2006年12月21日

【見】小枝チョコレートの森永製菓鶴見工場 4

午後の見学先は森永製菓鶴見工場

こちらは午前の味の素さんみたいにお土産一杯とかじゃなかったけど、
見学そのものが結構充実してて有り難かったです。

鶴見からタクシー分乗して工場へ。
ワンメーターです。
森永外観01

こちらも結構大きな工場。

でもって
さすが「お菓子」の国らしく
子供っぽいというか
子供の喜ぶような演出が一杯。
森永外観02

我々以外の見学者は幼稚園とかね。。。
その中に
ウチラ「社会科見学に行こう」って書かれてるから少々気恥ずかしい(笑)。
森永外観02a

でもまぁ
幼稚園児に混ざってレクチャー受けてると
ホントに子供の頃の社会科見学を思い出しますね。
森永座学01

騒々しいというか、、、元気です(笑)。

そうだよなぁ、ガキは元気が何よりだよなぁ。。。

さて工場見学。
森永外観03

この写真は建物の外観のウチですが
(一応チョコレートのタンクです)
もちろんというべきか生産ラインは写真撮影禁止。

でも良かったのはガラス越しで無かったこと。

食品工場は衛生上どうしても見学者はガラス越しが多いんですよね。
でもここは動いている機械の間近まで入れて貰えました。

もちろんそのためには
僕ら見学者一人一人までもが
エアシャワーを浴び、
両手の洗浄消毒をさせられて、
さらに
見学開始時に渡されたヘアキャップとマスク
森永座学02

そうやって毛髪が混入したりしないようにして入れて貰えました。

やっぱりガラス越しとは全然違います。

カカオやチョコレートの香り。
機械の音。
そして働く人々の緊張感。

いいですね〜。

見学の最初にレクチャールームで
ココアとクッキーが配られて座学を受けましたが、
それだけでなくて
生産ラインの見学中にもポイントポイントで試食。

小枝チョコ。

DARSチョコ。

やっぱチョコレートってホッとする食べ物です。

お土産も貰いました。
森永土産


そう、子供の頃の社会科見学、工場見学ってこんな感じだったなぁ、って思います。

この午後の見学もなかなかツボでした。
--
まだある。今でも買える“懐かしの昭和”カタログ~食品編~
Chocolat チョコレートでまよったら
うなぎでワインが飲めますか?―そば、てんぷら、チョコレートまでのワイン相性術
板チョコで作る土屋公二の本格チョコレートブック
チョコレートパーフェクトブック
カフェインの科学―コーヒー、茶、チョコレートの薬理作用
ショコラ・ランキング―おいしいしあわせちょっと贅沢
フランス、ベルギーショコラを巡る旅―テオブロマ土屋公二が案内する
全国のおいしいチョコレート屋さんお取り寄せガイド
チョコレートの文化誌
チョコレートの事典―選び方・味わい方チョコレートのすべてがわかる
チョコレートの博物誌
東京のおいしいチョコレート屋さん
魅惑のチョコレート 本場に習うおとなの味―日曜日の遊び方
チョコレートの歴史
チョコレート・ココアの科学と機能
カフェイン大全―コーヒー・茶・チョコレートの歴史からダイエット・ドーピング・依存症の現状まで
チョコレートの本
チョコレートブック
チョコレート―甘い誘惑 [クロニクル・ブックス日本語版]
チョコレートの科学 - 苦くて甘い「神の恵み」
大正十五年の聖バレンタイン―日本でチョコレートをつくったV・F・モロゾフ物語
チョコレートがとどくまで―おかし


ruminn_master at 2006年12月21日 15:45 【見】小枝チョコレートの森永製菓鶴見工場コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加


いいトシして社会科見学 | 食べ物と料理のハナシ

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん