2008年06月08日

【楽】珍しいやら懐かしいやら 5

西荻のCLOP CLOP(クラップクラップ)で面白そうなライブ。

西荻でパァ〜ン01

西荻でパァ〜ン!Vol,1

上々颱風ゆうげい社に居た頃、メジャーデビュー当時から人気が下火になるまで(笑)の初代マネージャーだった玉井さんが、最近はギターとボーカルやってステージに上がってるというので珍しいなと、面白そうだな、と気になってた(初回は行き損なった)のでした。その3回目なのかな?

今回は初代ベースのやっさんのバンドも出るって言うので、演奏見るのは脱退以来だと懐かしく、楽しみにして出掛けた訳です。

で、

めっちゃ、おもろかったぁ〜!(笑)

西荻でパァ〜ン02

--
『玉井まさじ、須藤もん、対馬照Presents』

『ル・オードムーゲ』
  玉井(vo.gu.acd)秋山(ba)梅地(gu)よっちゃん(harp.cajon)アカサカ(dr)矢島(gu.mandolin)
『チャールズ・アルマン』
『須藤もんwith対馬照』
『ライトヘッズ』
 安田尚哉(vo.g)坂本十(key)増岡裕之(ba)楽苦(prec)
¥2000+オーダーオープン18:30スタート19:00 

http://www.clopclop.jp/live.cgi
--

クラップはワリと馴染みの店ではありますが、久々。
 久々に行ったらまた内装変わった気がするけど相変わらず広くは無い地下ライブ&バー。とはいえ満杯。

西荻の、Jazz系の小屋で、だからいつ始まる事やら、と思ってたけど、ワリと「開演時間」通りに始まった方。(おかげで「どうせそんなことだろう」と思ってた映美ちゃんは最初の玉井さんの出番が「丁度終わったタイミング」に来てましたな(笑))

最初は玉井さん『ル・オードムーゲ』 LE EAUDEMUGE

ジャンルは・・・何とも言いにくいですが(笑)、オッサンと青年と妖怪の音楽です(笑)。当の玉井さん曰く「要するに頑固で子供じみたオツサンたちです。」らしい。
 バンド名からして玉井さんの造語で、フランス語の「水」と仏教語の「無碍」から来た「融通無碍」って意味らしいから、ノンジャンルってのがかえって正確なんでしょう。

 自分ら古い上々颱風ファンからすると「ちょっと怖いけど結構おもろい」マネージャーだった玉井さんなのですが、ギターやアコーディオンを演奏してる玉井さんってのはとても楽しそうな、当然なんだろうけど、結局やっぱり「音楽好きなオッサン」で(笑)、とっても新鮮でした。

「これは仕事やないで〜」って感じがとってもGoo〜!(笑)

2番手の『チャールズ・アルマン』ってのは謎の米国青年で、結構日本語達者だなぁ、と思ってたら山形出身なんて声もチラホラ聞こえて、瓶ビールラッパ飲みしながら英語の唄をアコースティックギターで弾き語りしてるところはアメリカン、でまぁ、けっこう声がいいですな。この玉井さんライブの常連だそう。

で、そこはかとなく仲入り。

あ、クラップの通常のチャージより安めで1500円に設定されていた(お店の告知自体は通常通りですが)今回はビールが余計に飲めるのも有りがたかったですな。という訳で休憩時間にオカワリ。
 クラップだといつもは何かのロックとチリコンカンにするんだけど、満席の混雑だったので今回はビール一辺倒にしてました。ここ結構食いモン美味いんだけどね。食い損ねた(笑)。

3番手が『ライトヘッズ』 LIGHT HEADZ、ヤッサンのバンドです。
 演奏見るのは久々だけど西荻のココやらアチコチの酒場で見かけてたスキンヘッドのヤッサン(安田尚哉 EX,レイジーヒップ、EX,沢田研二&エキゾチックス、EX,上々颱風) 、バンド名はそこから来たのだと思うけど(笑)、他に坊主頭は居ないので複数形でも無いんでしょう、末尾は「S」じゃなくて「Z」ですし。
 上々颱風のベースの時代、ボーカルのラインより前に居て一番目立ってたフシもある(笑)ヤッサンは健在で、今回は本職に戻ってギターですが、相変わらずの「首振り奏法」(笑)、スキンヘッドでやると猥褻さは放送禁止レベルですが(笑)、ヤッサンまだまだ若いですなぁ(そろそろ四捨五入すりゃ還暦じゃないのかな?)。
 音楽は耳キン絶叫系のロックと言えばいいのかな。でもベテランのオッサンらしく歌詞が結構渋くて「聞ける」「聴かせる」感じ、楽しかった。
 来場者もこのバンドの固定ファンが多かったように思います。ネットで見てもアチコチココソコと、どうやらミュージシャンらしい層に評判がいいみたいですな。

大トリ、4番手は『須藤もんwith対馬照』、玉井さんと共に今回のライブの主催、紅龍と対バンしたりもしてますな。八ヶ岳の小屋番だったそうな須藤もん嬢と、その旦那さんの対馬照さんの「夫婦フォークデュオ」。声が良いですな。地下室よりも青空向きだと思う感じの昔ながらのフォーク。

で、アンコールというか最後の盛り上がりの追加演目は出演者総出のセッションでボブ・ディラン「どこにも行けない」、((cf):mora視聴可能サイト)、チャンとした歌詞で1・2番、適当な歌詞で何番か(笑)、サビの英語歌詞は客席に歌詞のプリントを配って歌声喫茶並みに大合唱♪♪♪と最後は大いに盛り上がって終演。

西荻でパァ〜ン03
西荻でパァ〜ン04


チラホラと次回構想なんかも出てましたが、さすが慧眼の敏腕マネはオモロイことをやってくれますな。

演者がみんな「好きな音楽をやってます」って感じで仕事臭くないのが観客としては疎外感無くて楽しい。

何だか原点を見た感じもしました。

「そうそう、こんな感じだったんだよな〜、好きになった頃の上々颱風。『やる気ねぇなぁ(笑)』とか客席で笑いながら一緒に楽しんでた感覚」
(どうも最近の上々颱風、プロっぽいっていうか「どうだ、こうやったら面白いだろう」って感じで、音楽的には高度なんだろうけど、楽しさは少し「遠い」気がしてるんよね。。。「見せられてる」「聴かされてる」っていうか。。。)

なんてことを思いつつ。。。


先々まだまだオモロイ展開が有りそうな予感がして楽しみ。

今度は人を誘お。

ruminn_master at 2008年06月08日 22:42 【楽】珍しいやら懐かしいやらコメント(4)トラックバック(1)  このエントリーをはてなブックマークに追加


芸能・音楽のハナシ | とりわけ上々颱風

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 【楽】ライブのご案内  [ 晴れときどき曇り ]   2008年06月15日 11:00
こんどの日曜日、西荻窪の 「CLOP CLOP」 というライブハウスで、須藤もん

コメント一覧

1. Posted by 音頭取り   2008年06月10日 17:14
ありがとうございました。
次回は三鷹でボンボンボンをお盆の頃に
あと阿佐ヶ谷、高円寺も考慮中
7/13クラップにてThe BAND
大会に参加予定です。久々に15日のパブリックは行く予定です。
2. Posted by るみん(♂)   2008年06月10日 17:29
いえいえ、面白い時間を有り難う御座いました。

阿佐ヶ谷?Jazzストリート?

中央線沿線って楽しいですね(笑)。

そのうち映美ちゃんにもステージ上で叫ばせて下さいww
3. Posted by やまおじさん(いっちゃん)   2008年06月15日 10:56
惜しいことしました。ムリしてでも行けばよかったと後悔しきりですが、次回。
4. Posted by るみん   2008年06月15日 11:59
上々颱風のファンらしい人も僕だけだったみたい。

何せ映美ちゃんが何者かがバレたのが帰り間際みたいだったから(笑)。

「あ〜子供の頃に変なカッコした海外旅行かなんかのコマーシャル見たことある〜」
「そう、あれアタシ」

って(笑)。

クラップは昔「守ってあげる」CMの巨大ポスターが貼ってあったぐらいで御縁のある場所なんだけどねぇ。

玉井さんの客が半分、やっさんの客が半分ってとこだったんじゃないかしらん。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん