2006年09月25日

【宿】朝の勤行と精進料理 4

9月末ともなると高野山の夜に宿坊の煎餅布団では寒かった。

でもまぁ綺麗な空気のおかげなのか、
感覚的には十分に眠れた方だと思う。

朝の勤行に参加するために早起きした。

天徳院の本堂は入り口のすぐ横にある。
さほど大きくはないが、まとまりのいい厳かな空間。
天徳院本堂入り口
天徳院本堂


それが終わって朝ご飯。

天徳院朝食

左奥に写っている雁もどきがコクが有ってとっても美味しかった。
この春に恵光院で食べた朝食と較べて大差は無い。
けど恵光院の方は出汁の旨さ、天徳院の方は胡麻のコクの使い方が特徴に思う。

まぁ料理旅館じゃ無いんだけどね(笑)。
--
弘法大師・空海を読む―即身成仏義・弁顕密二教論・般若心経秘鍵・三味耶戒序
空海の般若心経


ruminn_master at 2006年09月25日 08:18 【宿】朝の勤行と精進料理コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加


旅(近畿) | 食べ物と料理のハナシ

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
記事検索
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん