道中道楽

生きてること自体「道中」。 積極的に、前向きに、「道中を楽しむ」 そんな奴だからこそ、楽しいこともやってくるんじゃないかと思っています。 いやもっと言えば、その『道中』こそが面白い。 だから 「食い道楽」「飲み道楽」「旅道楽」、 そんなもの全て含んで越えて『道中道楽』。 長文駄文ですがお付き合い下さいませ。よろしく。

食べ歩き(牛久・茨城)

【食】イチゴ食べ放題のうさみ園(茨城県鉾田市)3

本日のバスツアー最後のイベントはいちご狩りというかイチゴ食べ放題

JAかしまなだ いちご狩りグループ うさみ園

いちご狩り01

うさみ園

いちご狩り02

2月3月のツアーにはよく入るイベントなので今まで何度かアチコチで行ったけど、「食べ放題」って言われても、そうは食えるもんじゃないね(笑)。

今回は「とちおとめ」だっけな。

いちご狩り03

赤くなってるのが熟してるのは間違いないんだけど、大きいのよりは小さくて(でも赤い)方が甘いって教わった。

いちご狩り04

たしかにそんな感じだけど、大きいのは大きいので瑞々しくて、それはそれでイイ感じかも。

いちご狩り05

まぁデザートにしては食い過ぎました(笑)。

【食】常陸牛レストラン イイジマ(茨城県水戸市)5

今回のバスツアーの目玉、昼食は常陸牛の握り寿司と常陸牛のサーロインステーキ150g

レストラン イイジマ

常陸牛ステーキ01

レストラン イイジマ 茨城の美味しいお肉を使った水戸の本格的レストラン
常陸牛ステーキ02
常陸牛ステーキ03

1万3千円ほどのバスツアー料金に含まれてしまってる特別メニューなので具体的に何が幾らというのは不明だけど、HPのメニューによると

常陸牛サーロインセット(150g) ¥6,500-(税込)にプラスして
常陸牛すし 5貫 <季節限定>  ¥1,500-(税込)を3貫盛りにしてセットしたものみたい。

・サラダ

常陸牛ステーキ04

フレッシュのコーンを使ってるし、なかなか気合入ってる店ですな。

忙しいランチタイムに入った団体客なのに接客も丁寧でした。

・常陸牛すし

常陸牛ステーキ05
常陸牛ステーキ06

それなりに旨いけど、軽く表面を炙るとかした方が肉の風味が生きるように思います。

生肉って味の膨らみが大きくないので何とか多角形にしようと香辛料を使ってタルタルだのユッケだのとする訳ですが、上質の和牛は控えめながらも主張がシッカリ一本気なだけに、その「風味を殺さずに」となるとなかなか難しいんでしょうね。

・スープ

常陸牛ステーキ07

これもなかなか上品で旨い。

・常陸牛サーロインステーキ(150g)

真打ち登場。

常陸牛ステーキ08
常陸牛ステーキ09
常陸牛ステーキ10

コレは文句なしに旨かったです。100gじゃなくて150gってのもイイね。

コレにライスと珈琲が付いてたから、かなり満足のいく昼食でした。

それにしても「常陸牛」の看板を他に見掛けない気がしたけど、生産量少ないのかな?
 それともフグやマグロなんかと同様に、みんな東京にイイヤツは流れちゃって地元であんまり消費しないとかかもね。

でも遠出して産地で食うと美味いし安いから(「それだけ」のために出掛けると交通費が高いけどね。だからこそのバスツアーな訳です)、アリガタイこってす。
Archives
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor Profile
道楽者の自己紹介
るみん
大阪出身。納豆とネギが嫌い。
キュウリもダメ。肉食の大食。
お酒は日本酒を中心に幅広く。
音楽は上々颱風を中心に幅広く。
趣味は旅行と料理。
特技は武芸十八般。
大阪、東京、千葉、茨城を経て、現在はまた東京在住。いい歳。
メッセージ
 ここ4年間ほどブログを休んでいました
m(_ _)mが、本日復活です♪

 通算すると、開設して10年が過ぎました。ここは「酒と食べ物」を柱として、自分の体験と思考を並べてあるサイト「道中道楽」メインBlogです。古い料理屋の家に生まれ育ち、日本中を旅してきていますので、作る側の気持ちと客側の気持ちの両方が判るつもりですし、日本各地の特色などを考え、できるだけ「良いところを探す」ことを心掛けています。

 「酒と食べ物」以外では、芸能や芸術のレポや旅行記、商品モニターなど様々。いずれも人の営み、貴賤高低は無いと考えている男の雑文に過ぎませんが、その中の何かが誰かに少しでも意味があるとしたら幸いに思います。

   2015年8月29日


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
食べログ

食べログ グルメブログランキング
Amazonバーゲン品
  • ライブドアブログ