2006年07月23日

【旅】小樽港から北海道入り

船は明け方の4時半に小樽港に着く。

この旅の前日は奥多摩の肉体労働(笑)、
それから帰ってきての旅行の準備であんまり寝てなかったので、昨夜は夕食後さっさと寝た。

おかげで久々の早起きも快適。

特A船室は各部屋にベランダが付いているので、そこから入港風景を眺める。
小樽港
あんまり天気がいいとは言えない。
それにしても
船で北海道入りするのは大昔の青函連絡船以来だし、小樽港に入るのも初めて。
小樽入港
朝っぱらから結構楽しい(笑)。
らいらっく
一夜の宿らいらっくから降りてくるとタイミングはちょうど夜明け。
小樽の夜明け


ターミナルで簡単に朝食を済ませた後、今日は長距離観光バスで大移動だ。

昼頃に車中で食べた弁当。
車中弁当

素性は知らないが北海道で食べた鮭は、
どれもこれも、
「たかが幕の内弁当」でも
結構美味かった。
鮭

気分かも知れないけどね(笑)。
---
サケを食べれば若返る―知らなかったサケ・アスタキサンチンの驚くべき効能
美味しんぼ (30)
鮭と鯨と日本人―関沢明清の生涯
鮭はダムに殺された―二風谷ダムとユーラップ川からの警鐘
服部幸応とグルメの鉄人たちが作る新サーモン料理
北海道のサケ釣り
修験がつくる民俗史―鮭をめぐる儀礼と信仰


ruminn_master at 2006年07月23日 07:25 【旅】小樽港から北海道入りコメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加


旅(北海道) | 食べ物と料理のハナシ

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん