2006年08月01日

【食】こぶうどん 3

ここ東京はモチロンあまり大阪以外で見かけないメニューに「こぶうどん」がある。

要は関西風のうどんにトロロ昆布か少し贅沢におぼろ昆布を乗せただけである。
こぶうどん

これも先日北海道で買って帰ってきた品。

昆布館の手漉きの太白おぼろ昆布

北前船が北海道から運んだ昆布を福井県敦賀に水揚げして大阪に運んだが故の大阪昆布文化。

その通り道の特産品の昆布加工品。
要は昆布を束ねて押し固めてカンナで縦に削った工芸品である。

そして関西人にとっては嗜好品かもね。

この「こぶうどん」。
薄味の昆布の風味を楽しむためには関西風のウドン出汁でなきゃならない。
色だって薄くなきゃいけない。

そして今日試してみて自覚したこと。

麺はコシの無い方がいい感じ。

家にあった讃岐うどんの乾麺で作ったのだけれど、どうもおぼろ昆布の柔らかな食感と上手く溶け合ってくれない感じ。

ワリと高めの手漉きおぼろ昆布を使ったから出汁の中でフゥワリと溶けていく感じで、余計にそんな感覚を持ったのかも知れない。

でもまぁ、ここはやっぱり大阪風の柔らかいウドン玉がいいね。
---
敦賀伝統の技法 手すきおぼろ 35g
おぼろ昆布45g
古き良き大阪のこだわりを詰め込んだ塩昆布 味の宝石箱超特選いその松詰め合わせ
礼文島産 とろろ昆布
「おぼろ&とろろ昆布削りたて」丸ごとセット


ruminn_master at 2006年08月01日 12:43 【食】こぶうどんコメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加


食べ物と料理のハナシ | うどん・蕎麦あれこれ

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん