2006年09月24日

【食】高野山天徳院の精進料理 4

さて天徳院での夕食。

もちろん精進料理だ。

精進料理(夜)1の膳
精進料理(夜)2の膳


この春に恵光院で戴いた料理と較べて
品数は今回の方が一品多い。
(モズクの酢の物に当たる料理が一品違う)
とはいえ内容はほぼ同じ。
目立つのは
吸い物が恵光院では山菜蕎麦、
天徳院ではトロロ昆布と結び湯葉の吸い物。

煮焚きもの。
煮焚き物
これは恵光院の方が細工物も入って美味しかったかな。

蕎麦と炊き合わせの細工分が天徳院のモズク一品だと考えると内容的なバランスは変わらないね。

胡麻豆腐。
ゴマ豆腐

これはこの天徳院の方がコクが強めで個人的には好き。

まぁ胡麻豆腐そのものとして
天台宗永平寺のは皮まで使う黒っぽいものだが、
真言宗高野山のは白胡麻を使った色白で淡泊なのが特徴。

元々は何か考え方が違うのかも知れないけれど
門外漢にとってそこらへんは好みの問題か。

永平寺の方が少し食べるには美味いと思う。
でも味が濃い分で飽きやすいかも。

高野山の淡泊さも結構捨てがたい旨さで、
今回の天徳院の奴はなかなかコクも有って面白い。

精進料理は淡泊なだけに繊細な違いが感じられて楽しいね。
---

高野山の精進料理―一二〇〇年の歴史が紡ぎ出す滋味を家庭で味わう
永平寺の精進料理 七六〇年受け継がれた健康の智慧を家庭でいただく
永平寺の心と精進料理
ある小さな禅寺の心満ちる料理のはなし
禅寺のおばんざい 四季の膳
宗哲和尚の精進レシピ 家庭で簡単に作れる鎌倉不識庵のとっておき128品
精進百撰
精進料理辞典
身体にやさしい料理をつくろう―道元禅師の名著「典座教訓」の世界
精進SHOJIN―野菜は天才


ruminn_master at 2006年09月24日 19:41 【食】高野山天徳院の精進料理コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加


旅(近畿) | お寿司・お魚・和食あれこれ

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
記事検索
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん