2007年02月24日

【食】昔ながらの居酒屋、日暮里の豊田屋 4

東京幕末名所巡りのバスツアーの終点は東京駅前。
身体は芯から冷えて寒い。
こういう身体の求めるものは熱燗である。

でも同じ店は飽きる性分だし東京駅界隈は無駄に高い。
(場所代や雰囲気に金払うのは無駄遣いだと思う方)

で、雑誌で見かけた美味そうな店を目指してJRで日暮里まで回る。

豊田屋
豊田屋外観01

豊田屋外観02

橋本健二の居酒屋考現学
ドコイク
Yahoo!グルメ
アスクユー
精選「東京の居酒屋」
食べログ

とりあえずの生ビール(中ジョッキ420円は安い)に
ヒレ酒が有ったのでそれを頼む。

落ち着いて壁のホワイトボードとメニューを眺めると全体的に安い。

かなり絞ったメニューの感じで季節感もある。

厨房のオヤジさんとフロアのオッチャン。
呼吸の合い方は親子かな?
女手の無い2人仕切りでテキパキと卒がない。

う〜ん江戸の居酒屋って感じ(笑)。

実は雑誌で見たのは正月ぐらいで、
そのメニューは「白子鍋」だったのだけど
それは無かった。
まだ場所によってはシーズンだと思うのだけど
いいのが無かったのかな?

やむを得ないから白子はポン酢和えでガマン。

豊田屋shirako

で、刺身は赤貝平目
豊田屋akagai
赤貝はヒモの歯応えも良く、香りも新鮮なキュウリみたいな青臭さでイイ感じ。

豊田屋hirame
平目もエンガワがコリコリしてる他方で身の方は旨味が乗って楽しい。

その他に
牡蠣鍋
合鴨の塩串焼
鯛の兜煮
茄子の鴫焼
なんてところを頼んで、
ヒレ酒は注ぎ酒2回で、
生ビールは8杯ぐらいで、
2人で1万チョット。

こりゃ安くて美味くてイイ店だね。

豊田屋外観03


残念なのは近所じゃないことだな(笑)。
--
東京居酒屋探訪
東京・居酒屋の四季
東京居酒屋はしご酒 今夜の一軒が見つかる・厳選166軒
日本酒がうまい大人の居酒屋 東京編
新 精選東京の居酒屋
お帰りなさい―東京駅・居酒屋店長奮闘記


ruminn_master at 2007年02月24日 21:01 【食】昔ながらの居酒屋、日暮里の豊田屋コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加


食べ歩き(東京都内) | 池袋〜上野界隈

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん