2008年09月14日

【雑】バスツアーの向き不向き 3

今回のバスツアー、よく使うクラブツーリズムのだけど、

(いつのまにかHPのヘッダに「宇宙旅行」って入ってるゾ(笑))

最近ワリと「落ち度」が増えたかなぁ、とか思う。写真と違うメニューが出たり、無駄に融通が利かなかったり、まぁ色々。

まぁ他のツアー会社は昔「何か」の落ち度が気に障って使わなくなったように思うから珍しい訳じゃないけど。

所詮団体旅行、万人の満足するものなんて不可能ですからね。

客もねぇ、世間で「モンスターペアレント」とか「クレイマー」とかが騒がれる御時世ですが、やっぱり多いもんね、不平不満のカタマリみたいな人が。

添乗員なんて末端なんだから謝る一方、弱い奴をイジメてどうする、って思うけど、まぁ「文句言いたい」だけだからねぇ、そういう人たちって。

総じて安いツアー程「変な客」が多いのは街中の料理屋と一緒ですが、「祭り・イベント系」旅行も傍若無人な人の確率が高いね。

年寄りが大きなカメラやビデオを持ち歩いてるとそれだけで疑わしいんだけど(笑)、年寄りでなくても「周囲を気にしない」可能性は高くなるのがカメラマンだと思う。

高校の頃は写真部でしたが、当時は一眼レフはファインダーを「覗く」タイプ、その枠の中しか見えないとなると人混みでの撮影はアブナイし、実際問題写真としても動いてる被写体を追い掛けるにはファインダーの中だけ見てると遅れるので、「両目を開けて」ファインダーを覗くように訓練したモノです。

昨今、デジカメのビュースクリーンで苦労せずに周囲も見えるはずなのに、何故かカメラを構えると何だか「万人はオレの芸術に貢献しろ」と言わんばかりの傍若無人な態度の人が多いように思います。

見ず知らずの人には気を遣えよ、大人なんだから。

グループで参加して傍若無人に身内で騒ぐのも多くてコレも「困ったチャン」ですが、一人参加もクセの有る人が多いね。

一人参加には、どうやら
「色んな人と仲良くなりたい」タイプと
「放っておいて欲しい」タイプが居ます。

どっちもアリだとは思うけど、「放っておいて欲しい」タイプなら、人に迷惑を掛けないことは最低限の必要条件な訳で、遅刻はするし勝手な苦情を宣うしとなると揉め事の素でしかない。

他方、「色んな人と仲良くなりたい」タイプなら「いいひと」を少なくとも「演じる」ようじゃないと誰もわざわざ見知らぬ人に合わせてくれませんから、旅行の最後の方では何だか不平不満のカタマリみたいになります。

小学生が友達作るのと理屈は一緒なのに、イイトシした大人がなんで、とか思うけど、逆に言えば「三つ子の魂百まで」、治らないままに大人になっただけなんでしょう。

遅刻しても謝らない、人のミスは大声でしつこく糾弾する、社会性ゼロってのが「今の若いモン」だけの問題じゃなく、アチコチにいるのが現代。

そして周囲の人はその手のタイプを見極めないとヤヤコシイですな。

「袖すり合うも多生の縁」

という訳で、短期間でもご一緒する以上はお互いに「気を遣う」ってのが日本古来の美徳なんですが、悪い部分だけ西洋個人主義を取り入れた現代日本人、やっぱりなかなか難しい。

バスツアーってのはそういうのが「じゃまくさい」人には不向きですな。

--

なんてことを考えながら、食べなかったバスツアーの夕食オプション弁当を帰宅後の夜食にして晩酌。

季節の御弁当01
季節の御弁当02
季節の御弁当04
季節の御弁当05

近鉄観光弁当部門の「季節のお弁当」。

さすが大阪へも沿線の伸びてる近鉄の弁当は関西人の口にも合うけど、実はコレも注文を取った折は「松茸入り」の写真で注文を取ってて、まさしく「フタを開けたら」コレだったって品。

所詮どっちも1000円なんだから内容的に違いは無いけど、やっぱりこういうことが続くと信用が下がると思うよ。

まぁ1000円の酒肴としては上等だけど。

ホント世の中粗雑になってきてますな。

「じゃまくさい」とか「しょうがない」ってホント嫌いだ。

人間生きてりゃそれだけで大変なんだから覚悟しないとね。

ruminn_master at 2008年09月14日 23:21 【雑】バスツアーの向き不向きコメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加


旅行・観光のハナシ | 思索・雑感・主張

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん