5戦の今大会が、安藤にとって待ちに待った今季初の公式戦。応援に駆けつけた母・明美さん(40)と「楽しく滑ろう」と、リンクへ向かった。フリー(26日)では「マイ・ファニー・バレンタイン」の楽曲で滑る。4回転は封印するものの、「バレンタインの時の女の子の雰囲気を作りたい」。大人の演技で女王スルツカヤを脅かす
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20051126&a=20051126-00000014-sanspo-spo
---------------------------------------------


好きで楽しそうにやってるって言えば一週間ほど前の浅田真央。

---------------------------------------------
15歳真央が新女王/フィギュア

2005年11月21日(月) 9時52分 日刊スポーツ

<フィギュアスケート:グランプリシリーズ第4戦フランス杯>◇2日目◇19日◇パリ・ベルシー競技場
 今季GPデビューした15歳の浅田真央(グランプリ東海ク)が、2戦目で初優勝を飾った。大技トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めるなど、難度の高いジャンプで魅了し、ショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位になった。合計182・42点で、日本人女子4人目のGP優勝を飾った。SP3位の荒川静香(23)は3位に終わった。男子はジェフリー・バトル(カナダ)が合計215・48点で優勝した。
 まだあどけない15歳の少女が、表彰台の真ん中に立った。浅田は一番高く掲げられた日の丸をじっと見つめた。フィギュアスケートとしてこの会場で16年ぶりに流れる君が代に聞き入った。「びっくりしました。優勝できるとは思わなかったです」。樋口コーチには「真央ってそんなにすごいのかなぁ」と思わず尋ねた。GP2戦目での優勝。すべてが夢見心地だった。
 世界でも数人しかできないトリプルアクセルを、最初に決めた。くしくも89年世界選手権で、伊藤みどりが女子で初めて成功させ、アジア人初優勝を飾ったのと同じ会場。伊藤と同じ山田満知子コーチに師事する浅田はパリ入り後に知り、胸を躍らせた。お下がりの衣装を何度も着るあこがれの先輩との縁に「運が良いかなと思ってました」。16年の時を越えた。
 幼少時代からジャンプが大好きだった。前所属クラブで一緒だった安藤美姫とはペアで練習し、3歳年上と対等に競った。ジャンプ練習の合間も常に、その場で跳びはねてクルクル回っていた。「一番ジャンプにこだわっている」と言う通り、得点係数が上がる後半には、世界でも例のない3度の連続ジャンプに挑んだ。蓄積された疲労との戦いに、凱旋(がいせん)門272段の階段を軽やかに走り上がった体力で勝った。最後のスピンで手をついたのは愛嬌(あいきょう)。大喝采を浴びた。
 世界を驚かせたこの2週間。上位6人のGPファイナル(12月、東京)出場も決まった。次の目標は「トリプルアクセルを2回入れる。1つは3回転との連続ジャンプ」。伊藤みどりもできなかった偉業を達成し、世界をさらに驚かせてみせる。【今村健人】
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20051121&a=20051121-00000040-nks-spo
---------------------------------------------

年齢制限とか大人の事情で五輪は難しそうだけど
まぁ明るいから腐らずに次に向けて頑張れるでしょう。

スポーツに限らず女の子の方が元気なのは時代だね。

ところでフィギュア・スケートを見てて
何でみんな3回転だ2回転半だ4回転だって判るのか不思議で
常々そんな目を養いたいと思っていた。
そんでもって今回記事を見てウロウロしてて解説してる頁があった。
勉強しよ。
フィギュアスケートのジャンプを見分けよう
---



フィギュアスケートへの招待


フィギュアスケートへの招待
オール・アバウトフィギュアスケート―氷上の美しき戦い、全て見せます!
日本女子フィギュアスケートオフィシャル応援ブック2006
日本女子フィギュアスケートオフィシャル応援ブック―最も強く最も美しいスケーターたちの競演
little wings―新世代の女子フィギュアスケーター8人の素顔
魂まで奪われた少女たち―女子体操とフィギュアスケートの真実


ruminn_master at 2005年11月27日 00:49 【思】綺麗と上手いと強いの違いコメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加


思索・雑感・主張 | 武術のハナシ

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん