2008年11月24日

【食】ラーメンの具材作り置き 4

ここんとこラーメンの麺を取り寄せてから自宅でラーメンやつけ麺を食すことが増えたが、「素ラーメン」というのは味見はともかくも、やっぱり寂しい。

という訳で、基本的な具材を昨日の昼間に自作。

自作具材でラーメン01

チャーシュー(煮豚)の肉汁が落ち着くのに一晩寝かせる必要があるので、切り分けと試食が今日になった次第。

レシピは勝手なオリジナルです。

要は豚肩ロース肉の塊を買ってきて、塩胡椒して表面を軽く焼き固めてからタコ糸で縛り、肉が浸る程度の水に葱とニンニクと生姜を入れ、圧力鍋で数分、減圧して様子を見て再加圧を繰り返して程の良いところで醤油を入れてまた加圧という作業でラーメンの具材としての「チャーシュー」(本来の中華料理では叉焼とは「焼き豚」のことだが、既に完全な日本食とも言えるラーメンの具材としては煮豚が市民権を得、それについては「チャーシュー」とカタカナ表記で通用するようになったらしい)が完成。

残った煮汁を少し煮詰めたところに、水煮メンマを湯通ししたのを入れて煮込み、少し砂糖と醤油を足して味加減。

さらに残った煮汁で大根やら味玉など、こちらは日持ちのしない具材も少々作成。

まぁ他の仕事をしながらだったけど、日曜の昼間は潰れた(笑)。

さて、切り分けたチャーシュー。

自作具材でラーメン02

味見してなかなか上出来、満足のいくレベルと自画自賛(笑)。

切り分けてメンマとセットにしてラップに小分けして冷凍保存。およそ10食分は出来た。コストにして1回分は100円そこそこというところ。

でまぁとりあえずの試食は単純なラーメンにて。

自作具材でラーメン03

やっぱ具材があると違います。

ようやくチャンとした「ラーメン」(笑)。

ruminn_master at 2008年11月24日 13:49 【食】ラーメンの具材作り置きコメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加


ラーメンあれこれ | 食べ物と料理のハナシ

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん