本のハナシ

2009年11月22日

【本】世にも不思議な中国人 4

古本屋で300円で購入。2006年3月ワニブックス発行で1000円本。

世にも不思議な中国人
世にも不思議な中国人
クチコミを見る

たぶん普通の人よりは中国文化に深く接してるし、何だかんだで中国人と接してるとは思う。

この本、元は中国勤務の女社長のブログらしいですが、

・劣化コピーに恥じず、ウソがスタンダード
・衛生感覚が無い
・欲求主張が強烈
・子供は野放し
・謙虚は悪徳、図々しいぐらいが普通
・階級意識が根強い
・上客を「いざもてなす」となったら無理をする
・悪即斬
・テキトーなサービス
・目先の利益で動く
・利己的、自己中
・自分のミスはギリギリまで認めない
・自分だけ助かるなら人を売るのに躊躇わず
・中華思想=自分は正しい思想
・そのくせ流されやすい
・お金のためには主張を曲げる
・会社や組織に忠誠心は無い
・人と人のつながりは重視する
・欧米人には弱い、日本人には強い
・仕事にプロ意識は無い
・見栄っ張り
・駄目だと思ってもとりあえず言ってみる
・要求が通ると「もっともっと」要求する
・相手から何も引き出さない譲歩は負け
・利益があるとなれば粘り、利益無ければ即切る

なんてことが事実を並べておもしろオカシク書いてあります。

でも「一度友達付き合いすると実に味わい深い」とも書いていて、全否定してるのではなくて、「違う人々だ」ということを、何でもかんでも「みんな一緒のはずだ」と思いたがる日本人の悪い癖との対比で描いているとも言えます。

上の列挙はこの本の中の項目を拾っただけですが

とってもよく判ります!(笑)

実感としてたしかにそんな感じだものね。

オモロイ本でした。


ruminn_master at 2009年11月22日 16:06 【本】世にも不思議な中国人コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年11月26日

【本】26字詩 どどいつ入門―古典都々逸から現代どどいつまで 4

近所の図書館から借りてきた本。

新編どどいつ入門―風迅洞流「現代どどいつ」へ、ようこそ
新編どどいつ入門―風迅洞流「現代どどいつ」へ、ようこそ

図書館にあったのは古い方だけど。

26字詩 どどいつ入門―古典都々逸から現代どどいつまで

都々逸(とどいつ)というのは7・7・7・5の俗謡、定型詩。

広く知られてるレベルでは高杉晋作作と言われてる
♪♪♪
三千世界の からすをころし
  主と朝寝が してみたい
 ♪♪♪

なんてところでしょうか。

昭和40年代の「宴会芸」の本なんかを見てると「宴が興に乗ってくると誰かが都々逸の一つでも歌い出すものですがなんて書いてあったりするけど、まぁこの平成の世の中じゃ、「お座敷遊び」をするような御身分でも無い限り、まぁ普通は見ることは無いわね(笑)。

先日、神楽坂で幇間芸を観た折に久々に聴いて「もう少し」知りたくなった気で手に取った本。

「都々逸」という漢字書きが定着したのは、とある寄席芸人の芸名ゆえ、元来は日本国中同時多発、詠み人知らずの俗謡だから、何処が発祥で、誰が元祖で、となると甚だアヤシイ。

この本では愛知県の花街発祥というハナシに立っている。

まぁ歴史的なハナシも面白いが、この本のウェイトはそれよりも、現代に都々逸を作る人々のテキスト、基本書の提供ということで、古来の有名な都々逸から、新しい時代に作った新作の数々までを紹介しているところにあり、かなり面白い。

元来が色町が出自と言うこともあって、多くは男女の情愛を描いた色っぽいモノが多いけど、表現の幅は様々で、和歌や俳句に近いモノから川柳みたいのまで載ってる。

アチコチのカルチャースクールなんかでもやってるようで、ネット検索すると趣味でやってる人のページなど結構ある様子。

和歌・短歌じゃ気取りすぎだし、季語やら枕詞も難しそう、川柳ほどのウィットにも自信が無い、でもまぁ男と女の色恋沙汰なら、誰でも一つや二つは身に覚えが、という訳で、間口として入りやすい、取っつきやすいのでしょう。

小粋に「歌う」(唄うか?)ことを前提にすると「三四、四三、三四、五」というリズムの定型に拘らなきゃイケナイらしい。

まぁ自分が歌う機会は無いだろうけど(笑)、それでも流行歌の歌詞などを見ても、日本語には七五調がピッタリ来るもので、読んでるだけで何とも面白い。

新編どどいつ入門―風迅洞流「現代どどいつ」へ、ようこそ
新編どどいつ入門―風迅洞流「現代どどいつ」へ、ようこそ

祖母の形見の三味線は有るんだけど、自分も三味線でも弾けりゃぁね(笑)。

作詞ってことも無いしなぁ。

CDで学ぶ作詞入門―ポップス作詞の基礎の基礎から、プロになるためのノウハウまで
CDで学ぶ作詞入門―ポップス作詞の基礎の基礎から、プロになるためのノウハウまで

まぁとりあえずは知的好奇心ということで。

紫文式 都々逸のススメ
紫文式 都々逸のススメ
ドドイツ万華鏡―いま伝えたい小粋な言葉あそびの世界
ドドイツ万華鏡―いま伝えたい小粋な言葉あそびの世界
柳家三亀松 粋・艶・都々逸 [CD二枚組]
柳家三亀松 粋・艶・都々逸 [CD二枚組]
都々逸演歌集 ばらばら松
都々逸演歌集 ばらばら松
都々逸特選
都々逸特選
ご存じ 都々逸決定版
ご存じ 都々逸決定版
三亀松~都々逸集~
三亀松~都々逸集~
都々逸特選
都々逸特選
都々逸名曲集
都々逸名曲集
都々逸・端唄集
都々逸・端唄集
TWIN BEST 端唄・小唄
TWIN BEST 端唄・小唄
風流艶くらべ?艶笑粋談
風流艶くらべ?艶笑粋談
昭和の名人による滑稽噺選 三遊亭圓楽
昭和の名人による滑稽噺選 三遊亭圓楽
明治大正はやりうた
明治大正はやりうた


2008年11月01日

【本】食品のカラクリ11 「ニセモノ食品作り」最前線 4

アマゾンでCDを注文する折に何か面白いものが無いかとウロウロしてて見つけた本。

食品のカラクリ11 「ニセモノ食品作り」最前線 (980円)

食品のカラクリ11 「ニセモノ食品作り」最前線−激安の裏に「添加物」!! (別冊宝島 1519 ノンフィクション)
食品のカラクリ11 「ニセモノ食品作り」最前線−激安の裏に「添加物」!! (別冊宝島 1519 ノンフィクション)


元来美味い不味いが気になる方ではあるんだけど、料理屋育ちなので裏事情も知ってるし、コストパフォーマンスを無視する気はない。

だから安い食品でいわゆる「添加物」が入ってるからと言って目の敵にする気もない。

でも知ってて諦めるのと知らずにダマされるのは意味が異なる、と思う方。ブラックボックスは嫌いな性分。

明太子が添加物無しに年中食えたりする訳も無いし、安物のネギトロが赤身鮪の半端品の加工物だとは判ってる。
 缶詰ミカンの袋剥きは薬品処理だし、安物の珈琲フレッシュは白いサラダオイルだ。

こんな感じで断片的には結構知ってる知識だったりするけど、この本はアレコレまとめて説明してくれてるし、工場見学の気分で実際に「家庭でも作れる」ような実験をしてくれてる。

・偽装霜降り肉
・成形肉
・松茸風のお吸い物
・しょうゆ風調味料
・低果汁ジュース
・合成清酒
・みりん風調味料
・メープルシロップもどき
・偽装ネギトロ
・中国偽装食品
・即席麺スープ
・たんぱく加水分解物
・ミートボール
・ソフトドリンク
・ご飯
・焼肉のタレ
・コーヒー
・冷凍エビフライ
・健康ドリンク
・ファストフード
・チキンナゲット
・ペットボトル入り緑茶
・ガムシロップ
・缶詰みかん
・食品広告の手口
・明太子
・パックサラダ
・ポン酢醤油
・植物性ミルク
・アイスクリーム
・インスタントポタージュ
・紅ショウガ・ガリ
等々・・・

そして大きな特徴として、本書は単なるキチガイじみた批判に終始する書籍とは異なり、あくまでもコストパフォーマンスが無視出来ないことを理解した上での冷静なスタンスで( おそらくそれは「そういうフリ、演技、役柄設定」なんだろうとは思うのだが )、淡々と論じてるところがかえって説得力を持っている。

「知ると気になって食えない」という御仁にはオススメ出来ないが、「まぁこの値段なら混ぜモノもしょうがないだろう」ってことで食える人にはかなり面白い本だと思う。

シリーズモノなので追々他のも読んでみます。

食品のカラクリ [宝島SUGOI文庫] (宝島SUGOI文庫 A へ 1-39)
食品のカラクリ [宝島SUGOI文庫] (宝島SUGOI文庫 A へ 1-39)
食品のカラクリ―驚異のフードマジックそうだったのかこの食べ物! (別冊宝島 (1316))
食品のカラクリ―驚異のフードマジックそうだったのかこの食べ物! (別冊宝島 (1316))
食品のカラクリ2  「肉」のヒミツ−「牛丼肉」のスゴイ利益 (別冊宝島)
食品のカラクリ2 「肉」のヒミツ−「牛丼肉」のスゴイ利益 (別冊宝島)
食品のカラクリ3 レストランの秘密−厨房のウラ側!! (別冊宝島)
食品のカラクリ3 レストランの秘密−厨房のウラ側!! (別冊宝島)
食品のカラクリ4 体に安全なものの食べ方−農薬・食品添加物を落とす徹底実践法86 (別冊宝島)
食品のカラクリ4 体に安全なものの食べ方−農薬・食品添加物を落とす徹底実践法86 (別冊宝島)
食品のカラクリ5 決定版 からだに良い水−からだによい水とは!? 間違いだらけの水選び (別冊宝島 1443 ノンフィクション)
食品のカラクリ5 決定版 からだに良い水−からだによい水とは!? 間違いだらけの水選び (別冊宝島 1443 ノンフィクション)
食品のカラクリ6 輸入食品の真実!!−やっぱり危険!? 「中国産」の知られざる実態 (別冊宝島 1458 ノンフィクション)
食品のカラクリ6 輸入食品の真実!!−やっぱり危険!? 「中国産」の知られざる実態 (別冊宝島 1458 ノンフィクション)
食品のカラクリ7 「魚」のヒミツ−獲れたてピチピチの衝撃ネタ!! (別冊宝島 1483 ノンフィクション)
食品のカラクリ7 「魚」のヒミツ−獲れたてピチピチの衝撃ネタ!! (別冊宝島 1483 ノンフィクション)
食品のカラクリ8 知らずに食べるな!「中国産」−隠された「中国産原料」 (別冊宝島 1484 ノンフィクション)
食品のカラクリ8 知らずに食べるな!「中国産」−隠された「中国産原料」 (別冊宝島 1484 ノンフィクション)
食品のカラクリ9 賞味期限のヒミツ−食べ物の「寿命」を知る (別冊宝島 1491 ノンフィクション)
食品のカラクリ9 賞味期限のヒミツ−食べ物の「寿命」を知る (別冊宝島 1491 ノンフィクション)
食品のカラクリ10 「国産」「安心」の食べ物はこれだ!−食品選びの意外なウソ・ホント (別冊宝島 1529 ノンフィクション)
食品のカラクリ10 「国産」「安心」の食べ物はこれだ!−食品選びの意外なウソ・ホント (別冊宝島 1529 ノンフィクション)
食品のカラクリ11 「ニセモノ食品作り」最前線−激安の裏に「添加物」!! (別冊宝島 1519 ノンフィクション)
食品のカラクリ11 「ニセモノ食品作り」最前線−激安の裏に「添加物」!! (別冊宝島 1519 ノンフィクション)


このシリーズ以外でアマゾンの検索で引っ掛かる面白そうなのは

中国ニセ食品のカラクリ
中国ニセ食品のカラクリ
これを食べてはいけない―危ない食品のカラクリ-何を選ぶ?どう食べる?
これを食べてはいけない―危ない食品のカラクリ-何を選ぶ?どう食べる?
食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
「ヒット食品」人気のカラクリ!―いつものあの味にそんなヒミツがあったなんて! (青春文庫)
「ヒット食品」人気のカラクリ!―いつものあの味にそんなヒミツがあったなんて! (青春文庫)
見なきゃ損する食品衣料表示のカラクリ
見なきゃ損する食品衣料表示のカラクリ
食べてはいけない添加物 食べてもいい添加物 (だいわ文庫 A 107-1)
食べてはいけない添加物 食べてもいい添加物 (だいわ文庫 A 107-1)
回転寿司「激安ネタ」のカラクリ−ファン必読! 偽装魚&インチキ代用魚総覧85種 (別冊宝島)
回転寿司「激安ネタ」のカラクリ−ファン必読! 偽装魚&インチキ代用魚総覧85種 (別冊宝島)
食品表示どちらが安全?―正体を隠す表記のからくり
食品表示どちらが安全?―正体を隠す表記のからくり
食品表示どちらが安全?―正体を隠す表記のからくり
健康食品業界の実態―巧妙悪質な儲けのカラクリを告発する!
健康食品業界の実態―巧妙悪質な儲けのカラクリを告発する!
健康食品業界の実態―巧妙悪質な儲けのカラクリを告発する!


ruminn_master at 2008年11月01日 15:17 【本】食品のカラクリ11 「ニセモノ食品作り」最前線コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年10月29日

【本】絵解き ルソーの哲学―社会を毒する呪詛の思想 4

近くの図書館で何となく目に付いて借りて帰ってきた本。

予想外に面白かったけど、最後まで読んだらコレはコレで疑って読むべき部分も有って、また別の機会にもうちょっと調べてみようとは思った。

絵解き ルソーの哲学 ― 社会を毒する呪詛の思想

絵解き ルソーの哲学―社会を毒する呪詛の思想
絵解き ルソーの哲学―社会を毒する呪詛の思想

本書は、日本の教師や知識人の多くが左翼がかっていてルソーを肯定する足場から出発しているとの見識から、ルソーの哲学の胡散臭さを糾弾し、アンチテーゼを呈示したような本。

渡部昇一が監訳。高校時代に「Big Tomorrow」を読んでたので渡部昇一の文章はよく目にしてたけど、クリスチャンで保守派の大学教授といえばいいかな。

たしかに右だの左だのという問題じゃなく、ルソーって肯定的に書かれた文章を目にしてきて、その問題性に触れた本を読んだことがなかったので結構新鮮でした。

大雑把に言えば、不幸な生い立ちの頭の良い男が、社会に受け入れられないという感覚を心理的に合理化するために頭を使って「世の中が悪い」と逆転の発想、そんなところが「人間不平等起源論」で、さらに人間は現代(近代)社会に毒されなければ本性として他者との軋轢など生じない「はず」なのに、自分が社会と軋轢を生じるのは全ての人が(自分も含めて)毒されているからだ、そんな理屈で「理想の教育」を論じたのが「エミール」だったり。

で晩年、社会とますます上手くいかなくなってその破滅的思索を小説化したのが「告白」だったり。

どうやら人気の一端には太宰治人気みたいなものもありそうですな。

もっと大雑把に言えば結構「人間のクズ」っぽいのだけど、たまたま詩的センスや文章力に優れていた感じ。

まぁこの本を読んだ素直な受け止め方だとそんな感想になりますかな。

ただまぁそのうちもうちょっと反対の立場のも読まなきゃね、とは思うけどね。

それでも、今までこういうスタンスの本に出会ったことがなかったという意味で結構貴重な出会いでありました。

いい刺激になった。

ruminn_master at 2008年10月29日 15:26 【本】絵解き ルソーの哲学―社会を毒する呪詛の思想コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

【本】基礎からはじめるコインマジック 4

手品もガキの頃のクラス会なんかでやってた方だし、何度かコインマジックも練習しかけたりもしたけど、どうも続かないね。

コインロールとかはときどき遊ぶけど。

それに手品って努力して上手くなっても、何だかかえって人に信用されないキャラクターを作るようで(笑)。

近所の図書館で借りてきた本。

基礎からはじめるコインマジック
基礎からはじめるコインマジック

かなり親切で分かり易い。

たぶん良書。

でも図書館の返却期限内じゃ最後まで辿り着けないです(笑)。

盛り沢山な内容を基礎からかなり懇切丁寧に説明してるし、図解も多くて、またチャレンジするならコレいいなと思った。

一応返却。

ruminn_master at 2008年10月29日 15:24 【本】基礎からはじめるコインマジックコメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年10月04日

【書】女はなぜ突然怒り出すのか? 3

そんなこと判れば苦労はしない!(笑)っていうか、経験上、判ってたって対処できると思えない。。。

んだけど、心療内科医の著者(女性)が「医学的」に男女の性差を解説した新書。

出て1年以上経つらしいが、先日買って読んで面白かった。

女はなぜ突然怒り出すのか? (角川oneテーマ21)

この著者の文章の調子は「男が女性の『なぜ』を『わかる』ことができたら」、「世の中丸く収まる」とか「男も女も幸せに」ってハナシ。

こりゃ女に「男は女と違うのだから『わかる』努力を」って求めてもどうせ無駄、って悟りなのかと思ったけど、著者は医者で、なおかつ女性、もう少し冷静。

要は論理的に『わかる』ことでどうにか対処できるのは男の特質で、それじゃどうにもできないのが女の特質で、みたいなハナシに思う。

そうなんだろうな、という理解はできるけど、何か面白くないけどね(笑)。

でもまぁそういうことだろうなと。


この本以前に自分が思ってることだけど

「男は理由を求め、女は証拠を求める」

なんてこと。


昨今の沢尻エリカ騒動(舞台挨拶での傍若無人からHPでの謝罪、テレ朝での涙のインタビューまで)を見てると、男女の反応差がかなり如実に出てたので、この本のことを思い出した次第。

件の「謝罪」&「涙のインタビュー」が出た時点で、女子アナ、女性キャスターとかの論調は基本的に「あれだけ真摯に反省してるって言ってるんだし、そういう姿なんだから、それを見たら『もういい』じゃない」ってことだし、本人も『なぜ』については言わない、言いたくない、言うべきでない、と思っている様子。

それに対して男性の場合、それはアナウンサーもキャスターもコメンテーターも、どころか番組制作者も、雑誌編集者も、おそらく比率で言えば大半が男性なのだろうからと考えるとマスコミの論調全体は「なぜあんなことをしたのか説明しないと納得しない」ってパターンな気がする。

この見事な平行線を見てて「なるほどなぁ」と。

おそらく女性にとって理由は大きな意味を持たず、あるいはどういう理由にせよそういう感情を抱いたことこそが大事なんだという認識であるのに対して、男性にとっては理由が納得のいくものかどうかが大事なんであって、その結果どういう感情を抱こうとそれは取るに足らない問題なんだという認識。

共感できる女性の立場からすれば、「理由を言いたくない」という「女の意地」こそ尊重に値するのだけど、男性の立場からすればそういう「意地」を張ってること自体が「反省していない」証と受け止めている。

そういう女性陣から見ると、いつまでも「理由」を求めてる男は、何故か「男らしくない」とか言われたりする(笑)。(論理的にはそういう脳味噌の構造こそ「男らしい」のだけど、女性の求めてる男性像とは異なるというハナシ)

この勘違いの平行線って交わるのだろうか?

という問いに対して、この本は「無理!」って言ってる(笑)。


ただまぁ、それはあくまでも「丸く収める」という決着方法の場合であって、社会的な解決方法、というかビジネスとしての納め処は、どちらかがどちらかに合わせる、妥協する、あるいはウヤムヤの内に忘れる、なんてことでしょうから、女性が意地を曲げて理由を語るかも知れないし、男性が諦める(呆れる?)かも知れないけどね、実際は。

-----
ブッス〜!エリカ様超不機嫌モード

9月30日10時41分配信 デイリースポーツ

 女優・沢尻エリカ(21)の主演映画「クローズド・ノート」(行定勲監督)が29日、全国で公開され、東京・有楽町の日劇2に登場した沢尻は“超不機嫌モード”の舞台あいさつを行った。司会者は困惑し、製作・配給した東宝関係者も“凍り付く”異例の光景だった。
 異変は、ステージに登場した時から始まっていた。行定監督や共演の竹内結子(27)らがにこやかにほほえんでいるのに対し、沢尻だけはこわばった表情。最初こそ「みなさん、きょうはお越しいただきありがとうございました」とあいさつしたが、あまりの短さに司会者が撮影中のエピソードを聞いたが「特にないです」とピシャリ。
 さらに、沢尻がクッキーを焼いて撮影現場に持参したエピソードも明かされ、行定監督が「現場の空気を柔らかくしてくれて助かります。こういう女優さんは初めてでしょう」と話したことにも「別に」と、とりつく島もなし。困惑した司会者はこれ以上の質問をやめ、事務所の先輩の竹内も苦笑するだけだった。
 また、主題歌のYUIが登場した際には全員が拍手で迎えた中で沢尻だけは腕を組んだまま。最後の写真撮影でも通常の目線の注文を無視し、明らかに不機嫌な様子。この日の沢尻については東宝関係者も「入る時は普通に見えたけど、こちらが知りたいぐらい」と困惑。早々と会場を後にしたが、満員の観客もただただあ然としていた。

最終更新:9月30日10時41分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070929-00000028-dal-ent
---
エリカ様、釜山映画祭舞台あいさつ白紙…不機嫌腕組み“悪態”余波

10月2日8時0分配信 スポーツ報知

 主演映画「クローズド・ノート」(9月29日公開、行定勲監督)の初日舞台あいさつが波紋を呼んでいる女優の沢尻エリカ(21)の「第12回釜山国際映画祭」への参加が白紙になっていることが1日、分かった。沢尻は当初、行定監督とともに6日の上映で舞台に立つ予定だった。配給元の東宝では「体調面も含め、マネジメント(所属事務所)の判断待ちです」と説明している。

 沢尻は当初、今月4日に開幕する釜山国際映画祭に行定監督とともに出席。4日にレッドカーペットを踏み、公式上映される6日には舞台あいさつも行う予定だった。

 しかし、司会者が話を振っても「別に…」「特にないです」としか話さず、最後まで不機嫌さを隠そうともしなかった9月29日の初日舞台あいさつで微妙な状況になってきた。当日は体調が悪かったのではとする声もあるが、エリカ様不機嫌の理由は不明で、関係者も首をひねるばかり。

 東宝では「体調面も含めて大丈夫なのかという声があがっている。マネジメントサイドの判断を待ちたい」と説明。釜山出席はギリギリまで様子を見て最終判断することになった。

 週が明けても沢尻の姿には、批判と失望の声が相次いでいる。所属事務所のHPはこの日もアクセスが殺到し、つながりにくい状態。「クローズド・ノート」の公式ブログは混乱を避けるためにコメント欄が削除された。大手ポータルサイト「Yahoo」の映画レビューコーナーには、「どんなに美しく切ないストーリーで素晴らしい演技だとしても、あの舞台挨拶を見てしまってはかえって空々しいだけだと思い興味を失いました」などの書き込みが集中。出演しているCM企業のイメージダウンを心配する声も出るなど、余波は各方面に広がっている。

 この事態を所属事務所のスターダストプロモーションでは重く受け止め、本人を交えて話し合いを行っているという。事務所関係者は、近日中に何らかの形でコメントを発表するとしている。

 ◆富永美樹アナ「いい印象で終われるように」 映画舞台あいさつで司会を務めた元フジテレビアナウンサー富永美樹(36)は1日、自らのブログで心情を吐露。「ただ、同じ事務所に所属するモノとして、少しでもいい印象で終われるようにしてあげたかった…」とつづっていたが、この文はなぜか削除された。

最終更新:10月2日8時0分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071002-00000065-sph-ent
---
エリカ様 謝罪“諸悪の根源は私”

10月3日10時13分配信 デイリースポーツ

 主演映画「クローズド・ノート」の公開初日舞台あいさつで「別に」などと話すだけの不機嫌な態度が波紋を呼んでいた女優・沢尻エリカ(21)が2日、自身の公式HPで謝罪コメントを発表した。また、出席予定だった4日開幕の釜山国際映画祭を欠席することも発表された。
 「別に」。撮影中のエピソードを問う質問に腕を組んだまま答え、司会者をキッとにらみつけた衝撃の舞台あいさつからわずか3日。怖いもの知らずのエリカ様が急転、土下座状態で全面謝罪した。
 早朝4時にアップされたコメントの冒頭で沢尻は「私の言動で、関係各位の皆様に多大な迷惑をおかけした事をお詫び申し上げます」と陳謝。さらに「諸悪の根源は全て私にあるもので、それを踏まえた上で責任を取る考えです」「人として未熟だった」などとつづった。
 所属事務所によれば、沢尻本人が全文を考えたという。「責任を取る」と書いたことについては「何らかの形でけじめをつけないと、考えているが具体的な方法は検討中」としている。
 9月29日の舞台あいさつに対してはインターネットを中心に「何さまだ!」などと批判が殺到。事態を重く見た担当マネジャーらが沢尻に厳重注意をし、沢尻も舞台あいさつ後の打ち上げでは号泣するなど、しでかしたことの重大性に気付き、深く反省した様子。コメントでも「これから皆様にすこしでも何かを返せていけたら」と殊勝に語っており、この日も仕事をこなしたという。
 また、「クローズド-」が招待出品された韓国・釜山国際映画祭(4日開幕)にも出席予定だったが欠席することを決めた。「混乱を招き関係者、映画祭主催者に迷惑をかけないため」(所属事務所)としている。

最終更新:10月3日10時13分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071002-00000026-dal-ent
---
エリカ様が謝罪、不機嫌理由は明かさず

10月3日9時50分配信 日刊スポーツ

 不機嫌なエリカ様が謝罪した。主演映画「クローズド・ノート」の公開初日舞台あいさつでの態度が波紋を広げた女優沢尻エリカ(21)が2日、公式ホームページ上で謝罪した。「諸悪の根源はすべて私にあるもので、それを踏まえた上で、責任を取る考えです」と、反省の言葉を連ねた。騒動余波で、6日に予定していた釜山映画祭への参加を取りやめを決定したが、なぜ不機嫌だったかは不明のままだ。
 沢尻の謝罪が公式HP上にアップされたのは2日午前4時ごろ。「多くのファンの皆さまを失望させてしまったことは、明らかに私のファンへの裏切り」「女優として、表に出て表現する人間として、プロとして、あってはならないこと」などと、反省の言葉が並んだ。しかし、何がそうさせたかは、明かされなかった。
 主演映画の晴れ舞台で、腕を組み、質問にも仏頂面で「特にないです」「別に」としか答えない9月29日の不機嫌モード全開の言動は、各所に影響を及ぼした。舞台あいさつ以降、沢尻のHPはアクセスが殺到。つながりにくい状態はこの日の謝罪文で拍車が掛かった。
 芸能界のご意見番、和田アキ子(57)が「今度しめるからさ」と制裁を予告。ほかの会見で「別に…」と沢尻発言をパロディーする俳優まで現れた。ネット上では「話題づくりの演技では」とまで推測されたが、悪印象は避けられない。このままでは、映画の興行にも悪影響を及ぼし、5社と契約、4本が放送されるCM企業のイメージダウンにもつながるだけに、所属事務所は謝罪という形で、収拾に乗り出した。
 波紋は海を越えた。6日に釜山映画祭に出品された「クローズド・ノート」の特別上映で舞台あいさつする予定だったが、製作・配給の東宝と所属事務所が話し合い、欠席を決めた。所属事務所は欠席理由を「騒動が大きくなり、関係者や映画祭サイドに迷惑を掛けられない」と説明。一時は「過労による体調不良で欠席するようだ」との情報もあり、関係者内部の混乱ぶりも伝わってくる。
 主演ドラマ「1リットルの涙」が放送されるなど、韓国でも沢尻の人気は高い。中には「沢尻と会えるめったにないチャンスだけに、がっかりした韓国のファンも多いはず。連日PR活動に頑張ってきたのに、あの舞台あいさつですべてが狂ってしまった」と、肩を落とす関係者もいる。
 約2カ月間、100媒体以上の取材をこなすなど、作品への思い入れは強かった。ところが、トーク番組などでみせる奔放な言動と奇抜なファッションの“女王様キャラ”は、時には場違いな印象も残した。それが暴発するように、初日舞台あいさつでの失態。映画関係者には映画館に足を運んだファンの前だったことが、許されない行為だとされている。

最終更新:10月3日9時50分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071003-00000043-nks-ent
---
シメられた?「何様のつもり」エリカ様、一転謝罪のワケ

10月2日17時1分配信 夕刊フジ

 主演映画「クローズド・ノート」(行定勲監督)の初日舞台あいさつで、仏頂面の横柄な態度を取ったことが波紋を呼んでいた人気女優の沢尻エリカ(21)が2日早朝、自身の公式ホームページで全面謝罪した。映画の公式ブログに、ファンのブーイングが殺到して閉鎖される騒ぎになっていた。

 謝罪文は、この日午前4時すぎ、ホームページに緊急掲示された。

 それによると、沢尻は舞台あいさつでの悪態について「関係各位の皆様には、多大な迷惑をおかけした事をお詫び申し上げます」と全面的に謝罪。

 その上で、「諸悪の根源は全て私にあるもので、それを踏まえた上で、責任を取る考えです」「人として、まだまだ未熟だったゆえの事だと思います」「これから改めて自分と向き合って考えていきます」などと、謹慎や休業を示唆するような記述もあった。

 所属事務所スターダストプロモーションの広報担当者は「沢尻と担当マネジャーが話し合った上で、謝罪文については沢尻本人が考えた。事務所では一切、手を加えていません」としている。

 また、本人が責任を取る、としていることについては「現時点では、仕事が入っており休むことで関係各所に迷惑をかけるわけにはいかない。今日も都内で仕事をしている。今後については状況しだいです」と説明した。

 沢尻は9月29日、東京・有楽町の日劇2で主演映画の舞台あいさつに登場。金髪のカツラに右肩を露出した豹柄ドレスという奇妙な衣装で、「きょうはありがとうございました」と投げやりに一言だけ話すと、あとはうつむいて腕を組んだままだった。

 司会を務めた同じ事務所の元フジテレビアナ、富永美樹(36)が「印象に残ったシーンは?」と問いかけてもブスッとしたまま「特に…ないです」など、PRコメントはわずかに三言だけ。監督や同じ事務所の先輩、竹内結子(27)ら共演者が懸命にフォローしたが、集合写真の撮影でも腕を組んだままで『大ヒット!!』と書かれた映画の看板も竹内らに持たせるなど“女王様”ぶりを発揮していた。


 この異様な舞台あいさつを知ったファンからは、東宝による映画の公式ブログに「楽しみだったが、見る気が失せた」「何様のつもりか」といった書き込みが殺到して、映画の公開早々から閉鎖される騒ぎに。興行成績にも影響しかねない事態に発展していた。

 また、司会を務めた富永は1日のブログで「同じ事務所に所属するモノとして、少しでもいい印象で終われるようにしてあげたかった…」と心情を綴ったものの、この文が後に削除されるなど、周囲にも動揺が広がっている。

 「クローズド・ノート」は、4日に韓国で開幕する第12回釜山国際映画祭での公式上映(6日)を控えている。沢尻は、行定監督とともにスケジュール調整中だったが、出席は危ぶまれている。

 【さわじり・えりか】 1986年4月8日生まれ。東京都出身。「ヤングジャンプ」制服コレクション準グランプリを機に2001年デビュー。05年在日コリアンの青春を描いた映画「パッチギ!」(井筒和幸監督)のヒロインに抜擢され注目を浴びる。

 その後、「1リットルの涙」(フジテレビ系)、「タイヨウのうた」(TBS系)などテレビドラマの薄幸少女役を好演。長澤まさみ(20)とライバル視され、若手の人気女優の座を確立した。歌手、ERIKAとしてもヒットチャートをにぎわす存在。

最終更新:10月2日17時8分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071002-00000002-ykf-ent
---
沢尻エリカさんが謝罪 「諸悪の根源は私」「人間として未熟だった」

10/02 06:31 iza

 映画の舞台あいさつで不機嫌な態度を見せたとして話題になった女優の沢尻エリカさん(21)が2日、自身のオフィシャルサイトで謝罪文を発表した。沢尻さんは謝罪文で、「女優として、表に出て表現する人間として、プロとして、 あってはならない事で、そして人として、まだまだ未熟だったゆえの事だと思います」と当時を振り返り、「これから改めて自分と向き合って考えていきます。 本当に申し訳ございませんでした」と綴っている。

 沢尻さんの態度を巡っては、当日司会を務めた同じ事務所の元フジテレビアナウンサー、富永美樹さん(36)が自身のブログで「少しでもいい印象で終われるようにしてあげたかった…」などと、沢尻さんに対して精一杯の配慮をしたことを告白したものの、数時間後に削除された。

謝罪文全文は以下の通り:

先日の舞台挨拶での私の言動で、関係各位の皆様には、
多大な迷惑をおかけした事をお詫び申し上げます。

諸悪の根源は全て私にあるもので、それを踏まえた上で、
責任を取る考えです。

そして何より今回の一件で、多くのファンの皆様を失望させて
しまった事は、明らかに私のファンへの裏切りです。

女優として、表に出て表現する人間として、プロとして、
あってはならない事で、そして人として、まだまだ未熟だった
ゆえの事だと思います。

今回の事は、自分なりに受け止めています、失った物もあり
ますが、この経験を通して学べた事もあります。

謝罪して終わりになる事ではないですが、これから皆様に
すこしでも何かを返せていけたらと思っています。

これから改めて自分と向き合って考えていきます。
本当に申し訳ございませんでした。

                      沢尻エリカ

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/87783/
---
冨樫森監督 エリカ様にあきれる

10月3日10時13分配信 デイリースポーツ

 昨年、沢尻エリカ(21)の出演作「天使の卵」を監督した冨樫森監督(47)が2日、沢尻の起こした“問題行動”について「あんなこと、初日に言われたら監督としたらたまらない。フランクで、いい印象があったのに…」とあきれ返った。同日、冨樫監督は、俳優の竹野内豊(36)の主演で、最新作「あの空をおぼえてる」(2008年4月26日公開)をクランクイン。家族愛をテーマにした作品で、ロッジ風民家を借りてのロケに、竹野内は「こういう環境で家族と一緒に生活し、子供を育てられたら理想。(結婚は)僕はまだまだですが、疑似体験してます」と語った。

最終更新:10月3日10時13分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071002-00000025-dal-ent
---
沢尻エリカが謝罪…長期謹慎の可能性

10月3日7時3分配信 スポーツニッポン

 映画舞台あいさつでの不機嫌対応で波紋を広げている沢尻エリカ(21)が2日、公式ホームページで全面謝罪のコメントを発表した。「諸悪の根源は全(すべ)て私にある。それを踏まえた上で責任を取る」と言明、女優活動の謹慎を示唆した。年内は既に決まっている仕事があるため、長ければ来年の1年間を謹慎する可能性も。厳しい処分を自らに科すとみられる。

 自らの言動で共演者をはじめ、映画関係者、スポンサーなど周囲に多大な迷惑をかけてしまった“エリカ様”。この日の声明にはいつもの奔放発言は一切なく、真摯(しんし)に自らを戒めた。

 まず「多大な迷惑をお掛けしました」とわびた上で「諸悪の根源は全て私にある」と一切の言い訳がないことを強調。「それを踏まえた上で責任を取る考えです」と、厳しい処分を自らに課す意向を明らかにした。

 その大きな理由を「何より今回の一件で多くのファンの皆様を失望させてしまった事は、明らかに私のファンへの裏切り」と説明。「女優として、表に出て表現する人間として、プロとして、あってはならない事で、そして人として、まだまだ未熟だったゆえのことだと思います」と反省した。

 「責任の取り方」について、所属事務所では「本人が現在の率直な思いを書いたものなので、具体的にどうするかは分からない」と説明。ただ、この日になって6日に予定された韓国・釜山国際映画祭への欠席を決めるなど、女優活動の謹慎に大きく動き始めている。

 実際、映画、スポンサー関係者などによると、来年の沢尻のスケジュールは白紙状態になっており、長ければ1年間休業する可能性まである。奔放な言動が度を過ぎてしまった騒動とはいえ、かなりの厳しい姿勢で事態の沈静化を図ることになりそうだ。

 とはいえ、今年を代表する売れっ子の1人。年内のスケジュールをすべて動かすのは難しく「謝罪して終わりになる事ではないですが、これから皆様にすこしでも何かを返させていけたらと思っています」と“エリカ様”を封印し、真摯に取り組んでいくことを誓っている。

最終更新:10月3日7時3分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071003-00000045-spn-ent
---
エリカ涙で謝罪「すべてぶち壊してしまった」

10月4日8時58分配信 産経新聞

 主演映画「クローズド・ノート」(行定勲監督)の初日舞台挨拶で、腕組み仏頂面の態度に批判が集中し、自身の公式ブログで謝罪した人気女優、沢尻エリカ(21)が4日、テレビ朝日の「スーパーモーニング」に出演し、「あの日の行動ですべてをぶち壊してしまった」と涙ながらに語った。
 3日に行われたというインタビューで、挨拶当日の金髪のカツラにヒョウ柄ドレス姿とは打って変わった黒髪と黒いスーツ姿で現れた沢尻は当初、笑顔も見せながら「まだ芝居ができるわけじゃない」と、周囲の評価と自己評価とのギャップに悩む内面を吐露。「あまりに(周囲の環境の変化の)スピードが速かった。いま、評価されている点で嬉しいとは思わない」と答え、女性キャスターの「あまり嬉しくない?」の問いに、舞台挨拶で使い、流行語にもなりつつある「別に」のセリフで応じる場面も。
 さらに、ぶちきれ挨拶の原因を尋ねられると、「原因はある。私情を(公の場に)持ち込んでしまったことについて謝罪します。プロとして、あってはならないこと」と直接の原因については語らず、映画の出来栄えについてかとの質問には「(それは)ないです」と笑顔で答えた。さらに沢尻は原因については「重要ではない」とし「ファンの前であの姿を見せてしまったことを後悔している。プロとして失格なことをしたということは受け止めている」と繰り返した。
 ブログに「責任を取る」と書き込んだことについて「責任の取り方は(今後の)演技で?」と尋ねられると、「そうしたいですね」と答えた。しかし、ファンに伝えたいことを問われると、しばらく言葉を詰まらせ、涙を流し「自分のあの日の行動で、すべてをぶち壊してしまった。スタッフの方に迷惑をかけてしまいましたし、人として未熟だった。いろんな期待にこたえなければいけない立場で裏切ったことは本当に申し訳ないと思っているんですけれど・・」と搾り出すように謝罪の言葉を口にした。

最終更新:10月4日9時10分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071004-00000902-san-ent
---
エリカ様沈黙10分、大泣き「今後の演技で責任取る」だって

2007年10月04日19時48分 J-CASTニュース

「エリカ様」、涙を流して謝罪(テレビ朝日「スーパーモーニング」より) 主演映画「クローズド・ノート」初日舞台挨拶で、仏頂面で3言しか話さなかったなどの傲慢な態度が批判を浴びている「エリカ様」こと女優の沢尻エリカさん(21)が、騒動後初めてメディアの取材に応じ、涙ながらに謝罪した。その中で、騒動の「原因はある」としながらも、その具体的な内容については明らかにしなかった。インタビュー中は謝罪の言葉を繰り返しつつも、インタビュアーが沢尻さんに同情的だったからか、公式ウェブサイトにすでに公表されている謝罪文以上の内容が説明されることはなかった。

「原因はもちろんあるんですよ」
沢尻さんのインタビューは、テレビ朝日系の情報番組「スーパーモーニング」で、2007年10月4日の朝8時半から約30分にわたって放送された。実はこのインタビュー、07年9月29日に行われた、問題の舞台挨拶の直後に予定されていたが、体調不良を理由に直前にキャンセルされていた。10月1日の放送で赤江珠緒キャスターが「お待ちしてますよ!貸し1つということで」と呼びかけたところ、沢尻さんサイドが「借りを返す」形でインタビューが実現。放送前日の10月3日14時半頃から、テレビ朝日社内で収録が行われた。

黒いスーツに身を包んだ沢尻さんは冒頭、自らの女優観を披露。「この5年間で、沢尻さんの評価が大きく評価が高まったのでは」との赤江キャスターの問いに対しては、

「今評価されている部分で、私はうれしいとも思わないんですよ。たとえば芝居の内容だったりとかで評価されるのは、まだ芝居ができるわけでもないのに、それは本質の部分ではない」
と、「まだ自分は未熟」との殊勝な受け答えをした。

また、舞台挨拶での態度について「自分のパフォーマンスに不満があったのか」と問われると、

「うーん、『原因』はもちろんあるんですよ」
としながらも、その「原因」の内容については

「でもそこは重要ではないと思って、本当に。重要ではなくって、その私情って部分を、ファンの前で、カメラがいたりする前で、私がそれを出してしまったこと、そのことが女優としても表現者としても表に出る人間としてそれは本当にあってはならないことっていうか、今回、私がすごく感じたことなんですけど…」
と話した。沢尻さんはインタビュー中、繰り返して「プロの女優であるにもかかわらず、公の場で私情を表してしまったこと」に対する謝罪の言葉を口にしたが、その「原因」については、半ばはぐらかして説明を避けた形だ。

また、「映画に特に気に入らない部分があったのでは」という問いには、

「もちろんないですよ、それは」
と、完全否定した。

赤江キャスターは完全にもらい泣き
謝罪文で「責任を取る」と表明し、責任の取り方として「長期休養説」「引退説」がささやかれていることについては、赤江キャスターが

「沢尻さんのファンへの責任の取り方っていうのは、やっぱり演技で、パフォーマンスで返していくってことなのかな?」
と、半ば答えを誘導する形で質問。それに対して沢尻さんは

「そうしたいですよね。もちろん。この場を借りてっていうのも変なんですけど、それはお詫びしたい気持ちがありますね。すみませんでした」
と、政治家にありがちな「職責を果たすことで責任を取りたい」という答弁に近い答えで、憶測を一蹴してみせた。

インタビュアーの赤江キャスターが番組内で明らかにしたところによると、沢尻さんは1時間ほど、自分は自然が好きだということや、自身の恋愛観、働く女性に対する思いなどを話し、赤江キャスターは「(取材に)出てきてくれただけで十分だと思った。沢尻さんの仕事に対する真摯な部分は出た」として、インタビューを終了しようとしたという。ところが、事務所側の関係者から

「ファンの側にもっと伝わるようにコメントを」
との声が挙がり、休憩を挟んでインタビューは続行。明らかに沢尻さんに感情移入している赤江キャスターの様子が、このあたりから変わってくる。

赤江キャスターが

「悩んだときは沢尻エリカは困難な方をとる?」
と聞くと、沢尻さんは

「行きますね!」
と答え、それに対して赤江キャスターは、涙声にも聞こえる声で

「男前だ、本当に」
と応じ、その直後に沢尻さんも涙を流したのだ。

赤江キャスターは、最後の質問として

「ファンの方とか関係者の方に、今一番伝えたいことがあれば、言っていただけますか?」
と聞くと、沢尻さんは沈黙。赤江キャスターは、間を持たせるために、時々

「本当に思っていることでいいんですよ、それがあれば」
「今はまだ難しいかな?」
「ないんならないでもいいんですよ、うん」
といった声をかけたが、沈黙は10分以上続いたという。その上で、赤江キャスターが

「応援していきますからね。今日のお話の中で、俳優業っていう仕事に対するいつも真摯な思いみたいなものをね、生半可な気持ちでやってるんじゃないんだな、っていうのを十分分かりましたし」
と声をかけると、沢尻さんは、絞り出すような声で、涙を流しながら改めて謝罪の言葉を口にした。

「あの日の、自分のあの行動ですべてを本当にぶち壊してしまったって感じ。スタッフの方とか、ほんとに迷惑をかけているし…。それは本当に自分が未熟だって故のこと。今回感じたことは、常に(表に)出る側の人間としていろんな期待があったりだとか、それに応えていかないといけない立場なんですけど、それを裏切ってしまった形であるのは、本当に申し訳ないなって思っているんですけど…」
これを受けて、赤江キャスターは完全にもらい泣き。

「今日は本当に来てくれてありがとうね、うん。俳優さんとしても女優さんとしてもそうだけど、ひとりの女性、人間、沢尻エリカさん。もっともっと大きくなっていくんじゃないかなー、って思うし」
とエールを送り、握手してインタビューは締めくくられた。

赤江キャスターのスタジオでのコメントによると、沢尻さんの不機嫌の「原因は1つだけじゃない」とのことで、「(本当は存在し)ないですけど沢尻会に入りたい」そうだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/3332571/
---
エリカ様が騒動後初TVで涙の謝罪

2007年10月05日10時43分 デイリースポーツ

 主演映画の舞台あいさつでの不機嫌な態度が波紋を呼んだ女優の沢尻エリカ(21)が、4日放送のテレビ朝日・ABC系「スーパーモーニング」の単独インタビューに応じ騒動以来、初めてテレビ出演した。2時間以上、質問に答えたが、不機嫌な態度を取った真相については語らずじまいだった。
 沢尻は黒ジャケット姿と服装から反省モード。聞き手の赤江珠緒アナの質問に、柔和な笑顔交じりにすべて敬語で答えた。だが「不機嫌な原因は?」と切り込まれると「原因はある。でも私情を持ち込んだことが問題で、原因は重要ではない」とはぐらかした。
 最後に「伝えたいことがあれば」と尋ねられると視線を上下に泳がせ10分以上沈黙した後、大粒の涙をポロポロ。「自分の行動ですべてをぶち壊した。人として本当に未熟だった。出る側の人間として期待に応えなければいけないのに裏切った。申し訳ない」と謝罪。なぜか一緒に泣き出した赤江アナと手を取り合い号泣する姿は、“エリカ様”とは思えなかった。

http://news.livedoor.com/article/detail/3333304/
--------

まぁ「女の涙」ってことで解決されちゃうのは男から見るととっても卑怯なんだけど、それはまぁ「許されたジョーカー」って感じで、こうなると「男の視点」の方が折れる方が「円く納まる」んだろうな、とは思います。

何と言ってもまだまだ存在価値の有る女優さんだと思うし。少なくとも最初の「正直さ」は今の世の中ではむしろ貴重に思うしね。ウソツキの方が簡単な訳だから。

ここは「理由は言いたくない」っていう「女の意地」が「女の涙」ってジョーカーが切られたことで、「男としては」心情的には「通さざるを得なくなった」みたい。そのせいで「涙」以降は結構アチコチで苦笑気味の論調が目立ち始めた気がします。

それでもまだまだ当分マスコミは「理由」を求めるんだろうなぁ。
 毀誉褒貶が飯の種の人々としては「下げっぱなし」も「上げっぱなし」も商売にならないのだろうから、各メディアがどういう論調になっていくのかはちょっとした見物。


ruminn_master at 2007年10月04日 23:56 【書】女はなぜ突然怒り出すのか?コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年11月27日

【書】栃錦の技姿 4

Amazonのネット販売で半額だったので他の注文の「ついで」に買ったもの。
昔本屋で並んでる時に手にとっては見てるけど
定価3500円に手が出なかった気がする。
平成2年の本だから当時の自分の目には値打ちが無かったのかもしれない。



名人栃錦絶妙の技―相撲技七十手
名人栃錦絶妙の技―相撲技七十手


今回買ってみて久々に目にした訳だけど技姿の写真を見ただけでビックリ。
いやぁ美しいねぇ。
昭和32年当時の横綱の栃錦が
鳴門海とスタジオ写真で技姿を残したモノが大判の写真で。
技70手の解説と様々な取り組み写真は秀の山勝一が当時雑誌「相撲」に連載していたもの。
 そういえば相撲の技は知ってるつもりで細かくは気にしてなかった。
競技スポーツは所詮はルールの枠内のことだから深い興味がないのもある。
でも考えてみれば武術から競技スポーツ化した最初かもしれないもの。
その本籍の武術的要素は人を選べば失われていないはずだ。
昔の人が絶賛する栃錦の技姿はさすがに美しい。

解説もなかなか面白い。
たとえば「下手投げ」の一節。

----------------------------
 下手投げは下手だけで投げようとしても効果はない。他の上手を引くか、相手の差し手を抱え込んでヒジをつかむかして、その手を引くのと下手から振るのとが五分五分くらいの力の働きがないと決まらない。また腰の捻りもまた五分の働きにならぬと効果がない。もう一方の手で相手の状態を下の方に導き、重心を前の方に移し、崩すことによって下手投げを効果あらしめるのである。
---------------------------------------------

これは立派に武術としての相撲の、試行錯誤の経験の蓄積の記録だと思う。

--


雷走る―大相撲をつくった男たち
大相撲力士名鑑〈平成17年度〉
はじめての大相撲
平成17年版 大相撲力士名鑑 ~明治・大正・昭和・平成の歴代幕内全力士収録
大相撲大全集~昭和の名力士~


ruminn_master at 2005年11月27日 22:54 【書】栃錦の技姿コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年11月25日

【書】脳神経外科医さんの落語 3

と言っていいのかどうか、御本人は
「落語家が医者になっただけだ」と仰る。
十代目桂文治の弟子で桂前治という芸名のお医者さんだ。

(そういえば桂文治も昨年に本田美奈子と同じ急性骨髄性白血病で亡くなったんだっけか)

脳を鍛える大人の落語
十代文治 噺家のかたち


こだわり文治の泣きどころ―最後の噺家


古典落語名作選 其の一


師匠の桂文治の記憶は結構有るなぁ。
たしか黒紋付き着て高座に上がる最後の落語家とか言われてたんだっけ?
江戸落語のイメージの一つを桂文治に見ていたような気がする。

さて本書。
病院の中で患者さんを前に演った高座2席
本膳」と「青菜」が収録されたCD付。
本の内容は「落語がいかに脳を活性化するか」と落語の筆写本。
落語は映像での笑いと違って聞き手が想像力を働かせて楽しむ要素が強い。
その結果、少し興奮しながら癒され、元気が出ると同時にリラックスするそうだ。
脳神経外科の先生がその実践として病院寄席をやってるらしい。

落語の方は「意外に上手い」って感じだし、声や滑舌も悪くないので聞きやすい。
ただ、
ネタはオーソドックスだが少々理屈っぽい噺だから演じ方次第って面もあって
あまり冒険はしてない「大人の落語」であるから、サゲで大爆笑とはいかない感じ。
でも少々考えさせるハナシの方が脳には良い、って選択かもしれない。

談志も
「落語という笑いがあるのは日本だけだ。中国や朝鮮には無い」って言ってたっけ。
(頭の善し悪しよりは文化としての余裕の問題とは思うけど)

たしかにコントより聞き手を選ぶ高度な脳の働きが要求される気がする。
脳には良さそうだね。

ruminn_master at 2005年11月25日 14:40 【書】脳神経外科医さんの落語コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年11月23日

【書】スターウォーズのスピンオフ小説 3

スターウォーズはスピンオフ作品も膨大で、
サイドストーリー、ブリッジストーリーまで含めると
かなりシツコイ作品群だね(笑)。

この宇宙観では映画Episode4(最初の映画公開作品)の結末
ヤヴィン戦での勝利を紀元0年とするようなのでそれに従って時間軸で並べてみる。
サイドストーリーは膨大すぎるなぁとか思うけど、ブリッジストーリーは読んでみようかな。

・紀元前32年
スター・ウォーズ偽りの仮面

スター・ウォーズ ダース・モール 闇の狩人

★映画Episode1
スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス ムービーストーリー

スター・ウォーズエピソード1ファントム・メナス

・紀元前29年
スター・ウォーズ―ローグ・プラネット

・紀元前22年
スター・ウォーズ崩壊の序曲

★映画Episode2
スター・ウォーズエピソード2 クローンの攻撃

スター・ウォーズ 破砕点〈上巻〉

スター・ウォーズ 破砕点〈下巻〉

・紀元前21年
スター・ウォーズ セスタスの偽り〈上巻〉

スター・ウォーズ―セスタスの偽り〈下巻〉

・紀元前19年
スター・ウォーズ ジェダイの試練〈上〉

スター・ウォーズ ジェダイの試練〈下巻〉

スター・ウォーズ 暗黒の会合〈上〉

スター・ウォーズ 暗黒の会合〈下〉

スター・ウォーズ悪の迷宮〈上巻〉

スター・ウォーズ悪の迷宮〈下巻〉

★映画Episode3
スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐

・紀元前10年
スター・ウォーズ 聖地の罠―ハン・ソロ3部作〈1〉

・紀元前05年
スター・ウォーズ ハットの策略―ハン・ソロ3部作〈2〉

・紀元前02〜00年
スター・ウォーズ 反乱の夜明け―ハン・ソロ3部作〈3〉

・紀元0年=★映画Episode4
スター・ウォーズ―新たなる希望

・紀元後03年=★映画Episode5
スター・ウォーズ―帝国の逆襲

・紀元後03〜04年
スター・ウォーズシャドウズ・オブ・ジ・エンパイア〈帝国の影〉 (上)

スター・ウォーズシャドウズ・オブ・ジ・エンパイア〈帝国の影〉 (下)

・紀元後04年=★映画Episode6
スター・ウォーズ―ジェダイの復讐

・紀元後04〜05年
スター・ウォーズ バクラの休戦〈上〉

スター・ウォーズ バクラの休戦〈下〉



ruminn_master at 2005年11月23日 13:13 【書】スターウォーズのスピンオフ小説コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

【書】スピンオフ小説(映画の後の時代へ) 3

・紀元後07年 <Xウィングシリーズ>
スター・ウォーズ新生ローグ中隊 (上)

スター・ウォーズ新生ローグ中隊 (下)

スター・ウォーズ―首都奪回への賭け〈上〉

スター・ウォーズ首都奪回への賭け (下)

スター・ウォーズ―クライトスの罠〈上〉

スター・ウォーズ―クライトスの罠〈下〉

スター・ウォーズ―バクタ大戦〈上〉

スター・ウォーズ―バクタ大戦〈下〉

・紀元後08年
スター・ウォーズ―レイアへの求婚〈上〉

スター・ウォーズ―レイアへの求婚〈下〉

・紀元後09年
スター・ウォーズ タトゥイーン・ゴースト〈上〉

スター・ウォーズ タトゥイーン・ゴースト〈下〉

スター・ウォーズ 帝国の後継者〈上〉〜スローン3部作(1)〜

スター・ウォーズ 帝国の後継者〈下〉〜スローン3部作(1)〜

スター・ウォーズ―暗黒の艦隊〈上〉〜スローン3部作(2)〜

スター・ウォーズ―暗黒の艦隊〈下〉〜スローン3部作(2)〜

・紀元後10年
スター・ウォーズ―最後の指令〈上〉〜スローン3部作(3)〜

スター・ウォーズ―最後の指令〈下〉〜スローン3部作(3)〜

スター・ウォーズ ダーク・エンパイア 1 スター・ウォーズコミックス〜スローン3部作その後〜

スター・ウォーズ ダーク・エンパイア 2 スター・ウォーズコミックス〜スローン3部作その後〜

・紀元後11年 <ジェダイ・アカデミー・シリーズ>
スター・ウォーズ ジェダイの末裔〈上〉―ジェダイ・アカデミー・シリーズ〈1〉

スター・ウォーズ ジェダイの末裔〈下〉―ジェダイ・アカデミー・シリーズ〈1〉
スター・ウォーズ 暗黒卿の復活〈上〉―ジェダイ・アカデミー・シリーズ〈2〉
スター・ウォーズ 暗黒卿の復活〈下〉―ジェダイ・アカデミー・シリーズ〈2〉

スター・ウォーズ フォースの覇者〈上〉―ジェダイ・アカデミー・シリーズ〈3〉

・紀元後12年 <カリスタ・シリーズ>
スター・ウォーズ―ジェダイの遺児〈上〉

スター・ウォーズ―ジェダイの遺児〈下〉

スター・ウォーズ―ダークセーバー〈上〉

スター・ウォーズ―ダークセーバー〈下〉

・紀元後13年
スター・ウォーズ―黄昏の惑星〈上〉

スター・ウォーズ―黄昏の惑星〈下〉

・紀元後14年
スター・ウォーズ―クリスタル・スター〈上〉

スター・ウォーズ―クリスタル・スター〈下〉

・紀元後16年 <ブラック・フリート・クライシス・シリーズ>
スター・ウォーズ嵐の予兆 (上)―ブラック・フリート・クライシス・シリーズ〈1〉

スター・ウォーズ嵐の予兆 (下)―ブラック・フリート・クライシス・シリーズ〈1〉

スター・ウォーズ 偽りの盾〈上〉―ブラック・フリート・クライシス・シリーズ〈2〉

スター・ウォーズ 偽りの盾〈下〉―ブラック・フリート・クライシス・シリーズ〈2〉

スター・ウォーズ暴君の試練 (上)―ブラック・フリート・クライシス・シリーズ〈3〉

スター・ウォーズ暴君の試練 (下)―ブラック・フリート・クライシス・シリーズ〈3〉

・紀元後17年
スター・ウォーズ―新反乱軍〈上〉

スター・ウォーズ―新反乱軍〈下〉

・紀元後18年 <コレリアン・シリーズ>
スター・ウォーズ―コレリアの反乱 (上)―コレリアン・シリーズ〈1〉

スター・ウォーズ―コレリアの反乱 (下)―コレリアン・シリーズ〈1〉

スター・ウォーズ セロニア奇襲作戦 上―コレリアン・シリーズ〈2〉

スター・ウォーズ セロニア奇襲作戦 下―コレリアン・シリーズ〈2〉

スター・ウォーズ 決戦センターポイント〈上〉―コレリアン・シリーズ〈3〉

スター・ウォーズ 決戦センターポイント〈下〉―コレリアン・シリーズ〈3〉

・紀元後19年 <ハンド・オブ・スローン・シリーズ>
スター・ウォーズ 過去の亡霊〈上巻〉

スター・ウォーズ 過去の亡霊〈下巻〉

スター・ウォーズ 未来への展望〈上巻〉

スター・ウォーズ 未来への展望〈下巻〉

・紀元後22年
スター・ウォーズ 生存者の探索〈上〉

スター・ウォーズ 生存者の探索〈下〉

続きを読む

ruminn_master at 2005年11月23日 13:12 【書】スピンオフ小説(映画の後の時代へ)コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年11月16日

【考】男脳と女脳 3

男は人のハナシを聞かず女は地図が読めない、って本があった。



話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く


言葉でわかる『話を聞かない男、地図が読めない女』のすれ違い


前者が本体で、後者は派生品である。

ここ数年、外国モノの行動心理学系統の本って多いが
理論的部分、
つまり前提として「男の脳は空間認識に優れ・・・」云々は納得できても
結論部分が納得いかないことが多い。まぁ半分ってトコロか。
もしかしたら
俺が男だからで(しかも考え方が古臭い(笑))、
女性にとってはもう少し賛同パーセンテージは高いかも知れない。

いくら日本人の生活様式が西洋化したとはいえ
頭で動くタイプ、理屈っぽい奴、古臭い奴、頑固な奴
(かなり自分でも当てはまる)
つまり「こうすべきだ」が有ると「日本的」な部分は残る。
というより「文化」とは「これはこうすべきだ」の集積だろう。

現実対応力に優る女性にとっては
生活様式の西洋化は「こころ」の西洋化も招来してるかも知れない。

でもって最近は男も女性化している。
流行やファッションにも敏感だ。
化粧してる奴もいる。後ろから殴りたくなるけど(笑)。
社会が女性化、といか女性標準に合わしている。
消費社会の必然だし、「女が動けば男は動く」のだから。
また「父性の喪失」と言われて久しいが
「オヤジの背中」が見えず、あるいは投影されずに育てば
子供は母親に保護されながら母親が上位自我でもあって
守られながら規律されるという矛盾状態の中で成長する。
こうなると行為規範が女性的になるのも当然。
自分の利害に敏感であり、理屈で動く部分が減っていく。

まぁ脳味噌がハードなら
生活や人生経験で作られた「人格」はソフトウェア。
ある程度はハードウェアに規律されても自由度は高い。
ある程度なら「どうにでもなる」。
でもって
「そういうもんだ」は科学でも
「どうあるべきか」は思想である。

「人間も動物だ」
を原点として
「あまり動物であることを裏切るべきでない」
との思想を持っているので
個人的には「性差は維持・尊重されるべき」派だから、
男の女性化を嘆くのだけど。
消費社会には不都合だから時代遅れの思想だろうね。

まぁ誰が何と言おうと、俺は「男らしさ」「女らしさ」に拘り続けます。

考え方が古臭いワリには脳味噌はそうでもないらしい。

男脳女脳診断」ってのを見つけた。

それによると・・・
---------------------------------------------
あなたのポイントは -10ポイントです。 (男脳度数:55%/女脳度数:45%)
ポイントは、-100〜100ポイントで計算され、マイナスが大きいほど、男性脳で、それに対し、プラスが大きいほど、女性脳となります。

オーバーラップ あなたは、極端な考え方をせず中性的な考え方を持っており、融通が利くため、問題解決の時とても役に立ちます。冷静で論理的に物事を考える男性的な部分と、感情豊かにコミニュケーションをとれる女性的な部分を、両方持っており、また、考え方が理解できるため、異性、同姓を問わず、たくさんの友達ができます。ただし、恋愛に関してはポリシーをもって友達で終わらないように注意しましょう。

※結果は如何でしたか?もし気を悪くさせてしまったらゴメンなさい。この診断は俗に言う『男らしい』とか『女らしい』というのを調べるものとはチョット違います。だから、女性の人が女性脳だったから、あたしったら女らしいんだわ♪という訳でもないんですね。どちらかって言うとどちらよりの能力を持ち合わせているかという事だとおもってください。 なので、性別が反対にされてしまったとしても全然気にすることはありません。これだけで人間が判定できてしまったら怖いですもんね(^o^)あくまで参考までに....。
---------------------------------------------
だそうである。

大半「いいこと」言われてるけど、結論がなぁ。。。
たしかに!
そう「いいひと」か「変な人」かどっちかである(笑)。
女らしさ・男らしさ―ジェンダーを考える
性差と文化
男が文化で、女は自然か―性差の文化人類学
男脳と女脳 こんなに違う―感情・思考・行動…性差の謎を解く脳科学
ジェンダーの神話―「性差の科学」の偏見とトリック
男と女のすれ違いはすべての言葉で起こっている―なぜ男と女は理解し合えないのか
どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方―男と女の会話スタイル9TO5


ruminn_master at 2005年11月16日 12:46 【考】男脳と女脳コメント(0)トラックバック(1)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年11月06日

【書】ケータイを持ったサル=考えないヒト 4

「今の若いモンは」とか
「どこもかしこもケータイばっかり」とか
考えてるオヤジ諸兄には是非とも勧めたい本である。

かといって問題は「今の若者」だけではない。

もっと根が深いし、枝葉も広がって、現代日本人全体の問題である。

2冊が続き物と言える。
ケータイを持ったサル〜「人間らしさ」の崩壊〜
考えないヒト〜ケータイ依存で退化した日本人〜


著者は京大霊長類研究所の比較行動学の教授である。
その人が若者を見た時の違和感を
「サル」として見た視点から分析した本で、視点は秀逸だし
分析も鮮やかだ。
ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊

考えないヒト - ケータイ依存で退化した日本人


学者の本らしくデータが多いので
そこは斜め読みするのがコツだが
かなり面白い。

内容については別の記事で触れたのでそちらへリンク

意味ある連帯感を持てなくなった現代人
それは
マスコミの発達によって
情報の受け手であることに慣らされてしまったこと、
消費社会の発展によって
物の消費者であるだけで生きていけること、
つまり時間の切り売りでお金を持てば
それなりの「幸せ」を感じて生きていける。
 これは人間の家畜化だ、と感じていた。
こんな「幸せ」は虚構だ!
って叫んだ映画がマトリックスだと思うし
ここまでの分析は既に様々な音楽や文学、映画で扱われている。
この本はその上に
「ケータイ文化」=意味を持たない繋がりによる連帯
という更なる退化を分析して見せている。

サルが森で他のサルに出会ったときに
「同一集団に属しているかどうか」を確認するために
「きゃっきゃっ」とか鳴き合う。これをチャック・コールと呼ぶ。
それ自体が意味を持って何かを伝えているのではなく
トーンなどによって「同一集団の者には判る」サインだ。
 この本は大して意味のないケータイ・メールのヤリトリ
あるいはケータイで繋がる無内容な会話をこのチャック・コールと捉えている。

サルでも誉めすぎで羊の群れぐらいじゃないか、ってのが
昨今の大学生を相手にしている者の正直な感想だが
ヒトの能力の退化は如何にして起きるか、それを示していることはたしか。

そういえばこの著者は赤ん坊の教育について多くの本を出している。
「どうやったら人間らしく成長するか」は
「どうするとサルに戻るか」と表裏だろうから当然か。

人間をサルとして分析した古典的名著
デスモンド・モリスの「裸のサル」


裸のサル―動物学的人間像


裸のサル―ヴィジュアル版


たしか中学だか高校だかの時代に読んだが
例の「話を聞かない男、地図を読めない女」なんかでもそうだけど
行動学で見る場合に
西欧人と日本人の違いはかなり大きいように感じて
読んでてもシックリ来ない。

その点、この本は日本人に焦点を当てているだけ鋭く感じる。

そもそもi-modeに始まったケータイ・メールのおかげで
諸外国では考えられないほどに無内容のメールが飛び交ってるそうだ。
たしかに今の大学生相手に少し内容のあるメールを送ったりすると
途端に反応が鈍い。下らないメールの方がクイツキがよい。

日本人はおそらくまた独自の方向性を持ってしまったのではないか。

そのキーワードを「ケータイ」に置いて解き明かしている本だ。

ただこの人のクセのようだけど
最終章に入るといきなり専門用語などが飛び交う。
おそらく原稿の制限枚数に納まらない程の主張があって
結論まで行き着くにあたり
「わかりやすく」書いている余裕が無くなったんじゃないだろうか。

そういう部分を割り引いてもオススメであることは揺るがない。

この人は多作なので他の本も読みたくなっているところだ。
父親力―母子密着型子育てからの脱出
人間性の進化史―サル学で見るヒトの未来
二人目の母親になっている日本の男たち
いじめを許す心理

---------------------------------------------

Story
コンピュータプログラマーとしてニューヨークの企業で働くネオ。凄腕ハッカーという別の顔を持つ彼は、最近”起きてもまだ夢を見ているような感覚”に悩まされていた。そんなある日、自宅のコンピュータ画面に、不思...(詳細こちら

Story
キアヌ・リーブス主演で世界的大ヒットを記録した近未来VFXアクション超大作の続編。遂にコンピュータに発見されてしまったザイオン。ネオたちはザイオンの危機を救うため、再びマトリックスの世界へと侵入を開始す...(詳細こちら

Story
驚異のVFXを駆使し、世界中で大ヒット記録を打ち立てた「マトリックス」シリーズの最終章。ならず者のプログラムと化し、制御不能となったスミスが暴れ回る中、オラクルは、ネオに最後の導きの言葉を告げる。...(詳細こちら
監督:前田真宏

Story
『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟が世界に名だたるクリエイターたちと作り上げた「マトリックス」シリーズ3部作と交差するアニメ−ション。「The Second Renaissance Part1/2」「World Record」「Kid's Stor...(詳細こちら

Story
”THE MATRIX 2”メイキング満載!キャスト(キアヌ・リーブス、ローレンス・フィシュバーン、キャリー=アン・モス、ヒューゴ・ウィービング)、スタッフ(脚本・監督/ウォシャウスキー兄弟、プロデュ...(詳細こちら

---------------------------------------------


マトリックスの哲学


『マトリックス』完全分析


エクスプローリング・ザ・マトリックス


ruminn_master at 2005年11月06日 23:08 【書】ケータイを持ったサル=考えないヒトコメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年10月31日

【感】はろうぃぃん? 2

クリスマスぐらいは付き合おう!
日本だってもうすぐ正月だし、
多神教の国。
日本の八百万の神様が8000001人になっても問題はない。
しかし
である。
復活祭(イースター)なんて細かいイベントまでキリスト教に付き合わなくても良い。だからしてイースターの方はあんまりイベントが起きないけど、ハロウィンの方は最近街のアチコチで飾り付けを見るようになった。

まぁ東京って街は
街全体がサカリが付いた状態で前戯に浮かれてるような街だから
何かというとデートスポットだのデートイベントだの、だし
不二家のハートチョコレートみたいに要は「売らんかな」イベントで有る。

でもなんか浮かれてる街に違和感有るんだよなぁ。

収穫祭って・・・日本人なら三宝の上に白玉団子でも載せて酒を飲め!
って感じだけど(笑)、カボチャは遠い気がする。

カボチャってのは冬至の日に食べて「風邪ひかないように」って奴だ。

ハロウィンで思い出すのはサイバラの漫画。
サイバラも僕同様の意見だが子供におもねって近所を回る。
「Trick or treat!」(お菓子くれなきゃイタズラするぞ)
って近所のガンコジジィのところに行ったら
不機嫌そうに出てきて
「これは何の騒ぎですか!?」
このときのサイバラの心の声が抜群で思い出されるのだ。
「ジジィ!いっとくけどこれは『ピンポンダッシュ』じゃないからね」

サイバラの毒はいいセンスである。
毎日かあさん カニ母編
毎日かあさん2 お入学編


ruminn_master at 2005年10月31日 21:54 【感】はろうぃぃん?コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年10月27日

【書】虚飾の愛知万博 3

前に万博の最終日に愛知万博の問題点について自分なりに思ってることを書いた

そのときは漠然と耳目にした範囲でしか知らないデータを元に自分なりにニュースを見たその時点で書いた訳で気持ちは正直だがデータの裏付けは薄い。

そのときこんなことを書いている。
==========================
今回の万博は言ってることとやってることの矛盾がかなり根深く
まるでクラインの壺みたいなイベントだった気がする。
==========================
環境破壊して環境保護をテーマにする不思議な違和感が漠然と引っ掛かっていた訳だ。

数日前、古本屋で見つけて購入。今日、電車の中で読了した。
虚飾の愛知万博


このブログで
旅行やらの記事の後ろに様々な書籍のリンクが並べてあるのは
既に読んだ資料という訳でも無ければ
宣伝して商売してるつもりもない。
(アフィリエイトでポイント還元される仕組みだけど)
そもそもオススメしてるものでもない。

その時点で自分がそれなりの絞りで検索して
興味を引いた書物、
「見つけたら読んでみようかな」
(買うかどうかは立ち読みするとか評判聞いてから決める)
その覚え書きである。
 だからもし読んだ人がいればコメントくれないかな、は有るけど
主として自分のためだ。

よく本屋で
「面白そうだな」
「今お金無いから」
「今度見つけた時に買おう」と思っていても
その場でメモを取る訳でもないから
しばらく経って
「なんだったっけなぁ、アレ。こないだの・・・」
で煩悶する経験をする。
 アレを避けたいがために多少記事が長くなっても
書籍リンクはこまめに入れるようにしている。

まぁそれで意識に残っていたので古本屋で見つけたとき嬉しくなった。
1000円の本が105円だったからでもある(笑)。
でもこれは「出会い」モン。

光文社ペーパーバックス
日本語表記の未来形を目指しているらしい四重表記。
これは異様で、文章のアチコチに英語を挟んである。
 大学受験の頃にこの手の英語参考書を見た記憶はあるが
どうにも読みにくい。
 それなりの量の読書をする人は僕に限らず読むのが早いはずで
そういう人は
速読術みたいにページ丸ごととか1行全部とまではいかなくても
単語単位でなくそれなりのまとまりごとに読み取っているハズだ。
なのにこの本は単語の英語訳がコンスタントに挟まっている。
かといって全部でもない、
つまり
英語の部分だけ繋げて読んで英語として意味が通じる訳でもないので
何だか気障な奴の演説を聴いてるみたい。
ルー大柴に説教されてるといえば分かりやすいと思うが
そんな感触である。
絶対に気持ちのよい奴は居ないと思う。
 しかも再生紙を使ってカバー類のない洋書のペーパーバック表装。
安いのならまだ判るが1000円取る気だ。。。
 定価だったら買わないだろう。
この装丁なら新刊で定価500円で売るべきだ。
今回は古本で100円だから買った。

さて・・・
---------------------------------------------
政官財の癒着構造や土建依存の体質などは上手く説明されていたし
環境保護団体と愛知県の戦いについて具体的な裏付けが見えた。

ただ
開幕前の2005年2月に出版されてる本なのだが
「どうせ愛知万博は(人気が出なくて)失敗するだろう」
「そうなると負の遺産ばかり残るゾ」
という危惧で締めくくられている本書の予想は
入場人員に関する限り大幅に予想外れで
甘いとされた入場者数1500万人見込みを大幅に上回る
2204万9544人が最終発表だ。

かといって本書の価値は変わらないところにむしろ問題がある。

つまり
イベントとしての成功は誰に利益をもたらしたか
それを考える手掛かりとして、
この本に挙がっている程度の予備知識無くしては
正確で正当な思考は不可能に思われる。

しかし愛知万博は終わり、
そこに問題は未解決のまま残り、しかも既に大衆の耳目には届かなくなる。
(マスコミで大きく扱うことも少なくなるだろう)
衆人環視の状況にあった開催前に解決すべき問題が解決されなかったことのツケ。

これを愛知県民、国民、人類、地球、まぁいずれの規模かで負わされることになるという、そういうハナシだ。

これからも無くなることは無いであろう政官財の動く巨大土建イベントの胡散臭さを見誤らないためにも、この手の本は必読に思える。

まぁ大衆に有意義な情報というのなら380円ぐらいで売るべきだとは思うけどね。

ruminn_master at 2005年10月27日 17:45 【書】虚飾の愛知万博コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年10月21日

【書】武家の作法から日本人として 3

子供の頃、何かの用事で一人でタクシーに乗るときってドキドキしたものだ。

で、
「立派な大人」とタクシーに乗ったときに
チップを「さりげなく」渡すのを見て
カッコイイって思ったものだった。

最近世の中から「立派な大人」って減ったと思う。

もちろん
金をバラまけるのが「立派」でもなきゃ「セレブ」でも無いが
有る意味「エエカッコシイ」って蔑視されそうなことを
「さりげなく」できる、そう見えるのが大事な訳で
これはかなり難しい。

20歳そこそこで、
とある銀行の支店長と飲み歩いてた頃があって
もちろんその人がオゴってくれるんだけど
その人が宗右衛門町の「大和屋」だったか
飲食店でチップを仲居さんに渡すのを見てて
感心したものである。
簡単に紙に包んで「さりげなく」渡していた。

う〜ん「立派な大人」だなぁ、とか思った。

その後、日本武術をやるようになって
日本の武家の作法のアレコレが気になるようになった。
紙で包む作法は武家のモノ、布帛で包むのが公家。

折形レッスン―美しい日本の包み方

「折形」・・・オリガタ。オシキということもある。
包むとか結ぶとかはやっぱり大事な日本文化である。

今回、アマゾンから脳梗塞本を買う時に
送料無料の金額にすべくいくつか本を選ぶのに
一冊選んだ。
折形レッスン―美しい日本の包み方


前にこの手の本を一冊持っていてそれは
日本の折形(おりがた)―贈る心を形にかえて


今回の本の方が基礎的というか日常的。
今実際に使える感覚を大事に判りやすくまとめてあって読みやすかった。

折形自体は基本的な決まり事と感覚を押さえれば結局は臨機応変だと思う。
でも前にお茶のハナシでも書いたけど
作法って不思議に気持ちが落ち着く部分がある。

「折り目正しい」なんて、そういう感覚かもな、なんて思えた。

ruminn_master at 2005年10月21日 23:44 【書】武家の作法から日本人としてコメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年10月20日

【書】脳梗塞について気になって 3

先週の土曜日にテレビでやってて気になったので
アマゾンで注文。月曜に受け取って読了。

「栗本慎一郎の脳梗塞になったらあなたはどうする―予防・闘病・完全復活のガイド」

栗本慎一郎は
カッパブックスの「パンサル」や「都市は発狂する」の頃から
好きな現代思想家だったけど政治家になってから著書も読まなくなってた。

脳梗塞になって独自のリハビリ機器を発明してそこそこ回復したとかは知っていた。
でもってテレビで久々に見た感じで、俄然興味を惹かれて脳梗塞関係の著書を読みたくなった。

栗本慎一郎の脳梗塞になったらあなたはどうする―予防・闘病・完全復活のガイド


医者じゃ立場上言えないことをハッキリ書いてて秀逸。
しかもこの人の文章の特徴であるが判りやすい。
(ただし核心部分が少し思わせぶりなところが相変わらずだ)

 自分自身は世間的には「脳梗塞」とかになる年でも無いが、若年性とかも有るし、中途半端に既に若くないので自分的にも気になった。
 でもって冷静に考えて家族どころか周囲の人に脳梗塞の兆候が出て、それに気付いて誰かを助けることが出来るかも知れない。

 少なくともこの本を読む前の認識では周囲で誰かに脳梗塞が起きても、おそらく気付かなかったように思うし、「そろそろボケてきたな」とかで放置してしまうかも知れない。でもって死んじゃうとか半身不随とかになって後悔したかも知れない。

 いや、きっとそうなったと思う。

 例えば人工呼吸。心臓マッサージ。
実際に出来るかどうかは怪しくても
おそらく大人なら誰でも
「知識として」は「どうすればいいか」は知っているし
それで病人を悪化させることもないと思う。

 でも脳梗塞については、そのレベルの認識すら誰も持ってない。
「年寄りが倒れたら動かすな!」
なんていう知識が厳密には通用しないことすら判ってない。

 みんな読むべきだ。そんな本だと思う。

より専門的な参考文献として上がってた本。
これも次に読むつもりだ。
自分で見つけて治す隠れ脳梗塞―ボケの隠れた前兆・微小脳梗塞を予防し改善する1日5分の簡単体操


ruminn_master at 2005年10月20日 23:36 【書】脳梗塞について気になってコメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年10月12日

【書】スケジュール帳としての「超」手帳 3

大きなスケジュール管理は自宅でOutlookを使っている。
でも
どうもこの使い勝手は自分の生活スタイルに合わない。
根本的に
欧米人向けの仕様を無理矢理日本市場に持ち込んでる感もあるけど
デジタル独特の「硬さ」が気に入らない。

融通の利くのはやはりアナログ。


「超」時間管理法2006



そんな風に考えていたところで出会ったので
「使ってみるか」と購入した。

もともとAサイズは嫌いである。
別段右翼じゃないけれど
「何で西洋規格に合わさなきゃならん」
とか思っていた。
日本人向けに作ったのがB規格。

Outlookのスケジュール出力も無理矢理にB5にしていた。

でもやっぱり面倒だ。
面倒だということは縦横無尽に使いこなすには障害となる。

ここは頭を切り換えてみるか、となった。

今どう使うか思案中である。。。これはこれで楽しいんだけどね(笑)。

ruminn_master at 2005年10月12日 18:30 【書】スケジュール帳としての「超」手帳コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年08月29日

【書】ライブドア・ブログの解説本 3

帰りの夜行ムーンライトで眠れなかったらどうしよう。
持参していた本は読みきっていたので、そう思って新潟の駅ビルの本屋へ。

ブログを始めたばかりでよく判らないのもあって
その手の本から何か読もうかと思っていた。

本屋でアレコレ手に取ったけどどれもイマイチ違う。

けっきょくメインがライブドアのブログだから
まずはそれを使いこなすのが理解の早道だし
その解説書が一番良いかと思って
特に小遣い稼ぎをしようと言う意識は無いのだけれど
最終的にホリエモンの本を選んだ。



ライブドアブログで稼ぐ!儲ける!―堀江流勝てるアフィリエイト完全攻略


そもそも金儲けしようと言う人は合理的に動くはずなので
非常に判りやすい内容だし、結局のところ著作権を気にせずに
書籍の表紙写真が堂々と使える訳だし、アフィリエイトも何かと便利だと思った。

ともかく時代がそう動いてる以上は馴染んでおくに越したことはないと思う。

ruminn_master at 2005年08月29日 19:00 【書】ライブドア・ブログの解説本コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

【書】社会の裏窓〜そんなカラクリがあったのか! 3

(秘情報取材班編/青春出版社)文庫版552円+Tax
---------------------------------------------
 酒田からの帰りは青春18キップ各駅停車の旅である。
新潟23:35発のムーンライトえちごに接続するため酒田から新潟へ向かう。

 夜の7時半ぐらいの列車が10〜20分の乗り換えで
ちょうど「えちご」に接続していた。
 そのコースだと夜まで酒田で時間を潰さなければならない。
安い温泉も有った。だが朝飯をたっぷり食べて眠い。乗り過ごす危険が高い。
 だもんで昼の村上行きディーゼルで向かった。

 その折に暇つぶしに酒田駅のキオスクで買った本である。

 もともとキオスクに有る本など限られている。
その中で比較的興味を引いて、なおかつ眠い頭で読める本として買った。

 たしかに手頃で正解。
 まぁ雑学が増えたってだけである。



社会の裏窓―そんなカラクリがあったのか!


ruminn_master at 2005年08月29日 13:04 【書】社会の裏窓〜そんなカラクリがあったのか!コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile