2007年04月08日

【雑】おバカの前に権利&義務 2

午後からのオバカイベントの前に権利行使、義務でもある投票へ。

投票所


かねてから支持政党と投票行動は別であるべきと思ってます。

「がんばれ」っていう相手と、
現状から今後数年間を具体的に委ねる相手は別であるべきと思ってます。

選挙制度を無視して投票するのは、種目を問わずルールを無視してやるスポーツのようなもの。

とくに「1人を選ぶ」場合には
「誰と誰の戦いで、どちらを勝たせるべきか」
で投票行動をすべきだと思ってます。

知事選にはあんまり関係ないけど
党議拘束というものが有る以上は
議員を「人柄」で選ぶのは根本的に無理があると思うし。

また少しハナシは変わるけど
自分は古臭いのもあるでしょうが
自分なりの考えもあって
女性と教師には原則として入れない主義です。

実質上女性が強い時代だと思うから
何となく
フェミニズムってバランス崩すなぁ、
と感じることが一つ。

世の中の色んなマチガイって
人間を人間として育てる部分、
「教育」というか躾というか
そんなレベルも多い気がして、
で、家庭と学校で
「もっとやることあるでしょ」って思うから。

人間だって動物だと思う。

動物ならばこそオスとメスは違うはずだと思う。

人間には知性と文化が有るので
動物のように生きることも
動物とかけ離れて生きることも可能だろうけど。

「動物であることを裏切るな」と思ってます。

それが「自然」なことなんじゃないかなと。

アナクロゆえの偏見かもね。

違う見解の人には失礼御免。

でも俺はそう思って生きてます。
--
統一地方選挙の手引 平成19年 (2007)
ズバリ 選挙必勝法―選挙プロが語る後援会づくりから当選まで
勝率八割の選挙請負人が教える劇的!人の心を動かす「三人三色」の法則
大統領のつくりかた
日本の選挙―何を変えれば政治が変わるのか
政治のリアリティと社会心理―平成小泉政治のダイナミックス
大統領選を読む!
官僚王国解体論―日本の危機を救う法
現代日本の投票行動
選挙だワッショイ!―マニアが教える「選挙」のすべて
「地元利益」定数は憲法違反
日本人ツルネンマルテイ―この国が好きだから…
上田哲が、一人で最高裁を追いつめた本邦初の裁判「国民投票法・合憲」「小選挙区法・違憲」逃げた首相と議長と裁判官たち
絶対当選!!超必勝法―かならず選挙が楽しくなる戦略本
HITLER(ヒトラー)選挙戦略
誰も書けなかった選挙裏方30年―元代議士夫人が回想する明と暗
選挙必勝マニュアル
最高裁を信じて四十年


ruminn_master at 2007年04月08日 09:26 【雑】おバカの前に権利&義務コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加


雑多な思い | 思索・雑感・主張

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん