2006年09月24日

【観】ライトアップの根本大塔 5

今回は御彼岸の期間に高野山に参拝できた訳だが、
有る意味、というか正直なところ、
高野山にとっては観光シーズンに当たる。

だからなのだろうか、
金剛峯寺から大門方向に少し歩いたところにある壇上伽藍の根本大塔が
珍しくライトアップされているとのこと。
壇上伽藍
伽藍は、密教教理に従い金胎両部の根本大塔と西塔の二基の塔が中心であり、総本山金剛峯寺の根本道場です。
 境内には、大塔・金堂・六角経蔵・御社・山王院・西塔・准胝堂・孔雀堂・御影堂・不動堂・愛染堂・大会堂・東塔が建立されており、曼荼羅世界そのものといえます。
http://www.koyasan.or.jp/shiru/meisyo/index.html
大塔
弘法大師は高野山開創に当り、この大塔を真言密教の根本道場として建立されたので根本大塔という。多宝塔としては日本で最初のものである。
胎蔵界の大日如来と金剛界の四仏が祀られる。現在の大塔は昭和十二年(1937)に完成を見たもので、高さ約48.5メートル、約23.5メートル四面の偉容を誇る。この中は大日如来の浄土であり、この中に参ると仏と結縁出来ると信じている
http://www.koyasan.or.jp/shiru/meisyo/cont-01/index.html


食後の散歩に見に出掛けた。

根本大塔をライトアップしてるのに
金剛峯寺周囲などはおそらく通常と変わりなく、
暗くて静かな夜道である。

大体の方向を頼りに
しばらく歩くと大塔の上部が見えてきて
無事辿り着くことができた。
根本大塔遠景
根本大塔全景
根本大塔ライトアップ


壮大なスケールと美しさ。

建造物としてのパワーに圧倒されます。
--
巡る楽園 四国八十八ヶ所から高野山へ―三好和義写真集
高野山を訪ねる―一度は行ってみたい山上の聖地・霊峰
高野山秘宝大観
国宝・重要文化財大全〈11〉建造物 上巻
西岡常一、宮大工の仕事を語る 5 (5)
法輪寺三重塔の再建 修羅の復元 宮大工の仕事を語る 五[CD]
宮大工と歩く千年の古寺―ここだけは見ておきたい古建築の美と技
宮大工棟梁・西岡常一 「口伝」の重み
斑鳩の匠 宮大工三代
宮大工千年の「手と技」―語りつぎたい、木を生かす日本人の知恵
宮大工千年の知恵―語りつぎたい、日本の心と技と美しさ
宮大工千年の「手と技」―語りつぎたい、木を生かす日本人の知恵


ruminn_master at 2006年09月24日 21:14 【観】ライトアップの根本大塔コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加


旅行・観光のハナシ | 旅(近畿)

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
記事検索
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん