2007年05月31日

【食】麺屋じげん(高田馬場) 4

どうやらラーメンマニアの間では「路地裏系」なるカテゴリーが有るらしい。
でもってチョットした流れみたい。

まぁラーメンブームのおかげで有名店がマニアには軒並み制覇される状況で、人に抜きん出て話題にしようと思うと「自分が先に目を付けた」みたいな店が欲しい気持ちもワカランではないよね。

しかし当方大体において「○○でなきゃ」ってコダワリは無い方なので、何にせよ「オタク」にも「マニア」にも不向きらしい。

関西人だけど、うどんツユが黒かろうが卵焼きが甘かろうが個人的には「その方向で」美味ければ文句ない。ラーメンだって各種のスープにはそれぞれに応じた活かし方があると思うので、豚・鶏・魚も塩・味噌・醤油も何でも良いから良好なバランスに仕上げていればOK。

由来とかデータとかにもあんまし興味ないしなぁ。。。

要は食って値段相応に満足できればいいと思います。

さて

高田馬場、早稲田通りから斜めに入った路地裏(?)に最近気付いたラーメン屋さん。

どうやら高円寺の有名店の元店長が独立して開いたお店らしい。

いろいろとコダワリが心地よい程度に感じられて面白い店ですな。

麺屋 じげん
グルメウォーカー
ラーメンデータベース
Livedoorグルメ
blogラーメンマンの食べ歩き
blog麺好い(めんこい)ブログ
食べログ
じげん01

昼や夕方に見た感じでは、まだあんまり繁盛してるって印象でもなかったけど、夜は酒と肴という業態でもあるようなので、夜遅い時間帯が勝負なのかも。

そういえば丁寧な仕事なので雑然と「大勢の客をこなす」というよりは「客をもてなす」感じでした。

飲んだ帰りには良さそう。

頼んだのはつけ麺(大盛)

じげん02
じげん03


麺の方に具材が乗せられてるタイプ。
麺は2種類から選べたけど
「オススメは?」って訪ねると
平打ち麺だそうなので、それで。
具材は
茹で揚げ小松菜
角切りメンマ
白髪葱
そして大きくスライスされた叉焼

じげん04

この叉焼、
提供直前にハンドバーナーで表面を焦がしてから出すという手仕事です。

どれも丁寧な仕事で美味しかったね。

麺鉢の底に簀の子が敷かれてて麺がフヤケない心配りもイイですな。

大盛りなんだけど少々上品な分量なのが不満と言えば不満かな。

じげん05


漬け汁の方は魚粉と小口切りの葱がアクセントで豚骨としてはアッサリ目、削り節系の旨味で支える感じかな。
魚の風味が強い分、それが苦手な人への配慮でしょう、三杯酢が猪口に入って合わせて提供されて「お好みでどうぞ」と。

最後のスープ割りの時点で三杯酢を入れて飲んでみたら確かに飲みやすくなりました。でも元々の漬け汁も十分にバランス良く美味しいと思う。

個人的にはあんまりネギが多いのは好きじゃないので今度行く時は控えめにして貰おうかな。

こういう具材が大きくて独立して美味しいタイプのつけ麺は、要は「御飯とおかず」のノリで食べる感覚ですが、そこのバランスは半分客まかせなので難しいだろうなとは思います。

葱って自己主張が強いので、ここの味だと葱じゃなくて七味ぐらいでいいかもな、薬味は。

ruminn_master at 2007年05月31日 17:52 【食】麺屋じげん(高田馬場)コメント(0)トラックバック(1)  このエントリーをはてなブックマークに追加


早稲田〜馬場界隈 | ラーメンあれこれ

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. つけ麺+チャーシュー  [ 高田馬場グルメ ¦ 高田馬場でランチやディナー ]   2009年06月24日 02:05
つけ麺 750円+チャーシュー 300円。タレが濃すぎず丁度良い味付けだと思います。麺は中太の平麺です。ラーメンよりつけ麺の方がおいしいです。おすすめです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん