2006年07月22日

【食】船上の和懐石 4

といっても
昼間と同じグリルスペースで提供される和食のミニコース。

レストランの方がバイキング形式なので
落ち着いて食べようとなるとこれしか無いのだが
昼間がフレンチだったのでちょうどいい感じ。

『涼風(りょうふう)』 (4,800円)

・食前酒 : 食前酒
何だか判らないポートワインみたいな奴。
01食前酒

・前 菜 : 北海道産鹿肉のみそ焼き、蛸の香草マリネ、甘鯛つみれ梅肉ソース
02前菜00
鹿肉はクセを上手く抑えて野趣と食べやすさのバランスがよかった。
02前菜01
香草マリネは印刷メニュー上はサーモンだったがこの蛸も悪くない。
02前菜02
甘鯛のつみれは上品です。
02前菜03

・造 り : 旬のお造り
ボタンエビと、何だろ?組み立てからすると甘鯛かな?
03お造り

・酢 物 : ずわい蟹酢、蛇腹胡瓜
04酢の物

・焼 物 : きんきの酒香焼き
05焼き物

・煮 物 : 赤井川産サラダポークの柔らか煮
06煮物
最近はアチコチで銘柄豚が増えてどれも色々に一工夫されてて美味しい。
この赤井川産サラダポークというのは
国産の穀物飼料とハーブのみを与えて清潔環境で育てた
臭みが無くて柔らかい肉質で有名な北海道自慢の銘柄豚。
もっとガツンと食べたいね(笑)。

・食 事 : 山菜御飯、お吸い物、香の物
07食事01
お吸い物は魚のハラス部分を使った三平汁っぽい一品。
組み立てからするとこれも甘鯛かな?
07食事02

・デザート : シャーベット
08デザート


船中食という限られた条件の中でよくまとまってて美味かった。

ワインはサッパリ目の白を頼んだら
メニュー外だったけど
リーズナブルな余市ワインの「エルムゴールド」。
88ワイン

---
極上銘柄豚―生産者がすすめる豚肉料理
豚肉を極める―おいしい豚肉づくりに賭ける
トン考―ヒトとブタをめぐる愛憎の文化史
かごしま黒豚物語
ここまで知らなきゃ 養豚農家は損する
夢牧場物語―養豚のバイブルを作ったひと笹崎龍雄の歩んだ道
豚国・おきなわ―あなたの知らない豚の世界
イギリスの豚はおいしいか?―失われたハムエッグを求めて


ruminn_master at 2006年07月22日 21:00 【食】船上の和懐石コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加


旅(北海道) | 食べ物と料理のハナシ

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん