2009年05月13日

【電】HP TouchSmart tx2モニター(その5 テキスト処理) 4

今日ようやく注文していたATOK(エイトック)2009が届いた。

どうにもデフォルトの日本語入力ソフトMS-IMEは誤変換に対する文節の切り分け作業で使い勝手が違いすぎて耐え難く疲れるのでした。

98ノートの時代からだからATOKとのツキアイ長いものね。

(当時は出力も制御してたのでFEP〜フロント・エンド・プロセッサ〜って言ってた)

という訳でようやくATOK2009のインストール。

1.日本語IME(入力環境)の改善=ATOK導入

ATOK2009setup

導入後、デスクトップの方で蓄積されてるユーザー辞書ファイルを探し出して転送、新しい方の辞書ユーティリティで読み込ませたりして、「慣れ親しんだ入力環境」をこの新しきノートパソコンに召喚できました。

この新しいATOK、誤変換が減少するのはバージョンアップの基本事項なので当然としても、入力→変換、未確定の状態(つまり対象文字の反転状態)で[end]キーを押すと、導入してる辞書が参照できるという新機能が付加されていました。

広辞苑とか英語の辞書とかの別売品を宣伝してたけど、この新しいATOKにデフォルトで付属してるのは「駅名」に対して路線検索とネット経由の地図表示機能。

ATOK2009use01
ATOK2009use02

これはなかなかオモロイ機能だと思います。

さて文字入力が快適になったところで次は文章作成機能の改善。

仕事にしろ、勉強にしろ、このブログを書くことにしろ、自分の生活上でのパソコンの用途の大半はテキストファイルの処理なので、とっても大事。

そういうときにMicrosoft Word一太郎みたいないわゆる「ワープロソフト」というのは実はあまり便利とは言えない。

アレは基本的に紙媒体に印刷するためのソフトだと思うし、ネット上に文書公開したりという用途など多用途化しては居るけど、勝手に行揃えしたりして「余計なお世話」も多く、文章を組み立てるという作業についてはトロいのです。

(もっとも、「形だけでも文書を作って期日までに出せばそれでいい」って場合にはゴールに近い方からやるっていうオブジェクト指向も合理的なのでなMicrosoft Wordに罪がある訳じゃないけどね。要は仕事のやり方の問題)

「文章を練る」とかいう作業には飾り気の無い「テキストファイル」の編集機能に特化したテキストエディターの出番。検索や置換など編集

かといって一応はその範疇に属し、Windowsにデフォルトで付いてる「メモ帳」は相変わらずの「最低限」機能のものでしかない。Windows95の時代から大差ないんじゃなかろうか。

でもってハードウェアのメーカーで、プレインストールモデルに使い勝手の良いテキストエディターを乗せてるところなんて見たことがない気がします。
 このHPもご多聞に漏れず。

まぁそれは優秀な市販ソフトやフリーソフトが既にたくさんあるからでもあるでしょう。

という訳で

2.テキストエディター導入

デスクトップの方では、98note時代にVzエディターというのを使っていた関係で、そのWindowsバージョンのWzエディターという有料ソフトを使っています。

その最新版、WZ6も魅力的だけど、ここは本体が「貰い物」なので(笑)、フリーソフトで行くことに決めました。

もともと文書のタイプによって使い分けたりしてるので、幾つか馴染んだソフトもあるし。

求めるのは

正規表現が使える検索・置換機能の充実。
・無限UNDOや世代管理などのバックアップ機能の充実。
階層テキストを前提としたアウトラインプロセッサ機能の充実。
・拡張子による文書設定の多様な管理が可能であること。
・カスタマイズの自由度。
・フリーソフトであること。


ぐらいでしょうか。(贅沢?(笑))

まぁ各種ソフトには得手不得手もあるので使い分けで十分なのです。テキストファイルは本質的に汎用なのでソフト間のやりとりに問題は少ないですから。

まず基本的なところでTeraPad

階層テキスト01terapad

無限UNDOなど単一ファイルの編集には結構使い勝手が良い古株のフリーソフト。
 画面上で各行の冒頭に半角ピリオドが見えますが、それが階層テキストの証。ピリオドの個数で大見出し、中見出しなどが階層化されている訳です。
 通常のエディターだと「こう見える」って見本という訳で。

あるいはカスタマイズの自由度が高いところでVxEditor

階層テキスト02vxeditor

拡張子による文書設定の管理が容易に可能なのはTerapadには無い良さです。コマンドボタン形式でDOS時代のエディターを彷彿とさせるところも好きですね。

3.アウトラインプロセッサ

これは通常のエディターよりも特化したソフトの方が何かと便利です。汎用性の高い階層テキストを扱える奴となると限られるのですが。

基本的なところでNami2000、それと連携して扱いやすいところのkie(Knowledge Index Editor)でしょうか。

階層テキスト03kie

アウトラインプロセッサにも項目自体の編集を得意にするものと、項目の中身というか項目ごとの文章編集が得意なのとがあります。

項目自体の編集が扱いやすいのが上掲のkie(Knowledge Index Editor)

文章編集や印刷などの充実度はAUTLA(あうとら)の方が上だと思いますけど、ツリー状になってる項目自体をクリックして直接書き換えることができずTabキーで編集画面に移動しなきゃならないので、ここはいつも使い分けてます。

階層テキスト04autra
階層テキスト05autra2

画面の美しさと印刷機能の多様さは抜群です。

あと比較的新しいけど機能の充実度と多様性で使い込むと面白いのがVerticalEditorです。

階層テキスト06verticalEditor

原稿用紙がデザインされた画面に打ち込んだ文字が入力される(縦書きも可能)ので美しいし、階層テキストも使えるし多機能。

これ以外にも各種スクリプト言語に対応したエディターなんかもいろいろあって、それはそれで使い分けます。

(あと、よく世間で「Vistaじゃ動くソフトが限られる」って噂を聞いてて導入を嫌がってたのですが、そんでもってここに掲げた多くのフリーソフトもVectorの分類上では「Vista対応」じゃなかったりしますが、少なくとも今自分が使ってる機能の範囲内では何の不自由も感じず正常に動作してます)


4.さて本機のキーボードは・・・

ようやくここまできてモニター事項なのかも知れませんが(笑)、キーボードの打ち心地なんてのは作業環境があってこそですから。

(短いメール程度なら打ち心地なんて大きな問題じゃないものね)

このHPノート、タッチパッドはボタン一つでON/OFFできるし、スクロールエリアも有って慣れると使いやすいです。

keyboard01

右端の「縦に細長いエリア」がスクロールエリアで、これはこれで便利なんですが、左の通常エリアとの境界が「もう少し(盛り上がってるとか)分かりやすければいいのに」とは使い込んできて感じ始めました。

この機体、文字キーについてはフルキーサイズなので打ちやすい。キーストロークもキータッチも適度なクリック感と滑らかさで悪くないと思います。

難点は周辺に散らばるファンクションキーなどのボタン粒が小さいこと。
 まぁスペースの限られたノートパソコンだから「しょうがない」のは認めますけどね(笑)。

ブラインドタッチだとそういうボタンも目分量というか「何となく」の手先の感覚でタッチするんですけど、たとえば数字キーの7の上にファンクションキーでは8&9ぐらいが配置されてるので、まだ慣れないですね。

keyboard03

一般的な日本語変換だと[F7]で全角カタカナ変換ですからよく使うんですが、ホームポジションから人差し指を伸ばすと[F8]か[F9]になっちゃうので微妙にやりにくい。

[home]や[end]、[delete]といったキーもかなり密集配置。

keyboard04

特に[home]や[end]は目分量じゃ無理ですね。
 外人さんあまり使わないのかな?

カーソルキーも小さくてあまり使いやすい配置じゃない気がします。

keyboard02

ときどき意識せずにシフトキーを連打してしまって「固定キー機能」(指先の不自由な人のための補助機能の一つ)が起ち上がってきて驚きます。

[fn]ボタンも小さい。

keyboard00

こういうボタン配置は「万人向け」ってあり得ないから、このあたりは難しいところでしょうけどね。

昔のWindowsじゃファンクションキーなんて10個すら使い切らなかったけど、今は各種ソフトも多機能だものなぁ。。


まぁハードウェアはカスタマイズできないから、このあたりはそのうち慣れるしか無いのかなと思います。

keyboard05

今この記事も仕上げは出先の喫茶室ルノワールの無線LAN環境でやっとります。

フル充電で持ち出して、今現在、バッテリー残量36%。。。


モニター品だから積極的に「連れ歩」かないと良さも悪さもワカラナイものね。

まぁ面白いパートナーを楽しんでおります。

HP×DIME 『タッチスマートラボ』研究員ブロガー募集キャンペーン

日本ヒューレット・パッカード株式会社が雑誌DIME(小学館刊)と共同で実施するキャンペーン、

HP×DIME タッチスマートラボ
〜あなたならどう使う?ブログでひらめくノートPCの未来〜


日本HP TouchSmart tx2
livedoor Blog 限定キャンペーン情報 : HP×DIME 「タッチスマートラボ」 研究員ブロガーを募集中 - livedoor Blog(ブログ)
タッチスマートについて、ご自由にお書きください。 - 共通テーマ - ブログパーク
【電】最新ノートパソコン HPタッチスマートtx2 モニター(その1 到着からセットアップ)
【電】HP TouchSmart tx2モニター(その2 DVD観賞)


ruminn_master at 2009年05月13日 00:33 【電】HP TouchSmart tx2モニター(その5 テキスト処理)  このエントリーをはてなブックマークに追加


マシン・ツール・ソフト | 単なる「趣味」
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん