2009年06月27日

【旅】甲州街道四十五次バス旅ツアー(その1) 4

(株)日本ファミリー旅行企画の歴史探訪バスツアー、情報量が多すぎて記事に仕切れてないのも少なくないけど、過去に忠臣蔵とか東海道五十三次とか徳川の墓所とか色々。

最近ではアチコチのツアー会社が企画するようになったけど、レギュラーの歴史講師が付くようになったのはココが最初じゃなかろうかと思う。

たしか元は高校の歴史の先生が定年退職後にやってる仕事だかの児玉先生が今回も案内。

甲州街道四十五次

日野本陣跡00

全5回の1回目、日本橋から日野宿まで、昼食付きの日帰りで7700円。

甲州街道五十四次とは

 0.日本橋
 1.内藤新宿
 2.下高井戸
 3.上高井戸
 4.国領
 5.下布田
 6.上布田
 7.下石原
 8.上石原
 9.府中
10.日野

11.横山(八王子)
12.駒木野
13.小仏
14.小原
15.与瀬
16.吉野
17.関野
18.上野原
19.鶴川
20.野田尻
21.犬目
22.下鳥沢
23.上鳥沢
24.猿橋
25.駒橋
26.大月
27.下花咲
28.上花咲
29.下初狩
30.中初狩
31.白野
32.阿弥陀海道
33.黒野田
34.駒飼
35.鶴瀬
36.勝沼
37.栗原
38.石和
39.甲府柳町
40.韮崎
41.台ヶ原
42.教来石
43.蔦木
44.金沢
45.上諏訪
Goal.下諏訪

数え方にも諸説有るし、見ての通りに同じ地名に「上・中・下」が有ったりもするし、本陣の無いところなども多くて、徳川五街道の中ではワリとマイナーな甲州街道(海道や道中などともいう)です。
甲州道中こうしゅうどうちゅう

江戸時代の五街道の一つ。1600年(慶長5)に甲斐が徳川家康の領地となって以来,江戸と甲府を結ぶ交通路として整備され,18年(元和4)に官道となった。はじめ甲府海道,甲州海道などと呼ばれたが,1716年(享保1)甲州道中と改められた。江戸日本橋を起点とし,内藤新宿,八王子,大月,勝沼,甲府柳町,韮崎(にらさき)など45の宿場と小仏関,鶴瀬関を経て,下諏訪で中山道に合流し,里程およそ55里(約220km)である。甲斐は24年以降,ほとんど一国中が幕府直轄領となったため,甲州道中の重要性は減じることがなかったが,五街道の中では比較的交通量が少なく,参勤交代の大名も信州高遠藩などわずかに3家のみであった。しかし,江戸時代の中期以降には信濃・甲斐・江戸を結ぶ商品流通路としてしだいに活気を増し,とくに安政の開港後は甲州産生糸の輸送路として使われるなど,大きな役割を果たした。
                        安藤 正人

(c) 1998 Hitachi Digital Heibonsha, All rights reserved.

今回は東京駅集合で、日本橋から始まって、深大寺で昼食を摂り、日野宿で「東京都唯一の本陣跡」を見学して帰ってくるコースでした。

0.日本橋
高札場跡
日本橋由来の碑
・・日比谷見附跡
・・三宅坂
・・半蔵門
・・・四谷大木戸跡、玉川上水祈念碑

1.内藤新宿
・・高藤班内藤家下屋敷跡(新宿御苑)
太宗寺(江戸六地蔵の1、閻魔像)
・・和田堀郭所(焔硝蔵跡)

 2.下高井戸(車窓解説)
・・宋源寺

 3.上高井戸(車窓解説)
・・仙川一里塚跡

 4.国領(車窓解説)
 5.下布田(車窓解説)
 6.上布田(車窓解説)
・・小島一里塚跡

 7.下石原(車窓解説)

8.上石原宿
竜源寺(近藤勇の墓)
近藤勇生家跡(社)

9.府中宿
馬場大門の欅並木
大国魂神社
高札場跡
・・・分倍河原古戦場跡
・・・谷保天満宮

10.日野宿
日野宿(脇本陣)
・石田寺(土方歳三の墓)



歴史の旅 甲州街道を歩く
歴史の旅 甲州街道を歩く
クチコミを見る


「街道てくてく旅。」 中山道・甲州街道完全踏破
「街道てくてく旅。」 中山道・甲州街道完全踏破
クチコミを見る


多摩と甲州道中 (街道の日本史)
多摩と甲州道中 (街道の日本史)
クチコミを見る


甲州街道七十二景
甲州街道七十二景
クチコミを見る


ruminn_master at 2009年06月27日 09:28 【旅】甲州街道四十五次バス旅ツアー(その1)コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加


旅行・観光のハナシ | 旅(関東・甲信)

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile

るみん