2006年08月15日

【酒】新宿で行きつけのShotBar 4

赤坂でよく行くBarの方はお盆休みだったようで入れなかった。

少し赤坂を彷徨したけれど、どうせ帰り道とばかりに新宿へ移動。
新宿で昔馴染みのBarへ。
かれこれ15年ぐらい、まぁときどき立ち寄るお店。

rit bar

Livedoorグルメ
ウーマンエキサイト
結構JazzSpotとしての扱いも最近されてるらしい。
jazz spot - rit bar -
rit barschedule

ritbar店舗外観

伊勢丹の裏通りを歌舞伎町の方に抜けようと歩いていくと紀伊国屋の裏手辺りに有る。
実は新宿駅から程近いので「隠れ家」的ではないんだけれど
店内はかなり薄暗くて
外のネオンと喧噪から入ってくると
しばらくは内部の様子が分からないぐらい。
1日に3回40分のピアノの生演奏が流れている。

女性客がカクテルを頼んでいるのも見かけるので
カクテルも有るのだろうけど自分は頼んだことはない。
ショット売りの酒がかなり充実していて、リーズナブル。

フード類も結構有るけれど、
大抵は満腹の仕上げに立ち寄るので
自分にとっては定番の
枝付きレーズン、チーズ盛り合わせ、ミックスナッツなことが多い。

今日も焼肉で満腹になった後だったので
最初の一杯は「強烈に個性的なバーボン」を。
1杯目バーボン
バッファロー トレース バーボン

2杯目は「アイレイで先のに負けない個性的な奴」を。
2杯目アイレイ
アイレイ カリーラ

ここで気分転換でタンカレーのNo.10を挟む。

4杯目は「ブレンデッドスコッチでいいから綺麗で、だけど香り高い奴」を。
3杯目ブレンデッドスコッチ
ジョニー ウォーカー ゴールド ラベル 18年
(隣に写ってるのは連れの飲んでたスキャパ)

仕上げは「仕上げに相応しい印象深いアイレイで」。
4杯目アイレイ
アイラミスト 17年
ラフロイグがメインになってる珍し目のブレンデッドウィスキーですな。

だいたい何処に行っても自分は
「こういうイメージ」って頼み方をするのだけど
この店は結構的確に面白い酒を出してくれる。

9時過ぎには入ったように思うが
この店には珍しく
さすがにお盆休みということか
終電過ぎには一旦誰も居なくなり
2時近くに1組入ってきたのでようやくフンギリが着いて出てこれた。

この店は明け方4時までやってる。
居心地のいい店です。
--
ケンタッキー・バーボン紀行
バーボン最新カタログ―アメリカンウイスキーの故郷・ケンタッキー現地取材による蔵元&ブランドストーリーズ
オンリー、ロンリー、バーボン―バーボンの正しい飲み方について
男はバーボン―アメリカでアメリカ人と働く
プレスリーとバーボンの故郷―ケンタッキー州/テネシー州
BARレモンハート情熱のバーボン
バーボン・ストリート・ブルース
スコッチ三昧
ブレンデッドスコッチ大全
スコッチウイスキー紀行―モルトの故郷を歩く
スコッチ・シングルモルト全書
スコッチウィスキー、その偉大なる風景
スコッチ・ウィスキー物語―ラベルに読む英国の歴史
スコッチウイスキーの歴史
スコッチ街道
スコッチへの旅
スコッチ・ウィスキー雑学ノート―今宵も「生命の水」について、ひとくさり…
ザ・ベスト・スコッチ―カタログで楽しむスコッチウイスキー讃歌
『ザ・スコッチ』バランタイン17年物語
スコッチ・ウイスキー
スコッチウイスキー紀行―モルトの故郷を歩く
スコッチ・モルト・ウィスキー
スコッチVS.サントリー―ほんもののウイスキーをもとめて
知識ゼロからのシングル・モルト&ウイスキー入門
趣味の焼酎つくり
シングルモルトを愉しむ
改訂版 モルトウィスキー大全
モルトウィスキー・コンパニオン
スピリッツ銘酒事典
シングルモルトウイスキー銘酒事典
ウイスキー銘酒事典
シングルモルト蒸溜所紀行―時をせき止める男たち
間違いだらけのウイスキー選び―サントリーは悩んで大きくなったか
佐治敬三の「不屈の経営」
ウイスキーとの対話―『サントリーオールド』とその世界
ウイスキー讃歌―いまこそ〈生命の水〉のとき
ザ・ウイスキー―琥珀色のワールド・カタログ
ウィスキー奇譚集
琥珀色の夢を見る―竹鶴政孝とニッカウヰスキー物語


ruminn_master at 2006年08月15日 02:40 【酒】新宿で行きつけのShotBarコメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加


飲み屋・居酒屋・定食屋など | 新宿〜渋谷界隈

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん