2006年01月07日

【雑】SNSの「バトン廻し」とか 1

どうもね、、、
昨今の無責任体質の低刺激性動物的若者文化に批判的なオジサンとしては
こういうの嫌いなんだけどね。
まぁ逃げるのは嫌いなので自分なりの考えを述べた上で。

ここはMixiなどSNSに無関係な人も読んでるので説明いたしますと
(既に批判的ですが(笑))

特に話題にする程の日常も無く
人に深入りするのもされるのも嫌いで
安全な距離感で無難に「暇つぶし」したい
儚い感覚でも「連帯感」を味わいたいという
現代若者的ネット文化の一種で
特定の質問事項にお互いに答えて行って適当にコメントして
でもって周囲に拡げて「みんなで恥部を共有」みたいなのがバトン。

似たようなのにはコミュニティ(掲示板)でのシリトリだとか
「今日食べたものを報告するスレ」とか。

どうもオジサンとしては
ネットの匿名性に胡座かいてるような文化は馴染めない。
それは人間の家畜化に繋がる世界に思える。

そういうのには抵抗して生きていたいんよね。

希薄で無内容なコミュニケーションで連帯感を確かめ合うのは人間のサル化だと
以前にとある本の書評で書いたというか、そういう意見に賛同した。

ネット上では無内容なコミュニケーションの方が好まれるというのは
i-modeなどの携帯メールの普及が若年層に著しい日本のネット文化の特徴らしい。

人間は本能から自由である。
だけど動物であることは忘れてはいけない気がする。
とはいえ
無自覚にサルに堕することは避けるべきだと思う。
選択するのは自由だけど自分とは対極の生き方だろうなぁ。

廻ってきたのは「自分バトン」。
---------------------------------------------
1.好きなパーツはどこ?
 拳と肘と指。
 武器にもなれば治療具にもなる万能ツールです。
 指は昔からマニキュアが似合うと言われる(笑)
2.自分の性格で好きなところは?
 前向きなところ。プラス思考。
 考えながらもとりあえず動けるところ。
3.ちょっと変わってるとこは?
 陽気なワリには攻撃的。
 直感的なクセに理屈っぽい。
4.自分を何かに例えるなら?
 大型肉食獣。
 見た目で熊だと言われるけどネコ科だと思う。
5.自分が異性だったら,好きになりますか?
 こういう理屈っぽい奴は嫌い。
 女は素直で無邪気で健気な奴がいい。
6.変えたいところは?
 あまりに何でも手を拡げすぎて収拾がつかなくなる欲張り性。
 体重は現役大学生時代に戻したい。。。
7.最近の褒めてあげたい自分は?
 上記↑6を反省する心を失っていないところ。
8.自分のこと好きですか?
 はい。
 嫌っても死ぬまで逃げようもないので。
9.バトンを回す5人は?
 回しません。
 「不幸の手紙」と一緒だからここで供養します。
---------------------------------------------

こういうハナシで
2時間どころか一晩中
「ああだこうだ」と語り合っていたのが
一昔前の青春群像だという気がします。
そういうの大好きでした。

「お前が天下国家気にしたって何にも変わらんわ!」
ってツッコミがお互いに入りつつも
夜中の飲み屋で天下国家を憂えてる大学生なんて
昔はとくに熱心な右翼・左翼でなくてもアチコチに居たように思います。

人生論も然り。

この手の話題は好きですが、ハナシがアッサリしてるのが気に入らないんよね。
「だからなんなんだ?」みたいなところが。

身近な人とじっくり突っ込んだハナシをするのは吝かではありませんが。

個人的には内容が無くてそこからハナシが深く進まないようなコミュニケーションは全て嫌い。

だから
「単にお客と店の間柄」とか
「単なるファンとタレント」とかも嫌い。
人間的にコミュニケーションが取れないのなら、
話が先に進まないのなら、
時間の無駄だと思っています。

そこから先の人生で仲良くもなれない人間に時間や金を浪費する気にはなれません。

幸せを求めることと不幸を紛らわせることは違う。
前進すれば壁にぶつかるのも当然。
人生ドロドロしてナンボ。

「青臭く生きる」のが身上です。←もはや天然記念物ですが(笑)。
--
「ケータイ・ネット人間」の精神分析
12歳からのマナー集―インターネット・ケータイ・電車内マナーから「なぜ殺してはいけないのか」まで
ネット&ケータイ人類白書―「多感階級」の誕生
ケータイ・ネットを駆使する子ども、不安な大人―肥大化するインターネット。コミュニケーション装置としての功罪


ruminn_master at 2006年01月07日 23:32 【雑】SNSの「バトン廻し」とかコメント(3)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加


思索・雑感・主張 | ネット・サーフィン

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by BlogPetのサンダー   2006年01月13日 13:20
批判的をナンボしなかった?


2. Posted by 静かな雨   2006年01月31日 01:37
私もmixiやってます。
希薄なコミュニケーションだと、分かっているんですが、それでも誰かとつながってなきゃ不安になる。。人の心ってめんどうですね。
自分のとこにだけバトンが回ってこなかったりすると凹みます(苦笑
3. Posted by るみん   2006年01月31日 13:03
はじめまして。コメント有り難う御座います。

Mixiには「希薄な繋がり故の気楽さ」が有るのだけれど、それだけに「繋がりの濃淡」に悩み始めると「あの人と私とどちらがこの人と『濃い(近い)』のだろう」などと思ってしまいますね。

悪気が無くとも知り合いや友人の間に序列や分類を付けてしまう面が「バトン廻し」には有るから、イジメに近い表情も有る。

Mixi自体が「トモダチごっこ」ゲームだと割り切れればいいのかも知れません。

http://ruminn.livedoor.biz/archives/50220281.html
http://ruminn.livedoor.biz/archives/50254959.html

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん