2006年07月25日

【食】カール・レイモン「胃袋の宣教師」 4

今回の旅行で是非ともに立ち寄りたかった店。

旨いソーセージで全国的にマニアックに有名なお店。

80年程前の函館に根付いた本場ドイツのソーセージ職人の意地と技。
函館から日本中にその味を発信し、昭和の終わりに函館で死んでいった職人。
自称「胃袋の宣教師」、カール・レイモン。

そのお店が
函館の旧市街、
坂の上に巨大な偉容を示すコンクリート製の寺院、
東本願寺函館別院の海側の向かいの地に有る。

函館カール・レイモン

カールレイモン看板

ここ函館旧市街の景色の中でも
結構な雰囲気有る建物だ。
カールレイモン店外観

中に入ると2階は資料館、
レストランは止めてしまったらしいが
ホットドッグスタンドみたいな一角もあるソーセージのお店。
カールレイモン店内

いろいろ有って結構悩んだが
大して日持ちのするモノでもないから
真夏のビールに合いそうな数品を東京の自宅に送って店を出た。
2006_0727カールレイモン

---
レイモンさんのハムはボヘミアの味

日本ハム 函館カールレイモンギフト CRST-50NH
「胃袋の伝道師」直伝の味!カールレイモン 函館元町セット 上磯店
カールレイモン 函館元町(N1B-52)(0181-563)
日本ハム 函館カールレイモンギフト CRST-80
【直送】カール・レイモン函館カール・レイモンギフト
【産直・冷蔵】函館カールレイモン(CRT-3HO)

ruminn_master at 2006年07月25日 11:56 【食】カール・レイモン「胃袋の宣教師」コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加


旅(北海道) | 食べ物と料理のハナシ

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん