2006年02月03日

【食】節分の巻寿司丸かぶり 4

節分には新年の歳徳神様(cf.)の居る恵方に向かって太巻寿司を丸かぶりするもんだ。
一本丸ごと家族揃って同じ方向を見詰めて正座して。
その間、新年の無病息災を念じつつ、一言も喋ってはいけない。

今では恵方巻として全国区になりつつ有るようだが
元来が大阪商家の風習で「御上」の意向ではないし
大阪人はカッコイイことは嘘っぽいと感じるので
元々は統一的な呼び名など有る訳もない。
節分の寿司の丸かぶり。太巻き。

世間ではバレンタインの不二家ハートチョコレート並みに
「1977年海苔屋の陰謀説」がポピュラーなようだけど
大阪島之内の古い料理屋(慶応3年創業)の我が家では先祖代々の風習で
ガキの頃に年寄りに直接ハナシを聞いた範囲でも
バァチャンの子供の頃から有ったので100年分は歴史がある。
大正や昭和に始まりを求めるのは間違っていると断言できる。

とはいえ海苔巻寿司の登場自体が江戸中盤以降だから
京都の古来伝統の節分行事とは一線を画することもたしかだ。

まぁ本来は寿司屋などで買ってくるようなものでなく
太巻きは家庭料理、丸かぶりは家庭の行事なので、
恵方巻」として全国的な商売になったという意味では新しいのだが、
ビジネスにしたことを目の敵にすべき時代じゃなかろう。
エビスビールまで便乗して宣伝している(笑)。

むしろ核家族化の時代では有り難い風潮に思える。
東京に居て「それらしき」太巻きを入手できるのだから。

セブンイレブンでまで売ってるのはいいけれど後述するように具材が伝統からは外れてる。

---------------------------------------------
元祖争いは岡山や和歌山、滋賀なども名乗りを上げてるようだ。
2月3日の節分は旧暦で言えば大晦日、
年越しでバタバタしてるときならば
炊事の手間を省くための寿司の用意は合理的である。
それ自体は日本各地に有りそうだ。

それを地方出身の奉公人が大阪に持ち込んだ可能性も有り得るハナシだが
大阪商人の年越し行事として
大阪の古い家、谷崎潤一郎の「細雪」の世界の家なら
100年は超える継続性を持つ。

少なくとも今のスタイルに固まったのはと考えると
大阪船場起源説に分があるように思われる。

大阪人は「太閤さん」=秀吉が大好きなので
秀吉の家臣、堀尾帯刀先生吉晴が出陣前に巻き寿司食って大勝ちしたのにあやかろうと
昔の船場の旦那衆が縁起担ぎに振る舞うなど有り得るハナシだ。

大阪起源説にもバリエーションがあるようで
大阪の海苔屋さん河幸海苔店のHPに大学の先生が整理した4説が載っていた。
---------------------------------------------
)詼から明治時代初頭に、大阪・船場で商売繁盛、無病息災、家内円満を願ったのが始まり。
∩ゾ譴粒抗僂能性が階段の中段に立って丸かじりして願い事をしたらなったという故事にちなむ。
節分の頃は新しい香の物が漬かる時期で、江戸時代中期、香の物入りの巻き寿司を切らずに丸のまま恵方を向いて食べ、縁起をかついだ。
ちゾ譴涼尭畚阿寮疂の日の艶っぽい遊びが発端。
と風習を研究する新見公立短大(岡山市新見市)岩崎竹彦助教授による調査によると、大きく4つの説がある。
 そして、太平洋戦争前の「物証」が大阪歴史博物館に保管されてるそうです。そのチラシは昭和7年に大阪鮓商組合(現在も存続してます)が発行されたもので、この度朝日新聞16年1月16日の夕刊に紹介されました。
http://www.kawako.co.jp/news.html
---------------------------------------------

この4つは排他的な理由ではないような気がするがどうだろうか。
秀吉家臣説→3→2→4→1であっても不自然さは無い。

---------------------------------------------
由来についてもいろいろ有るが、それよりも現在の問題は具材だ。

東京で太巻きを買うと中の具材にキュウリが使われているのが多い。
穴キュウからの発想なのか全国展開への戦略か、
キュウリにもそれなりの理由が付いてはいる
大阪人としては
(個人的にキュウリが嫌いなのも有るけれど)
古い風習に倣うならば三つ葉でなければダメだと思う。

玉子焼、高野豆腐、椎茸、干瓢、三つ葉、寿司飯、焼海苔で七福神。
椎茸や干瓢が白身魚のでんぶになったり、胡麻が入ったり
家々によって多少のバリエーションは有るけれど
関西料理としては三つ葉は外せないように思う。

東京で茶碗蒸しや親子丼を食べてガッカリすることが多い。
三つ葉が乗ってないのだ。
個人的には深川丼ですらネギでなくて三つ葉の店を探して入る。

太巻きの作り方は親から習ってはいるが
男の独り暮らしで自作自食はやっぱり哀しいので
最近では全国区なのを幸いに出来合いの売り物で済ますことが多い。

しかしここで毎年デパートの売り場を探し回るハメになる。

「これはキュウリと三つ葉とどっち?」

キュウリと答えた店は軽く説教して(笑)切り捨て
三つ葉を使った「本式の」太巻を探す。

今日は池袋の東武と西武の地下を回って8軒目でようやく見つけた。
そういえばここは前から三つ葉だよなぁ、の日乃出寿司
銀座歌舞伎座の向かいに有る大阪寿司の店だ。
恵方巻
大阪寿司は江戸のにぎり寿司と異なり
魚が主役なのではなく、発想が「米を旨く食べるため」である。
大坂は「天下の台所」、米が集まる土地柄だからだろうか。
鯖鮨、押し鮨、ばら寿司。
酢飯の巧拙が出来を分ける。

それに対して具材はシンプルだ。
節分の太巻きに鰻を入れるのは甚だ疑問である。
鰻料理屋だったウチがやってないのだから(笑)。

そもそも節分の太巻きは
主人や家族のみならず
普段は粗食の奉公人も含めて
商家で上から下まで全員が揃って食べる縁起物。
具材に贅沢品など使う訳もない。

だけど「とっても美味しい」。
関西文化の華、ダシの利いた食材揃いである。
玉子焼、高野豆腐、椎茸、干瓢、三つ葉、寿司飯、焼海苔。

昔は新年を迎えるに当たって新しい服を準備した。
奉公人に支給するお仕着せも新しくする唯一の機会だ。
枕元に新年になると袖を通せる新しい服を畳んで床に就く。
そういう気持ちの改まる夜である。

商売は人が宝である。
無病息災こそが商売繁盛、家内安全の源だ。
そういう晩に上から下まで揃って食べるのが節分の太巻寿司。
けっして浅はかな文化などではない。

歴とした祈りの儀式では無かろうか。
--
しきたりがズバリ!わかる本―一年365日楽しめる話のネタ本 昔むかし、節分と鬼は無縁だった
日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心
日本を楽しむ年中行事
おりおりに和暦のあるくらし
年中行事覚書
暦帖二〇〇六 ー日本を知る、四季を楽しむ、旬を味わう
「まつり」の食文化
鮓・鮨・すし―すしの事典
なにわ大阪の伝統野菜


ruminn_master at 2006年02月03日 21:07 【食】節分の巻寿司丸かぶりコメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加


食べ物と料理のハナシ | 思索・雑感・主張

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん